*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.18 (Thu)

マッチポンプ売りの少女

マッチポンプって何かわかりますか?
この言葉はマッチとポンプをくっつけた造語だそうです。
マッチは火をつけるために使うものでポンプは水を汲むもの。
それをくっつけたマッチポンプは自分で火をつけて自分で消すという行為をさしています。
他の言葉で言えば自作自演。
今回紹介するのは現実に起きているマッチポンプの物語です。


マッチポンプ売りの少女




最近本の紹介はあまりしなかったんですがいい本には沢山出会いました。
だけど、今回紹介するのはいい本とはちょっと毛色が違います…。
一読するとなんともふざけた本で書き方もなんとなく悪意に満ちているというか。
だけどこれが実際に起きていることだと思うと先を読まずには入られない、そんな本でした。

この本で取り上げられてるマッチポンプは9つ+αです。
内容はグーグル、某小説の大賞作品、流行、日本ユニセフなどなど多岐にわたります。
ただし、上記のような直接的な表現はしていなくてグーグルは「ゴーグル」とか、日本ユニセフは「日本uniques」とか微妙に表現は変えてあるんですけどね。
だけど、それとしか捉えられない表現や注釈が沢山でてくるのもこの本のふざけているところでしょうか。

けっこう知ってる話も多かったのですが1つ知らなかったことで衝撃的なことが。
税理士の話なんですが、どうやら税理士には2つのパターンがあるそうです。
1つは試験に合格して税理士になる人、私が知ってるのはこのパターンです。
もう1つ税理士になる方法があって、それは税務署(本ではゼイムショーとなってますが…)に23年勤めると無試験で試験がもらえるそう。
これはネットでも確認したので事実みたいです。
この2つのパターンのうち税務署上がりの方は例えば総務などの税理士の知識が必要でない部署からでも資格がもらえるそうで知識がほとんどないまま税理士をやる場合もあるとか。
そして、最大の違いは資格上がりが担当する企業と税務署上がりが担当する企業への税務調査の数とのこと。
税務署にもノルマがあるそうで、下手に知識バッチリで付け入るスキがないような生意気な税理士が担当する企業先へ集中的に税務調査をかけたりすることもあるとのこと。
ただし税理士は絶対税務署の逆らうことはできないそうです。
なぜなら税務署と争うと資格を剥奪する規定まであるそうです。

これが事実なのかネットで探しましたがあるようなないような…。
ちょっとわからないけれど基本条件「税務署上がり」や「ノルマ」の存在はどうもあるようなのでこのような仕打ちがあることも想像できますね。
まだはっきりした情報がないのでなんともいえませんが記憶にとどめておきたいことです。


こんな感じで日本は(世界は?)マッチポンプで溢れています。
本の帯にはマッチポンプの例として

政治家の発言、医局の教授選挙、テレビの評論家のコメントなど。ひと言で言えば、この世の中。

とあります。

世の中=マッチポンプというのは悲観的な見方ですがそういう一面があるのは事実でしょう。
その事実を上手に活かすのがマッチポンプに対する一番の戦い方だと思います。
まだまだ知らないマッチポンプが溢れているのか…そういう意識をもって世の中を眺める必要があるでしょう。
その手始めとして是非この本を読んでみてください。
スポンサーサイト
21:42  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.06 (Sat)

孫正義x堀義人 トコトン議論

昨日原発に関して「孫正義x堀義人 トコトン議論」が行われました。


孫正義x堀義人 トコトン議論


脱原発派としてソフトバンクの孫氏、原発推進派として堀氏の両氏がオープンな場で原発の是非を話し合う企画です。
こういうガチンコバトルはテレビでは実現できない現代ならではの企画ではないでしょうか。
私は震災以降の脱原発・自然エネルギー促進をtwitterで連呼し続ける孫氏に疑問を持ち続けていたので孫氏の意見を聞けるよい機会となりました。


内容は両者がプレゼンを20分行い、それに対して10分間コメントを述べて後はフリーディスカッションという形式です。
時間も決まっていないためまさに「トコトン」という名に相応しいのではないでしょうか。
ただし、たしかにトコトンやっていましたが「議論」と呼べるようなものではなかったように感じます。
堀氏の意見に対して孫氏の意見は終始論点をずらして「僕はこう思う」の一点張りで話し合いの体をなしていませんでした。
途中からまるで司会とコメンテーターのようで議論には程遠いものです。


こうなった原因は一番重要であるはずの「ほんとに原発って危険なの?放射線って危険なの?」ということに踏み込んだ議論ができないためです。
ここが議論できない理由として孫氏は「放射線の危険性に対しては色々な意見がある。一部の学者が危険でないといってもそれを鵜呑みにはできない」というような趣旨を述べます。
それに対して堀氏は「では携帯の電磁波も危険性が指摘されていますが基地局の危険性についてはどうか?」と質問したところ「今のところ危険だという話は聞いてないから問題ない」と答えます。
ここがダブルスタンダードになっているのにこの論調を強引に推し進めるため結局安全性については議論できなくなっていました。
危険かどうか2つの意見があるものに対して一方は危険と判断してもう一方は安全であると判断する、ここに矛盾が存在するため私にはそれ以上の話し合いは無意味に思えてきました。


この話がでたときにtwitterでは堀氏が論点をずらしたという指摘がありましたがむしろ逆でここが重要です。
平気でダブルスタンダードが通る「安心」というもので今後のエネルギー政策は決められないということが本来の話であったはずです。
また、爆発に関する危険性もすでに研究がされていますが知らない話が出ると結局スルーされるので意味がありません。
「僕はこう思う」の話法に始終振り回される意味の無い話し合いと感じました。


しかし、このイベントが意味が無いとはまったく思ってません。
むしろこの企画が始まる前に恐らく両者は様々な対策を立てた結果、新しい結論に辿り着いたように思います。
脱原発をあれだけ連呼していた孫氏が「ミニマム原発」という至極真っ当な意見を述べたり、天然ガスに注目したりとtwitterのような異常さは感じませんでした。
むしろあれだけ言ってた自然エネルギーとやらはどこへいったのだろう…。
堀氏としてはこれだけで成功だったのではないでしょうか。


ここまでの論調だと孫氏を悪く言ってるように聞こえますがダブルスタンダード以外はそう悪くも思っていません。
仮にも大企業の取締役があんなオープンな場に出て議論をするなんて普通は考えられないことでしょう。
さすが日本のITに大きな影響を与えた偉大な企業家らしい行動力です。
その行動力を自然エネルギーではなくもっと現実的なエネルギー政策に反映させてほしい、ということだけが問題ということです。
そもそも自然エネルギーを価格も含めて信用しているなら自ら企業して行えばいいわけで原発の是非ではなくエネルギー自由化を議論すべきでしたね。
ただ、これは政治に関する問題になるのでそんなデリケートなことを公の場でやる馬鹿ではないということでしょう。
そこはさすが大企業ということでしょうか。



止まったままの原発は今後どうなるのでしょうか。
節電は私の仕事にも大きな影響を与えており放っておける問題ではありません。
一刻も早い電力供給の増加を願います。
22:04  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。