*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.27 (Tue)

借りぐらしのアリエッティ

映画「借りぐらしのアリエッティ」見てきました!
私は基本的にジブリは全て見ているので今回も逃せません。
しかも今回は最近のジブリにしては前評判が非常に高い作品でしたので期待大でした!


<ストーリー>
イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。身長10センチの小さなアリエッティ一家は、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。
映画.comより



感想は、とにかく映画の世界にすごい引き込まれてあっという間に終わってしまった、というものです。
最近の映画でここまでスピード感のある映画があったでしょうか。
もちろん実際に放映時間も短いのだけど(たしか1時間半くらい)蛇足がいっさいないためそれがスピード感につながったんだと思います。


今回は「小人」ということでしたが小人だけが移ってるときは小ささがきにならないのでほとんど普通の人間を見ている感覚とかわりませんでした。
それが普通の人間が現れると突然小さく感じて、その移り変わりも面白くさせた要因だと思います。
この小人達はなんというか映画冒頭から当たり前のように現れるのでそれが意外でした。
それがジブリらしさだと思うのですがトトロがいる世界が当たり前なように、小人がいる世界が当たり前だと思わせる世界観作りに成功していると思います。
人間にばれないように生活していますが「そんなことしてたら絶対ばれるだろ」とつっこみたくなるシーンも満載です。
そんなシーンを平気で作ってしまうからこそ小人をそのまま受け入れることができて、引き込まれたのかもしれません。


今作は公開後の評判も非常によかったですが最近のジブリのようなメッセージ性が弱かったことがよかったんじゃないかと思います。
「弱い」という表現は当てはまらないかもしれませんが、トトロをみて「宮崎監督はこういう思いを伝えたかったんだ」とかいちいち思いませんよね。
アリエッティも同じような感覚で、ただただストーリーを楽しみながら「トトロがいたらなぁ」なんて思うように「小人がいたらなぁ」と思って楽しめるような作品だと思います。


今回の作品はまさに「ジブリ会心の作」と評していいと思います!
まだ見ていない方はこの夏に是非チェックしてみてください。
正直、私はもう一回見てもいいなと思ってます(笑)
ちなみに音楽もいつものジブリのようにすばらしいのでそこも逃さずに!
スポンサーサイト
06:54  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.26 (Mon)

久しぶりの本紹介!

最近読んだ本についてのエントリーが少なくなってきましたがある程度のペースで一応読んでます。
ただなかなか全てに触れられないので放置しておいたのですがアップしてなかった本について一気に書きます!
感想は一言コメントくらいにしておきますね。


*お勧めは赤字にしてみました


・ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学
脳科学の最先端?に関するお話。微生物の研究者としては哺乳類の研究がいかに大変かよくわかりました。

・「目隠しはずし」の税金講座
税金について勉強したいと思い読んだ本。かなりやさしく書かれていたけどボリュームがあるのでそれでもなかなか大変だしやっぱり簡単とはいえない。だけど他のよりは絶対いいと思う。

・希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学
池田信夫さんのblogをまとめたような本なのでblog読者としては目新しさはないけれど改めてまとめたものが読めて勉強になります。最低限このあたりの知識を知ってないと議論できない気がする。

・生命保険のカラクリ
今まで漠然と変じゃないかと思っていた「保険」に対する答えがこの本にあります。この本の著者は現在アゴラで新たしい生保の立ち上げストーリーを執筆中でこちらもお勧め!とにかく著者の真摯な態度がむちゃくちゃ好感もてます。

・コンサルタントの危ない流儀 集金マシーンの赤裸々な内幕を語る
なんとなく読んだ本。全てのコンサルがこうではないだろうけどコンサルに頼ってる時点でダメだってことだね。

・法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる
税金に関する本第2弾。これもやっぱり簡単ではないけれど他の本よりよくわかる。法人税がわからないと上司がなぜそういう判断をするかわからないからもっと知りたいです。

・それでも、日本人は「戦争」を選んだ
高校生との対談形式でなりたっていますがその高校生がレベル高くて驚きます。この本で出てくることが全てとは思いませんがとってもよく説明されている本だという印象を受けました。

・フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
これはかなり話題になりましたね。今の時代に生きるビジネスマンなら必読でしょう。フリーに関することがこの本1冊でだいたい網羅できるようになります。

・アニマルスピリット
経済学の本ですが経済学素人が読むと「こんな考え方がいまさら話題になってるの?」という本です。学問ってやっぱ定量的に扱いにくい概念は後回しになっちゃうんですよね。でも事実はそこにあったり。

・医薬品クライシス
医薬業界の現在の問題点が新書でさくっと読める良書です。医薬業界はこれからバイオが活躍するのかな?

・地球全体を幸福にする経済学
正直に言うとあまりピンときませんでした。なんか抽象的というか。

・現代の金融入門
これは私のような経済学・金融学の素人でも読める非常にすばらしい教科書です。今まで読んできたblog・本から集めた知識を整理してくれてとても助かりました。

・まな板の上の鯉、正論を吐く
通称ホリエモンが書いた本。あの人ほどマスコミに人物像を歪められた人はいないでしょうね。性格の好き嫌いはあるけれどいってることはまともかと。考え方がドライすぎてついていけない部分が多いのも事実だけどね。

・強いものは生き残れない 環境から考える新しい進化論
アニマルスピリット同様、これもいまさらな感じがしました。けれど少なくとも前・中盤の進化論に関することはいろいろな知識をまとめながら持論を展開するのでよかったです。後半の経済へのくだりは最悪です。

・もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
これも今かなり話題になっています。そもそもストーリーがシンプルで非常に読みやすく感情移入もしやすいです。ちょうどマネジメントに悩んでいた時期だったのでかなり入れ込みました。

・マネジメント 基本と原則 [エッセンシャル版]
そして入れ込んだ結果早速ドラッカーの本を読んでみました。いや~やっぱすばらしいです。近いうちにこの本だけでエントリーを書きたいと思います。

・世代格差ってなんだ
Joe's Lobでおなじみ城氏の本。これまたblogのまとめ本みたいな形なので目新しさはないですが良書。みんな親に読ませるべきです。



やたらお勧め本ばかりになってしまった…それぞれお勧め具合に違いがあるわけですが読んでソンはないと思います。
ここで全部は紹介しきれないのですが、まだまだ読みたい本がたくさんあるのでこれからも読書を継続していきます!
11:57  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.25 (Sun)

バイオベンチャーの1例

先日学会に行ってきたのですが、その懇親会で非常に刺激的な話を聞きました。
それはとあるベンチャーで働いている研究者の話です。
そしてそのベンチャーを起こした社長に関する話に非常に刺激を受けたのでご紹介します。


その方が勤めるベンチャー企業の社長が26歳ととんでも若い!
これがIT系のベンチャーならよくある話ですがバイオ系でこの年齢は正直聞いたことがありません。
そこで色々話を伺うと決して「バイオ系」を狙ったわけではなく縁があってバイオ系になったようです。


その会社の発端は学生時代だそうです。
いまや学生ベンチャーというのは珍しくないのかもしれませんがこれもバイオ系に限ればかなり珍しいと思います。
いつか起業をしたいと思っていたその方に確か教授だったと思うのですが声をかけてアイデアをあげて「やってみろ」と立ち上げたそうです。
っといってもその話は構想だけで終わったとのことですが、その後の展開がすごい!
その方は社長をやるだけあって話術がすごいそうで、どういう経緯かは知りませんが某会社の社長とタッグでベンチャーを立ち上げることに成功しました。
ここで面白いのは「何も売るものがないけどとりあえず会社を立ち上げた」そうです。
こんな起業の仕方は無謀だと思うかもしれませんが、ベンチャーに挑戦する気概のある人物というのは得てしてこういうとんでもない行動力の持ち主だったりするのでしょう。
そうして、とりあえず某会社の製品を違う形で売ったりしながらアイデアを求めてさらに商品開発したりと進めてきたそうです。
今回の学会で紹介された商品は100mgで15万くらいする高価な試薬ですがバンバン注文が来ているそうですよ。


ただ1つ残念な話を聞きました。
ベンチャーの立ち上げには資金繰りが重要になりますがそこで活躍するのがベンチャーキャピタルと呼ばれるものです。

ベンチャーキャピタルとは…
ベンチャーキャピタル(venture capital、略称VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う、投資会社(投資ファンド)の事。主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行う。彼らは、資金を投下するのと同時に、経営コンサルティングを行い、投資先企業の価値向上を図る。 担当者が取締役会等にも参加し、経営陣に対して多岐にわたる指導を行う。
Wikipediaより

アメリカではこのVCが非常に発達していてるためベンチャーが挑戦しやすい環境の一因となっているそうです。
そして日本のVCは非常に弱いという話を聞いていたので実際のところを聞いてみました。
すると意外な返事がかえってきて日本のVCはその道の人が関わっているためあまり関わりたくないのだとか…。
数年前の好景気のときにVCの資金を使って起業した人が今になって不況のあおりを受けてその道の人達に追われているという話があるそうです…。
これにどれほど信憑性がある話かわからないのですが実際に起業のスタートアップから関わっていた人の話なので説得力もあります。
もし本当なら非常に悲しい事態ですね。
本来VCの儲けというのは10投資して1のリターンで全体の損失をまかなうということですから、日本のVCはその本質から外れた存在ということになります。
こういう利益の上げ方をするからこそリスクに挑戦できるのにこれではVCから資金を借りて企業することはとんでもないリスクになってしまいます。
ちなみにその会社は上記した某会社から資金を借りているそうで、もっともリスクが少ない手段をとっているそうです。
やはり起業することが人生の一か八かになっているような国には未来はありませんよね。


とにかく今回はベンチャーの現場の生の意見が聞けてとても有意義でした。
12:04  |  経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.20 (Tue)

政治における流動化

「人材の流動化」ということについて私が知る限りもっとも精力的に活動しているJoe's Lobの最新エントリーは非常に明るいものになっています。



「本当にダメな子なんていないんだ、みんなやればできるんだ」を証明してくれた自民党


ところが、その自民党のフットワークがえらくよくなっている。
(ややまとまりに欠けるものの)若者マニフェストによるマニフェスト採点では最高評価だったことからも、少なくとも方向性については認識しているようだ。
一見迷走しているように見える民主党にしても、埋蔵金依存のような空論から地に足のついた政策にシフトするための過渡期に過ぎない。

政治の成長を引き起こしたものは、言うまでもなく政治の流動化である。
長く居座った与党から落ちることで、自民党は何を求められているのか真剣に考えるようになり、民主党は与えられた状況の中で、出来ることと出来ないことの線引きを学んでいる最中だ。
この繰り返しこそ、政治のレベルを底上げするのだろう。
要するに、流動化なくして、人も組織も成長しないということだ。




昨年から続く与党のダメっぷりに失望する人も多いし、他ならぬ私自身もそうですがやはり「政権交代」には意味があったんだと今だからこそはっきり言えると思います。
前のエントリーで「今回の参議院選挙の意味がわからない」と書きましたが今回の選挙は「政権交代の意味を知る機会」だったのかもしれません。
思ったよりは落ちなかったけれど与党は確かに減ったし、あの自民党がマニフェストで「雇用規制の緩和」を打ち出し、新たな勢力であるみんなの党が若干の存在感を示した。
このこのとは全て「政権交代」による変化を経て、政治家自身が「このままじゃやばいな」と思えるような状態になれたということだと今は思っています。
「流動化」の効果が具現化した本当にいい例となり、この流れがさらに良い方向へ進んでくれればと思います。


私自身の話になりますがうちの職場は流動化はあるにはあるものの「意味のある流動化」はありません。
つまり、今の職場を良くする為の戦略的な流動化がないということです。
例えば自分のことしか考えずにいつもワンマンプレーをする人材がいますが、いつまでたっても契約が切られることはありません。
また、常にマイペースで明らかにその人の仕事が律速になっているにもかかわらず契約が切られることはありません。
そうやって勝手にやっていても何も問題視されなければ当然その人材の行動に変化は生まれず、むしろ周りに悪影響を与える一方です。
しかし、メーカー出身の上司は「流動化」という考え方が一切ないため悪循環は続く一方です。
そうこうしているうちにむしろ良い人材が自ら出て行くということは想像できないのでしょうね。



現在の与党は首相が経済・財政についてとんちんかんなことを言っているのでしばらくは迷走が続くでしょう。
そして、その間に次なる流動化に備えた勢力が着々と準備を続けているのかもしれません。
次なる流動化はどういう展開を迎えるのか、注目したいです。
21:36  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.14 (Wed)

飲み屋で社会勉強

先日こんなことがありました。


先日渋谷で飲んでいたときのことです。
その日はライブの打ち上げでお店を探しており、当初目的とした店の前で声をかけられてなかなか安いということでその違うお店で飲むことにしました。
そうして入ったお店なんですが、いちいちシステムがやや越してくなぜか異常にコースを勧めてくるのですがそんなに食べるものはいらないため通常の注文だけにしました。
コースを勧めた理由は後でわかったのですが、品が来るのがひたすら遅くて最初の注文から料理が来るまで20分以上かかったと思います。
その日は日曜なのであまりゆっくりはできないため急いでいたこともありよけい遅く感じたのかもしれません。


そうこうするうちに時間も来たのであまり食べていませんが会計をすることになりました。
そして、その金額にビックリ!全然頼んでないのにいかにも高い!
そのためうちのバンドメンバーの1人が怒って店員を問い詰めて店長を出してもらい、結局かなり高めの設定だった「お通し」の値段を無しにしてもらいました。


このときに思ったのは「お金に対するシビアさ」です。
その起こったメンバーはウェブデザイナーをしており今では独立して仕事をしています。
やはり、その分だけお金やサービスに対してはシビアで今回の出来事ではサービスが悪くて値段が高いということで相当起こっていたし、実際に交渉して料金を下げることができました。
それに対して私は「高いといってもこの程度だし2度と来なければいいや」ぐらいの感覚でかまえていました。
そう思っていたら突然メンバーが怒り出したのでビックリするとともに、自分の感覚に対して甘いな…と反省したのです。


ここで「研究職」を出すのは強引かもしれませんが、非常にその特徴がよく出ているなと感じました。
研究職にとってお金は「道具」でしかありません。
どんだけ資金をつぎ込んでも最終的に成果を挙げればよくて、その成果は時には直接金銭に結びついたり、または別のアイデアに繋がったりと様々だと思います。
逆に営業や経営側にとってはお金を稼ぐことが目的であり、やはり研究職よりも何倍もシビアだと思います。
研究室で日々垂れ流されてるお金はそういうとこから生まれてるということをもっと認識しなきゃいけないなと強く思いました。
私は研究職としては割合そういう意識が強いほうだと思っていましたがまだまだ全然ですね。


もう1つ思ったのが例えば「ワタミ」などの有名チェーン系飲み屋の凄さです。
安いし、うまいし、サービスがいい。
いつも当たり前に利用している居酒屋がなぜあんなに爆発的に広がったのか理由がよくわかりました。
あれは当たり前だったけど当たり前じゃなかったんですね。
これも非常に勉強になりました。


研究職というのは若干浮世離れしている傾向がありますがこれからは絶対そんなことはではいけないと思います。
研究というのはあくまで利益を上げるための「手段」であり「目的」ではないはずです。
なので「利益を上げる研究とは何か」を強く意識して取り組んでいきたいと思います。


というわけで飲み屋でも日々勉強ですね。
21:35  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.12 (Mon)

参議院選挙

気づけばまだ今月は1本しかエントリーを書いていないんですね…がんばらねば。


選挙が終わりましたね。
結果はなんというか、先の総選挙の熱狂振りと比べると何もなかったかのような気がするくらいです。
民主がもっと減らすかと思えば過半数こそ割ったものの激減というほどでもない。
自民が野党として存在感を示したかというと民主を追い詰めたというほどでもない。
みんなの党が新興勢力として大きな存在感を示したかというとそうでもない。
なんとなく少し減って少し増えて…結局国民はこれから日本をどうしたいのかメッセージが伝わらない選挙でした。


しかし、これらのことはしょうがないのかもしれません。
なぜならマニフェストを見ても方針が大きく変わってるというわけでもない。
なにかキラーコンテンツがあるかというとそうでもない。
ただし、私としては自民の「雇用規制緩和」とみんなの党の「公務員改革」は十分キラーコンテンツだと思いましたがマスコミがこれらに一切焦点を合わせていないように感じました。
やはり、今の時代になってもテレビの影響は大きいのでしょうね。


正直今回の結果が今後どのような影響を与えるのかさっぱり想像できません。
そしてそんな風に感じている人も多いのではないでしょうか。
今回の選挙はなんだったのか…その答えをだすには時間が少し流れる必要があるようです。
20:10  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.03 (Sat)

選挙迫る!

来週は参院選挙がありますね。
まず各党の比較についてですがはっきり言って取り上げるのは与党の民主党・野党からは自民党・みんなの党だけです。
さらに自分がわかる部分だけ取り上げるので全体は網羅していないことを了承して下さい。


争点1:消費税
民主党・自民党は消費税を10%、みんなの党は据え置きという立場です。
選挙で増税を掲げるなんて思い切ったなぁと思いますが世論は意外にも支持する人は多いみたいですね。
やっぱり財政難について「そろそろまずいんじゃないの?」と思う人が増えてきたのではないでしょうか。
私もそう思うし、何より「世代格差」をなくすよい手段だと思うので賛成です。
このまま上の世代が借金だけ作って逃げるなんて情況は許せませんから。

だけど使い方がだいぶまずいですね。
菅さんは「税金で得た財源を雇用創出に当てる」といいますがそんなに簡単なことではないことは誰でもわかるでしょう。
雇用が簡単に作れるならとっくにしてるし、それができないから失業率が問題になるわけじゃないですか。
何より「国主導で仕事を作る」なんてのは今までの歴史が不可能だということを証明していると思います。
なので菅さんが言うような増税には反対です。
自民党が増税分をどう使うかは読みとれませんでしたが、やはり頻繁に「雇用創生」と書いてあるのが気になります。


争点2:解雇規制
今回の大きなポイントがこの解雇規制です。
ついに自民党がマニフェストに解雇規制緩和を明記しました。
「特に、「解雇規制」を緩和すると同時に、企業における「柔軟な経営」を行える環境を整備するなど、企業の持続による「雇用の安定につなげます。」
この解雇規制は実は日本の大きな問題で日本では社員の首が切れません。
「いいことじゃないか!」と思う人もいるかと思いますが、まったくの逆で雇用規制が厳しすぎることで様々な弊害がおきています。
社会の側面から言うと時代が変わって産業に変化が起きたときにも労働人口の移動が起きないためそれに対応できずに経済成長が鈍化する。
企業の側面から言うと仕事の量や能力に関わらず雇い続ける必要があるため「社内失業」等の非生産的な情況に陥りやすく、また「1度雇うと切れない」というのは「雇うリスクが大きい」ため人を雇いにくい。
個人の側面から言うと労働市場がほとんどない日本では1度企業に入ると出られないため最初の選択がその後の全てを左右する可能性があることや、出られないため企業と運命共同体となるためサービス残業等の不遇な対応を飲まざるを得ないこと(そういう意味で日本の労働組合はあくまでパフォーマンスであること)、そもそも「終身雇用」は「大企業男性正社員」だけに見られる現象であり様々な格差(大手と中小、正規と非正規)を生んでいることなど。
たぶんまだまだ挙げられますがこのような問題は実は世界中から突込みがきてましたが今までは「票」のために実効できませんでした。
しかし今では連合べったりの民主党が与党になったので自民党は気にせずこういう目標を立てることができるようになったのでしょう。
みんなの党も解雇規制緩和の側にたっているし、やはり野党が立てやすい政策なのかもしれません。


争点3:公務員改革
これがみんなの党の最大の売りといえるのではないでしょうか。
もちろん各党がそれなりに触れ居てはいますがみんなの党党首の渡辺喜美が自民党時代から取り組んでいたことです。
この公務員改革は財政問題と並び大きく取り上げなければいけない問題だと考えています。
その最大の問題は「優秀な人材をまったく活用できていない」ということです。
どんなに高い志をもっても省内のシステムがその志を潰して「省益」のために働かざるを得ない構造になっています。
その根本が「終身雇用と年功序列」のシステムで日本のどの企業よりも強固なシステムとなっています。

…と色々書こうと思ったのですが城繁幸さんが死ぬほど明確に文章にしてくれているのでそれを紹介します。http://bit.ly/dlttOl
**************************************
目標となる国家像が明確な場合、中央官僚による一極支配はそれなりに有効である。
つまり、戦後、新興の工業国としてアメリカという先進国にキャッチアップする過程では、
強固な官僚組織に依存するだけである程度の効果はあった。
ところが、ポスト工業化の段階ではこの方法は限界があり、民間の裁量に委ねるしかない。
官から民へ。民営化や規制緩和といったキーワードが主役になる。

ところが、年功序列制度の官僚機構は、中高年の消化のために大量の天下りポストを必要とするから
こういった改革に対する抵抗勢力となってしまう。
実質破たん状態にも関わらず「賦課方式だから年金は破綻してないですよ」と平気で嘘をつく厚労省の
天下り官僚などが代表だ。
「官僚の人事制度」という本丸に手をつけることなく天下りだけを禁止すれば、組織は崩壊して
政策や法案の作成能力は大幅に低下するだろう。
そもそも、彼らも全力で抵抗するだろうから、改革案の骨抜き→国民失望→政権交代といった
おなじみのプロセスが今後もずっと続くかもしれない。

逆に、序列ではなく成果に応じてキャッシュを支払う年俸制などに移行すれば、霞が関は抵抗勢力から
改革の推進者に生まれ変わるだろう。公務員制度改革こそ、すべての改革の一里塚である。
**************************************
といった具合です。


総括すると全ての問題は、特に自分のような若い世代にとっては「世代格差」がキーワードです。
そして世代格差が生まれた原因は「若者が選挙に行かないから」これに尽きます。
ただし、その観点で考えたとしてもやはり各党一長一短でなかなかどこに入れるかは難しいですね。
民主党はもう完全な社会主義政党になってるので無しで、自民党はかなりまともなこと言ってるけどやはり過去の汚点が大きすぎる、みんなの党は公務員改革・雇用規制などは注目できるけど経済政策が稚拙、などなど…。
でも選挙は来週なわけでとにかく決めよう!
13:49  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。