*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.26 (Tue)

原発の実害

今回は原発についてのエントリーです。
原発に関してはヒステリックな情報も多いのでもう関わるのはやめようと思っていました。
しかし、なんと身の回りにまさにその被害を受けた方がいたのでこんなこともあるということを紹介したいと思います。


私の職場で最近辞める方がいます。
うちは入れ替わりが激しい方だと思うので辞めること事態はそんなに珍しくないのですが今日理由を聞いてビックリしました。
なんとその方の奥さんのお父さんからの命令らしいのです。
なんでもつくば(職場がつくばです)にいると放射能が危ないからとにかく避難しろと今年の3月から言い続けてたそうな。
なのでそのうち転職しますとお茶を濁していたのですが放射能レベルについて書いた手紙を送ってきたりしつこく電話したりと激しい攻撃が続き、ついには根負けして転職することになったそうです。
ほんとうに冗談みたいな話ですが現実として起きたことです。
どうやらかの有名なチェルノブイリのときに相当激しく運動をした方だそうで、今回もかなりヒステリックに対応している様子。
つくばの放射能レベルなんてまったく問題にならないのにその方にはそこに住むのは異常なことと感じるようです。
さらに信じられないのが転職先が海に近いので今度は「津波が来るぞ」と騒いでいるとか。


今回の原発問題だけでなく少し前に起きた食中毒の事件もそうですが「安心」と「安全」をごちゃまぜにしすぎですね。
恐らくそのお父さんにとっては放射能レベルがどれだけさがっても安心することはないのでしょう。
基準値を完全に下回るつくばですら騒いでいるわけですから「安全」を問題にしているのではないのは確かです。
そのお父さんの「安心」を守るために周囲のささやかな日々を奪っていることに気付くことはできないのでしょうか。
うちの職場としてのその方に辞められるのは相当痛手なのですが…こればかりはどうしようもありません。
まさか脱原発者の被害をこんな形で被るとは思いもしませんでした。


こういった話は周囲でまったく聞いたことがないので私にとってはネット上だけの出来事でした。
blogやtwitterなどでどうしようもないやりとりが続いているな、と傍観しているだけでした。
それが一気に現実味を帯びて日常にやってくるとこんなにくだらないことはないなと思ってしまいます。
原発の問題は危険とか危険じゃないとかではなく「日本のエネルギー源をどう選択していくか」という全体論で語らなければ意味がありません。
原発だけを取り上げて「危険・危険ではない」という発想では成り立たないのです。
なぜなら日常生活で接する多くのものはメリット・デメリットどちらも享受しながら利用しているものがほとんどだからです。
その全てに目を向けず自分が気になる対象にだけ目を向けるのはしょうがないことなのでしょうか。
少なくとも今回のケースでは「しょうがない」と言う気にはなれませんでした。
自分を安心させるためなら自分だけで行動することをお願いしたいと思います。
スポンサーサイト
22:03  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.14 (Thu)

アウトソーシングのジレンマ

実感があるかどうかは別にして一昨年と比べると確実に景気はよくなってきたと思います。
景気がよくなるとアウトソーシング業界はどうなるか…一言で言うと人材不足です。
今回はその話を取り上げます。


アウトソーシング業界は景気・不景気の煽りを真っ先に受けて最後まで引きずる業界だといえます。
まず記憶に新しい2008年のリーマンショック。
この大不況下で派遣社員はバサバサと切られていきました。
これは特定派遣社員も例外ではありません。
とくに大型の不況だったためとにかく派遣を切ることで対応した会社は少なくありませんでした。
一般派遣より業務が専門的であったとしてもとにかく目先の問題に対応するため必要と思われるような人材を含めて切られたという記憶があります。


景気が回復すると最後に対応するのが派遣の以来です。
なので世の中の景気が回復する少し後に送れて仕事が増えていきます。
この流れは2008年から2011年にかけて見事なカーブを描いていたように思います。
仕事が無かったのが嘘のように派遣業界では一気に一手不足で中途採用に力を入れだしました。
しかし、景気がいいときには一般メーカー等も採用をが増えるためなかなか人材がアウトソーシング業界に集まりません。
私のように好んでこの業界に来る人は少数派でありやはりみな行けるならメーカー等の一般企業をを目指すのです。
事実、今は派遣先はあるのに派遣させる社員がいないことを嘆いています。
アウトソーシング業界としても景気は確実に回復しているのに一定以上には増えないジレンマを抱えているともいえます。


正直に言うとこのジレンマを解決する手段は今のところないと思っています。
ですからこの業界にイノベーションを起こすにはこのジレンマを超えるシステムを生み出す必要がありそうです。
現状では分野にもよりますがバイオ系のアウトソーシング業の場合、なかでも研究・開発を担うような人材の場合はあくまで次のステップに利用する以外に活用方法がないとも言えます。
この業界に挑戦する方はこの事実を割り切ってから飛び込む必要がありそうです。
21:54  |  特定派遣  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。