*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.26 (Sun)

かものはし総会2011

昨年、一昨年に続き今年もかものはし総会に参加してきました!


かものはし総会とは…
児童買春問題の解決のために創立されたNPO法人かものはしプロジェクトの年に1度の報告会のこと。株式会社で言うところの株主総会にあたります。かものはしプロジェクトでは会員・サポーターが株主のような存在であり寄付により資金を運用するためその成果を報告しています。
(ちなみに私がかものはしのサポーターをしている理由を手短に書くとカンボジアにいって大きな衝撃を受けてその衝撃を1度きりのものにしたくなかったからです。細かく書くとそれだけで1つの話題になるので省略します。)


今年の総会の感想を一言で言うならば…大満足!!!
実は昨年の総会は満足のいかない、というより本当にこのままサポーターを続けて大丈夫だろうかと思えるようなものでした。
かものはしプロジェクトはまだ歴史が浅いので(今年で9年目)試行錯誤を続けているためしょうがありませんが、根本的なところで軸がぶれているように感じてしまったためです。
しかし、今年の報告ではそんな懸念を全て洗い流すような素晴らしい報告でした。
というわけで今回報告を受けたことについてご紹介したいと思います。


まず今回の見所はカンボジアにあるコミュニティーファクトリー(CF)の大きな成長を感じました。
かものはしプロジェクトでは児童買春の原因を貧困にあると考え、さらに多くの場合夫は出稼ぎで消えてしまったりDVを受けたりする女性を助けることが鍵だと考えています。
そこで調査をして児童買春につながりそうなくらいの貧困層(最貧困層)の女性に狙いを定めて仕事を提供しようとCFを作り観光地として有名なカンボジアのお土産品を作るファクトリーを立ち上げました。
まずそのCFの売り上げが順調に伸びていることは素晴らしいことですが、さらに「組織」として成長していることを実感したのです。
なぜなら抱える問題が自分の職場のレベルと一緒で驚きました。
例えばモチベーションを保つためにいかに目標設定を決めてさらにそれをシステムとして動かすか、このような問題に取り組んでいます。
さらにその解決手法としてプロのボランティア(通称プロボノ)である戦略コンサルタントが関わり高いレベルでその問題解決に取り組んでいます。
ほんとうちの職場にも来て欲しいくらい(笑)


ちなみにこのコンサルタント集団が今回はかなり大きな力を発揮しているように感じました。
集団と書いたのはたぶん関わっているのは1人以上だからです。
今回はアイデアをまとめる作業に随所にコンサルが関わっていました。
なので研究職の私から見ても理路整然と問題に取り組んでいるように感じ、今回は本当に突っ込む隙はほとんどなく完全に私のレベルを遥か彼方に上回っていました。
1つ噛み合ってないように感じた箇所も質問をすると十分に納得できる返答をいただきとても嬉しく感じました。
このようなコンサルだけでなくこのプロボノは製品開発やデザインのプロなど様々な分野の方が携わっており非常に大きな存在となっています。
私の専門は残念ながら現時点では力を発揮できる分野がなさそうですがそういう機会があれば是非とも協力したいものです。


今回の大きな懸念は事前に報告を受けていたIT事業の縮小です。
このIT事業はかものはしプロジェクトの大きな特徴の1つで「自ら収益を上げるNPO」ということです。
CF事業で分かるとおり貧困層の女性を救うためにも単なる「寄付」ではなく自ら生きる力を伸ばすために「仕事」を提供し、カンボジア人自ら運営できることを目標にし、さらに読み書きの勉強の機会を与えるなど表面をさらったような援助のしかたをしません。
その哲学は運営そのものにも現れており寄付で全てをまかなうのではなくIT事業を立ち上げ日本サイドでも自ら資金を集めていました。
ですからそれが縮小されるというのはそういった精神がなくなってしまったのかと非常に心配だったのです。
しかし、それは大きな勘違いでIT事業は環境の悪化によりこのまま行うことが困難であるための縮小でそれに変わる事業もすでに幾つか提案されていました。
つまり「自活の精神」は未だにしっかりと引き継がれていたのです。
このことも本当に嬉しいことの1つでした。


そしてもっとも満足したことが「軸がぶれていない」こと。
かのもはしプロジェクトの設立意義は「児童買春問題の解決」です。
信じられない話ですが10代の女の子、いやそれ以下の子供たちがターゲットになり買春が行われています。
軸がぶれないというのはつまりかのもはしプロジェクトの行う様々な事業(CF事業・警察指導などなど)がすべて「児童買春問題の解決」に繋がるものであるという強い主張を感じたからです。
まさに「全ての道はローマに通ず」みたく「全ての道は児童買春問題解決へ通ず」です。
これは研究でも同じですがまず「ゴール」を明確に設定してそこからそのゴールへ向かうためにブレイクダウンして順々に行うことを細分化していきます。
コンサルでいう「イシューツリー」とか「ロジックツリー」というものでしょうか。
明確にゴールを意識してそれを解決するための強い思いと論理的な方法、「情熱と冷静」がはっきりと伝わりました。
上記してきたこともふくめて今回は過去最高の総会だったと思います。


というわけで今年度も継続して、いやできるならさらに上の段階で応援していきたいと思います!
スポンサーサイト
10:39  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.15 (Wed)

グローバルな学生とローカルな社会人

社会人になって4年が経ちました。
当然周りの友達も社会人が多くなりました。
最近そんな社会人友達との交流の中で1つの変化を感じています。


その変化とは「関心の対象が小さくなった」ことです。
日本や世界といったことから日々の生活に関心が移っているように感じます。
決して全ての友達ではありませんし、そもそも昔からそんな大きな話を全ての友達としているわけではありません。
なのであくまで昔そういったことを語らった仲だけですがそれでもそう感じます。
私としては凄く残念ですが何故だろうと考えました。
そしてそれが「学生」と「社会人」の違いなんだろうという結論に至りました。


学生はとにかく時間があり余っています。
もちろん忙しい人もいるだろうけれど忙しさの質は社会人とは違うでしょう。
多くの場合、社会人は時間を他人に制約されます。
会社の出勤時間や締め切りなど自身を縛るもののなかで時間のやりくりをしています。
そして多くの場合がそれに追われている状態です。
学生はどんなに忙しくてもある一定の融通が残っています。
その時間が守れないことで自身の信用を決定的に失う場面は少ないでしょう。


そのような状態ではやれ日本だの世界だのと言っていられないのかもしれません。
むしろ重要なのは1日を乗り越えることであり、そこに意識が集中していきます。
学生時代はボランティアにいそしんだり世界にあふれる問題について考えることもありました。
しかし、社会人になってからはそもそも自分にいっぱいいっぱいで他のことまで考える余裕がありません。
そんな変化が起きていることは容易に想像がつきます。


私自身はいまのところ広いことに関心を持ち続けているように思います。
しかし、それは私が凄いとかそういうことではなく恐らく余裕をもって社会人をしているからでしょう。
事実、研究職という仕事柄そこまで追われるような生活をしているわけではありません。
ですから本当に忙しくなったときにそれでも様々なことに関心を持ち続けられるかがその人の本当の力量のように思いました。
私自身がどうなるかわかりませんが本当に忙しくなる前にその事実に気づけたのである程度の心構えができるかもしれません。
時間のある今のうちにしっかりと礎を築いておきたいと思います。
20:51  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.04 (Sat)

鳥かごのなかの鳥

最近の情報源のほとんどがtwitterになりつつあります。
今日もtwitterで知った素晴らしいエントリーを紹介します。


修羅場をくぐった経営者から教わったこと


リンク先に箇条書きにして経営者の至言がまとめてあります。
その全てが刺激に満ちた素晴らしい言葉ですがその中でも一番気になったのはこれです。


社員に自由に仕事しろというのは愚鈍な命令だ。それまで鳥かごの中に入っていた人間の鳥かごを外す。そうすれば飛ぶと思うのは大間違いだ。今まで鳥かごに入っていたことを自分で認めることになってしまう。飛ばない鳥にもプライドがある。言って聞かせても鳥は飛ばない。



これは今の職場で初めて仕事として人に指示をだす立場になって思い知らされたことと一致しています。
私の最初の過ちは「自由に仕事しろというのは愚鈍な命令だ」ということを知らなかったことです。
私にとっては自由に仕事をさせてもらえるということは素晴らしいことです。
自分自身でその仕事の全体像を知り、問題点を見つけ、それを解決する。
こういったプロセスが楽しくてそこにやりがいを覚えるわけで、指示されて動くことは楽しいことではありません。
なのでなるべく自由にやらせてあげようとだいたいの方向性だけ示してあとは放置しました。
すると見事に仕事が進まないんです。
そう、私はまさに「鳥かごを外せば飛んでくれる」と思っていたのです。


そこに気づいてから仕事の指示の仕方を変えましたが次の壁は「飛ばない鳥にもプライドがある」ということです。
「鳥かごに入っていたことを自分で認めることになる」ということは私には成長であり良いことだと思っていました。
しかし、それを全ての人が受け入れられるかというとそうではないと気づいたのです。
ただ、このことに気づけても実際にどう動けばいいかわかりませんでした。
あの手この手でやる気を促そうと思いましたが簡単にはいきません。
そして、気づいたのは次の至言です。


自然の力は偉大だ。突風が吹けば鳥は飛ぶ。大雨が降れば鳥は飛ぶ。この時にプライドは関係ない。

だから、もし人を動かしたければ饒舌に話すな。雰囲気を変えろ。自然を使え。



そう、職場環境の雰囲気そのものを変えなきゃいけないということに気づきました。
しかし職場環境の雰囲気を支配しているのは私ではなくマネジメントをしている上司です。
なので現場の問題点を伝えてこうすれば全体がうまく回りますということを提案していきました。
でもこれがなかなか難しい。
現場から距離のある上司では結局自分のマネジメントに問題があると思えず個人の能力の問題だという思いから抜けられないのです。
個人の能力の問題ならマネジメントなんて意味がない、という自己否定の矛盾をはらんでいるのですが残念ながら上司はそこまで考えることができません。
自己否定ができないリーダーは組織を歪めるんだと思います。



最後にもっとも厳しい至言を紹介。


これから伸びる業界? 伸びる会社? そんなことはわからない。鍛えられた者だけが生き残る時代がやってくる。


最近ゆるんでいた私にとって厳しい言葉です。
努力無限でがんばりたいと思います。
10:22  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。