*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.31 (Fri)

今年を振り返って

今月は極端にエントリー数が少なくなってしまいました。
言い訳すると仕事でトラブルが起きたのと風邪でダウンしてたのとダブルパンチでした…。
本当は紹介したい本が出てきたのや色々とネタはあったのですが大晦日を迎えてしまいました。
来年からはまたもとのペースでアップしてきたいので来年もよろしくお願いします。


さて、今年はどんな歳だったでしょうか。
経済は昨年までの悲惨なムードはなくなり谷を越えたように感じています。
特定派遣の話が最近少なくなったの最近の動向をお伝えするとかなり良いようです。
営業の方と話をすると「案件はあるけれど派遣する人がいない」といううれしい悲鳴?状態のようです。
もちろん会社としては案件があるけど人が派遣できないなんて最悪ですが一時の悲惨な状況を乗り越えるためにはしょうがないのかもしれません。
まぁそれを考慮しても計画性が足りないな…とは思いますが。
派遣は不景気の影響を最初に受けて、好景気の影響を最後に受けるというのは構造上もうどうしようもないのかもしれません。
しかし、私自身はありがたいことに仕事の切れ目なくずっと派遣先がありましたのでやはり好景気のときにしっかり努力して不景気に備えることが派遣社員も重要かと思います。


今年の漢字は「暑」になりましたね。
暑いのは苦手ではない私もさすがに今年の夏の暑さにはまいりました。
10年以上ぶりに夏バテになったのでまさにこの漢字がピッタリの年だったと思います。
では私にとっての漢字は何かと考えてみて色々思い浮かびました。
最初に浮かんだのが「戦」でまさに仕事は外との戦い、内との戦いでした。
様々な利害関係者との互いの利益を取り合うというのはなかなかしんどいものだと実感できた年です。
それも実際に競合する相手なら話は簡単なんですが同じプロジェクトメンバー同士で争うことになるとは主っても見ませんでした。
これは本当に良い経験だったと思います。
そんな感じで今年を振り返っていたのですが最終的に決めた漢字は「苦」ですね。
とにかく本当に苦しかったというのが正直なところです。
昨年までは変な話ですが「内なる戦い」だけでよかったのが「外との戦い」も加わってもう許容量が完全にオーバー。
そんな中でもなんとかしようと私なりにもがいてきたからこそ苦しかったんだと思います。
でもこれはネガティブなものではなく「挑戦した証」としての苦しさなので全て自身の血肉となりました。
来年度からはまた体制が変わると思うので少しは良くなる、つまり外との戦いに集中できることを期待しています。


というわけで本当にしんどかった2010年は終わります!
来年は私にとって次へのステップに繋げる年にしたいと思います!
スポンサーサイト
13:24  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.18 (Sat)

日本の今

前回のエントリーに続き世界における日本の存在感に関するエントリーです。

きっかけはtwitterでの城氏のつぶやきでした。


某旧帝大が中国の清華大学との提携を申し込んだところ、「うちの学生を日本に送るメリットがないから」と断られたそうだ。日本の大学の進路指導担当より日本のことをよくわかっていらっしゃる。


私は予備知識として中国にとって魅力的な留学先は先ずアメリカであることは知っています。
というかアメリカへの留学は世界中の学生にとって魅力的なものであることは間違いないでしょう。
そして日本はある意味で言えば「アメリカに行けなかった学生」が行く国という位置づけになります。
これは残念なことですが日本にとっても留学先としてのアメリカは魅力的なものでありこれは覆されないでしょう。
この程度の認識はありました。


しかし、今回ははっきりと「日本に送るメリットがない」と断言しています。
これはアメリカの2番手・3番手にすらなれない、ということを示しているのではないでしょうか。
上記の城氏のつぶやきから一気に波紋が広がり様々なつぶやきが見られました。


以下はつぶやきまとめサイトより転載


でも、新興国に「君らの国では学ぶことも働くメリットも無いから」って面と向かって言われるってのも凄いよね。そりゃニートが増えるわけだよ。

ハーバードはじめ米国一流大学が大学院生を奨学金付でリクルートしにくる位優秀な学生多いらしいですからね。

今の中国の学術界は、日本をパートナーとも競争相手とも見ていない。北京大や清華大にいる日本の大学の卒業生を通じて細い糸がつながっているが、10年、20年後はわからない。

大卒以上の高度人材から見た労働市場の魅力度ランキングで、日本は中国はもちろんインドネシア、フィリピン以下の44位。なので「日本に教え子は送らない」という中国の大学も「働いたら負け」という日本のニートも、実は意外と合理的。

一番非合理的なのは、高度人材のはずなのに、こてこての日本企業で低付加価値業務に従事しつつ、負け確定な社会保障その他を天引きされ続けている和製エリートかな。

僕がイマイチ移民受け入れに乗り気じゃないのは、こういう構造的課題をほったらかしたまま移民解禁したら、ものすごい質の低い人材しか来ないだろうと思うから。凄く殺伐とした社会になると思うよ。

外資企業にとって既に日本人は日本専用人材という位置づけ。2020年には多くの日本人が中国台湾韓国シンガポール人エリートの下で働いていると思う

そういや近所のコンビニで一番仕事ができた日本語ペラペラの中国人店員も「もう日本いる意味ないよ」と言って中国に帰っちゃったなぁ




これが現実なんだなとバイオ業界の激動よりさらに驚きました。
大卒以上の高度人材から見た労働市場の魅力度ランキングで44位であるという事実はけっこう思いですよね。
だってそんな国で働いているわけですから。
その原因はなんだろうと考えると経済の先が見えないのに関わらず酷い労働環境にあるという現状が大きいのではと思っています。


日本ではすでに高度経済成長を終えてキャッチアップ型の仕事の仕方が終わりました。
そしてアメリカを見ると良く分かるようにGoogoleやAppleに代表されるようなイノベーション型の時代になっているというのがアゴラ等で見られる共通認識だと思います。
しかし、昔を引きずりいつまでもキャッチアップ型の手法で勝負する日本に経済に関する希望が見られないのは当然なのかもしれません。
すると年功序列で歳だけ増えれば給料も増えていた頃とは異なり年収の「頭打ち現象」が起きています。
実際にある年度に入社した社員から給料制度ががらりと変えるなど世代格差が非情に大きくなっています。
そんな閉塞感漂う会社を飛び出ようと思っても年功序列とそれに伴う新卒一括採用のシステムにより労働人口の流動性は極端に低くある程度歳をとれば会社を辞めるリスクは極端に高くなります。
つまり日本は経済の先も見えず給料も上がらないけれど会社に縛られたままの息苦しい社会ということです。


自分で書いてて暗くなりましたがこれが現実なんでしょう。
しかも上記したのはあくまで「正社員」になれた人の現状で「正社員」になれなかった人の現状はもっと恐ろしいものです。
一度新卒採用で弾かれた人間にセカンドチャンスを与えない国では例え大卒という肩書きを持っていても意味をもちません。
それこそ一度結婚などで辞めてしまえばどんなに優秀な女性でも前回と同じようなキャリアは描けないのです。


こういった現状を踏まえながら今後のキャリアを築いていかなければ見誤りそうです。
これらかの時代は日本でも「チャレンジしないことがリスク」になる時代になるのだと思います。
11:32  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.13 (Mon)

バイオの今

私の専門分野はバイオサイエンスですがこの分野での先進国といえばやはりアメリカです。
日本とアメリカの差は圧倒的であり例えばせっかく日本発の技術であるiPS細胞ですら勝っていたのはスタートだけで出てくる論文数は数年で一気に逆転されたようです。
しかし、それでもバイオサイエンスという複雑な技術はやはり先進国である日本において一日の長ありでしょうか。
IT分野のように先行投資も少なくてすむような分野はすでにインドなど所謂発展途上国の勢いがものすごいですがなんとかバイオ分野は踏みとどまっているようです。


というのが私の認識でしたが一気にこの認識が覆されました。


浦東の衝撃


著者はバイオベンチャーを経営する方で今回中国でのカンファレンスに参加してきたとのことです。
そして大きな衝撃を受けてきました。

本日見学をさせてもらったとある企業は規模は2000人。
そこには300人を超えるPhDがいた。
出てくるシニアなスタッフはみんなアメリカ帰り
その過去の経歴たるや凄い。
みんな名だたるメガファーマやジェネンテック、アムジェンなどの有力バイオテック帰り。
日本であんな会社はCROどころか製薬企業だって見たことがない。
話してみても優秀、優秀。
そして凄いのが、今の会社に入って3ヶ月、半年、8ヶ月とか
怒濤の採用ラッシュが如実に見て取れる。
毎週土日の朝晩は採用のための電話会議に忙殺されるそうである。
なぜなら雇用する人材はアメリカにいるからだ。
なんという雇用創出力であろうか、オバマも跪いて教えを請いたいだろう。
意外に多いのはシリコンバレーなどUSに家族を残して単身赴任で上海なんていう人達だ。



中国がアメリカにどんどん人を送っているということは聞いていましたがまさに今その実りの収穫時期ということみたいです。
ベンチャー企業を経営するような方なら当然ご自身も優秀だろうと想像しますが、そんな方が驚くほど優秀な人材揃い。
確かにもともとアグレッシブな中国人がアメリカの最前線で経験を積み、中国で同じクオリティーを半分の価格でやられたら誰も太刀打ちできないですよね…。


まあとにかく上海のあの勢いを見てしまうとシリコンバレーですら止まって見える。
ましてや日本はと言う感じである。
もし、日本がまだ中国に勝っていると思ったらその認識は改めた方が良い。
現在の姿は
上海>日本>中国
政府のトップはこの現状をせめて認識するところまではいっていて欲しいと思うがこれだけのパワーに太刀打ちする戦略を考えるのは容易なことではない。



あのシリコンバレーですら止まって見えるというのはどういう環境なんでしょうか…想像もできません。
正直この現実を知りさすがに焦りが出てきました。
確かに中国の技術レベルがグングン伸びてきていることは知っていました。
化学産業でもかなりのレベルのことが中国で取って代わっているため日本の同業界でもかなり苦しんでいるという話も聞いています。
しかし、バイオサイエンスの一番の稼ぎ頭である製薬業界は相当レベルが高いですからまだそこに食い込むことは難しいんじゃないかという勝手な思いがありました。
そしてそんな勝手な思いを全部吹き飛ばしてくれたこのエントリーに感謝します。
少なくとも上海はすでに日本を越えている、この認識は忘れてはいけないのだと思います。


そして何より共感したのがここです。


1社で出来なくても周辺企業を繋いでクライアント側にはあたかもワンストップのようなサービスを提供する。
これがサイエンスパークの設立意義で中国政府の頭のいいところである。
日本でもクラスタ作っているって!?
「隣は何をする人ぞ」的な草食系のクラスタなんていくら作っても無駄で時には共食いもするけれどハンティングのためには協力を惜しまないという肉食系のクラスタじゃなきゃ発展はできない。



私が現在関与しているプロジェクトは本来の目的として「オールジャパン」で海外と競うものです。
そのために様々な機関・企業が参加しており、1つのクラスタを作って良いものを作り上げるのが目的です。
しかし、内情はというと他人の出したデータには一切興味を持たずそれぞれが「わが道を行く」状態になっており「協力」という言葉からはかけ離れています。
私のような現場の立場でみるとうちの技術とあの技術とこの技術を掛け合わせれば必ず良いものが作れる、とわかっているのにそれができない歯がゆい状態です。
上記のような「肉食系クラスタ」の形成をしなければまったく意味がなく税金の無駄遣いをしているなというのが実感です。



ちょっと話がそれましたが今回紹介したエントリーのように日本の地位はいま急速に落ちているんだなと感じています。
次回はこのことに関連したまた別の話題を紹介したいと思います。
21:55  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.08 (Wed)

子供を持つ全ての人へ

最近私の周りにに子持ちが増えてきました。
そんな歳になったんだなぁと感慨深い…ことは一切なくてやっぱり理屈に走ります。
最近読んだ本「子育ての大誤解」の話は非常に興味深いので是非この知識を共有したいと思いました。


たぶんこの本の話をすると非難轟々だと思うので最初に断っておきます。
この本の考え方はたぶん通常時には必要ないのかもしれません。
ただし、子育てに悩んだり本当に今の育て方で良いのか迷ったときには役に立つかもしれせん。
とにかく冷静になって読んでくださいね。



さて、この本では今まで子育ての常識と思われてきたことをことごとく否定します。

・愛情をこめて抱きしめると、優しい子供になる
・寝る前に本を読み聞かせると、子供は勉強が好きになる
・離婚は子供の学業成績を低下させる
・体罰は子供を攻撃的な性格にする

などの「子育て神話」をすべて否定します。
そしてこの本にとって最大の「子育て神話」はこれです。


親は子供に影響を与える


これはこの本が肯定してることではなくて「神話」としていることです。
つまり「親は子供に影響なんて与えないよ」ということをこの本では強く主張しています。
いや、正しくいうと「親の影響はあくまで家庭内のみ」ということでゼロだとは言っていません。
ゼロではないけれど子供の人生にはほとんど影響していなくて他に大事なものがあると主張しています。


いや、そんなはずはない!って思いますよね。
私もそう思ったしそういう疑心暗鬼な思いでずっと読み続けていました。
なので半分くらいまではそれでも影響はあるんじゃ…と思っていましたが後半はもうダメで完全に説得されたました。
何故かというとこの本では心理学・人類学・霊長類学・遺伝学などの最新研究を駆使して、これでもか!というくらいの論拠を並べます。
そもそも著者自身ももともとは親が子供に影響を与えることに疑問をもっていなかったのです。
しかし、著者の仕事であった心理学系の教科書作成をなんども経験することで今までの事実に疑問が浮かびました。
そこで徹底して分野を問わずに調査したところ辿り着いた結論が上記のようなことだったのです。


たぶん私がどんなに書いても信じられない人は信じないでしょう。
もしくは信じたくない人もいるかもしれませんし、自分もこの本を読むまでまったく同じ気持ちだったのですごくよくわかります。
ただ、ここで1つだけわかりやすい例を挙げてみたいと思います。


子供も親に影響を与える

抱きしめられることが多い子は優しい子になり、殴られることの多い子は難しい子になりやすい。この文脈を逆に読んでも、同じようにまことしやかに聞こえる。すなわち、優しい子は抱きしめられるようになり、難しい子は殴られやすいと。

この一文を読んで自分自身少しグラつき始めました。
その後に怒涛の証拠が続いたのでこれはもう神話を信じることはできないな、という結論に至ったのです。


じゃあ子供は何に影響するのか。
それは「同じ子供達の集団」に影響すると結論しています。
つまりどんな子供に育つかは、親がどんな接し方・教育をしたかではなくどんな子供たちの集団で育ったかに影響されるのです。
その中で子供達は「自分に近い存在」を見つけてグループ化し、さらにそこで自分の「特徴の強化」を無意識に行うのです。
そしてあくまでそこで見出された「自分」は家庭の外で作られた人格なので家では発揮されません。
家ではあくまで家の中の人格が出ているので、例えば学校の先生から話を聞いて家での様子と全然違うというのはその形成された「人格」が違うから当たり前なのです。
だから嫌なニュースで「子供がイジメで自殺」したパターンの多くは親がその事実を知らなかったりするんですがそれは当然です。
子供は学校でいじめられている人格を家庭に持ち込んだりはしないのです。


じゃあ親は何をできるんだ!ということになりますがまず出来るも何も前にやっていることが「遺伝子を与えること」。
親子が似ているのは当たり前で遺伝子を共有しているから教育しなくても似てるんです。
今まではこれがごっちゃになってるから神話が生まれたわけでその影響をしっかりわけて研究した例では「親は子供に影響を与えない」という結果がでるのです。
ただし与えた遺伝子はこれ以上変えようがないので他に何かというとさっき出た「どういう環境に入れるか」ということです。
これは凄くイメージがしやすいと思いますが友達がみんな遊んでる子で全然勉強しない集団だと自分の子供もしない可能性が大きく逆もまたしかりです。
ただし学校内でどういう集団に入るかだけは親にはどうしようもないので「どういう学校に入れるか」ということだけは左右できるかもしれません。
上記したいじめの例は「転校」という手段が親が取りうる唯一にして最大の武器になります。
ただしその事実を知ることができれば…の話ですが。


とにかく膨大な情報量なので書き出すとキリがないんですが他にまとめたサイトがあったのでそれを利用します!

・「3歳までは母親が家庭で面倒を見るべき」という3歳児神話にはなんの根拠もない。もっと早くから保育園に子どもを預けても悪影響はない。

・共働きは、子どもの人格形成になんの障害にもならない。そればかりか、専業主婦の母親が子どもと密着するよりずっと健全だ。

・子どものために親が犠牲になることはない。「親の犠牲(こんなにやってあげたのに)」を強調すると、子どもはそれを抑圧と感じる。親は自分の人生を楽しんだほうがいい。

・「自然」な子育てとは、幼児期から同年代の子ども集団のなかに入れて、あとは放っておくことだ。ただしここで親は、どのような集団を選ぶかで子どもの人格形成にきわめて大きな影響力を行使する(アメリカに移住して公立学校に入れれば、完璧なアメリカ人の人格ができる)。

・子育てには「成功」も「失敗」もない。子どもの人生は、親には(ほとんど)どうすることもできない「運命」みたいなものだ(親は常に子どもの人生を「設計」しようとするが、そのとおりになることはない)。




というわけである意味非情ともとれるくらい親は子に影響を及ぼしません。
(ただし虐待など心に傷を負うような極端な例はもちろん省いた通常の場合を想定してますよ。)
むしろ親と密着しすぎて子供集団で生活しないと人格形成に大きな負の影響を及ぼすということです。
「かわいい子には旅をさせろ」というのはこういう事実からも来ているのかもしれませんね。
ただし誤解しちゃいけないのは「子供を愛しちゃいけない」なんてことは全然言ってなくてそれとはまったく無関係のことだということだけ頭に入れてくださいね。
子供を愛して暖かい家庭を築くことはとても素晴らしいことで、だけど子供は親の影響を受けないことも事実としてある、というよう別々のこととして考えてください。


かなり長くなりましたが最後まで読んでくれた人がどれだけいるだろうか…。
とにかく子育ては自分の力の及ばないところがほとんど全てを占めていることだけ知れば肩の荷が少し降りるかなと思い書きました。
目下子育て最中の皆様はあまり堅苦しくならず子育てを楽しんでください。
22:46  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。