*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.27 (Sun)

岡田監督が語るマネジメント

ワールドカップでは日本が大躍進をしていますね。
始まるまではボロクソに言われていたのに手のひらを返したように一気に評価が高まっています。
やはり「結果」というものは何よりもパワーがあるものだと再認識しました。
私は特にサッカー好きというわけではないのですがワールドカップのように応援するものが明確なものは見やすいので一応チェックしています。

そのワールドカップで注目を集めているのが選手はもちろん監督の岡田さんです。
ネットで岡田監督の哲学が語られていますがそれがとんでもなく秀逸なので紹介したいと思います!


岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは


岡田監督がチーム作りで大切にしていることに「フィロソフィー(哲学)」を作ることを述べています。

明確な目標はもちろん「W杯本大会でベスト4入ることに本気でチャレンジしねえか」ということ。みなさんはいろんな成功の書とか読んで「目標設定って大事だ」と思っているでしょうが、今みなさんが思っている10倍、目標は大事です。目標はすべてを変えます。

一番上の目標をポンと変えると、オセロのように全部が変わります。「お前、そのパスフィードでベスト4行けるの?」「お前、そんなことでベスト4行けるのか?」と何人かの選手にはっきりと言いました。「お前、その腹でベスト4行けると思うか?」「夜、酒かっくらっていて、お前ベスト4行ける?」「しょっちゅう痛い痛いと言ってグラウンドに寝転んでいて、お前ベスト4行けると思うか?」、もうこれだけでいいんです。

そして以下に「6つのフィロソフィー」を紹介します。

①Enjoy

Enjoyの究極はどういうことかというと、自分の責任でリスクを冒すことなんです。日本の選手は「ミスしてもいいから」と言ったら、リスクを冒してチャレンジをするんです。ところが「ミスするな」と言ったら、途端にミスしないようにリスクを負わなくなるんです。

本当にEnjoyするためには何をしないといけないかというと、「頭で考えながらプレーするな」ということです。

②Our team
例えば、会社の商品が売れないで倒産しそうな時に、「僕は経理ですから」とか言っていたらダメ、どんなにすばらしい計算をしても会社が倒産したら一緒です。残り時間10分で0対1というのは、「みんな外に出て商品を売ってこい」という時です。
「いろんなことを人にやってもらうんじゃなくて、自分でやらないといけない」という意味をour teamという言葉に込めています。

③Do your best
「チームが勝つためにベストを尽くせ」という意味です。例えばマネージャー。予定が変わるとマネージャーは大変なのですが、変更することは当たり前。「お前の仕事がやりやすいためにチームはあるんじゃない。チームが勝つことにこだわれ」ということです。

④Concentration
勝負の鉄則に「無駄な考えや無駄な行動を省く」ということがあります。考えてもしょうがないことを考えてもしょうがない。負けたらどうしよう。負けてから考えろ。ミスしたらどうしよう。ミスしてから考えたらいい。「余計なことを考えて今できない、なんて冗談じゃない」と言います。できることは足元にある。今できること以外にない。それをやらないと、目標なんか達成できないんです。

⑤Improve
「今を守ろうとするな。常にチャレンジしてもらいたい」ということです。チャレンジしていくと必ずそこに壁が現れます。
「壁は邪魔をするために現れてきているわけじゃない。本気で目指しているかどうかを試すために出てきている。本気なら必ずその壁を乗り越えられる。本気じゃなかったらあっさり壁に阻まれる」、そう選手に言っています。

⑥Communication
チームというのは仲良しグループが一番いいのですが、別に仲良しグループじゃなくてもいいんです。大体、男30人が集まってみんな仲良しなんてこと、今まで1回もないですよ。「どうもあいつそりがあわん」「どうもあいつ好かんな」ということはあります。でも、「どうもあいつ好かんけど、あいつにパス出したら絶対決めよる」「どうもあいつ馬が合わんけど、あいつにあそこ守らしたら絶対止めよる」、こうやってお互いを認め合うのがチームワークなんです。そう認め合ってもらうために、自分を認めてもらう努力をすること。これがcommunicationです。
究極はあいさつですよ。あいさつは「自分には認め合う準備がありますよ」という印ですから。あいさつもきっちりできないのにcommunicationなんかとれないです。



うちの上司にも読んで欲しい内容です。
では私なりの意見も述べないとただのコピペblogになるので1つずつ見ていきます。

①Enjoy
このEnjoyの解釈は私がいつも思う「なんでも本気でやらないと面白くならない」ということに通じるのかなと思いました。
岡田監督の解釈は「自分の責任でリスクを冒す」という大胆なものですが、要はそういうことなのかなと。
自分で責任を持ちながらチャレンジするということはやはり本気でやらないとできないことですから。

②Our team
これはまさにうちの職場に足りない要素で最悪なのが「自分のやっていることが自分の中だけで完結している」というものです。
チームというのは何かの目的のために存在するのであってチームがあるから自分も存在できます。
それを意識すれば自然と「目的志向性」でメンバーが働けるので高い成果が出せるのではないでしょうか。
しかし、実際にはこれが出来る人は意外と少ないということがよくわかってきて、それは個人的な問題もあるでしょうが大部分はマネジメントでなんとかできるのではないでしょうか。
そのマネジメント手段の1つが「目標を明確にする」ことなんだと思います。

③Do your best
これは②と強くリンクすることだと思います。
そもそも「ベストを尽くす」ということが曖昧になっているような組織では成果はでないということでしょう。
ベストを尽くすこと=Our teamにとって必要なベストを尽くすこと=目標(ベスト4)を達成するためにOur teamにとって必要なベストを尽くすこと。
このような明確さが大事だと思います。

④Concentration
今に集中するというのはスポーツにしろ私の趣味の音楽にしろ1つのキーワードだと思います。
常に変化する環境の中で「経験」だけで判断するのは非常に危険です。
変化といってもほんの些細なものかもしれないけれど、確かに過去とは情況が違う。
そのような状態で「過去もこれでいけたから」という判断をするとうまくいかないことがほとんどです。
練習を積み、経験を積み、その結果として「今行うべき判断」に集中することが重要だと思います。

⑤Improve
チャレンジではなくインプルーブってのがミソですね。
improveは「改善する」という意味があるからただ挑戦するわけではなく「良くするための挑戦」という意思がはっきりとれます。
こういう強い意思が岡田監督のフィロソフィーには溢れているから大きな結果を出すのかもしれません。

⑥Communication
コミュニケーションを「意思疎通」ではなく「認め合う」という定義にすることが岡田監督の特徴でしょう。
そして認めてもらうために自分を認めてもらう努力をする、とはっきり言い切りるところにまた強い意思を感じます。
良いメンバーに恵まれるためにはまず自分自身が周りにとっての「良いメンバーになる」というはっきりとした行動指針は非常に分かりやすいメッセージですね。



さて、これらのことは言うは易し、行うは難しでハードルは高いものだと思います。
特にその組織のマネジメントを担当する者(職場なら上司など)が意識してくれないとどうしようもないという一面もあります。
そんな中で「今自分にできることは何か」を貫くことは容易いことではありません。
しかし、出来ることも実は「今自分に出来ること」しかないわけでそういう現実に対して冷静に振舞えた人が成長していくんだと思います。
今の私には大きな壁のように感じますが、岡田監督曰く「壁は邪魔するためにあるわけではない」とのことなので壁を飛び越えるのか穴をあけるのか迂回するのか、今自分ができることで打破したいと思います。

スポンサーサイト
22:56  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.23 (Wed)

軽口

20:46  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.13 (Sun)

同世代の戦争体験談

是非この方に全国を周って自分の体験を語って欲しいです。
このまま自らの命を絶つのは本当に悲しいことです。
26才という同じ世代の人間が体験した戦争体験としてはあまりにも壮絶過ぎます。



戦争の体験談を語るわ その1

戦争の体験談を語るわ その2

戦争の体験談を語るわ 完結


ひろゆきさんのblogより


私がグダグダ書いても絶対に伝わらないので読んでみてください。
だけど、それなりの覚悟がいるかもしれません。
途中読むのが苦しくなったけれど最後まで読まなきゃいけないような気がしてテレビとかつけて誤魔化しつつなんとか最後まで読みました。

読んでいてなんとなく「ノルウェーの森」を思い出しました。
生きるってことはダラダラ生きるだけなら簡単なのにしっかり生きようと思うとけっこう勇気がいることなんですね。
11:55  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.09 (Wed)

新内閣

菅内閣が発足しましたので今回はそのことについて書きたいと思います。


鳩山内閣は泣かず飛ばずで結局支持率が一度も上がることなく終わっていきました。
沖縄問題しかり、政治と金問題しかりとなんとも的外れな行動ばかりして結局何もないまま終わって言ったように感じます。
もちろん「業務仕分け」という目玉もありましたがそこから財源を捻出することは到底無理そうです。
そんな鳩山内閣なのでむしろ引き継ぐ方はやりやすいかもしれません。
比較対象が低ければおのずと自らの評価は上がるというものです。
事実、支持率は70%弱とかなり高い数値ではないでしょうか。


そんな菅内閣の全容は私自身まだ見えていないのですが1つ気になることがあります。
それはやはり鳩山内閣同様「社会主義」の雰囲気がプンプンするわけです。
今日も朝のニュースで取り上げていましたが「増税」というのが1つのテーマになっています。
どうやら自民党は参院選のマニフェストで10%を明記する方向でいくみたいです。
その増税自体はありだと思いますがその使い方が問題で下記のようなサイクルを考えているようです。

増税→財源アップ→増加分を雇用創出に使用→さらなる財源アップ

というサイクルを考えているようです。
何が問題かって「雇用創出」をどう政府が主導するんだって話ですよ。
必死で働いてるのをむしろ邪魔しているのが今の政府の様々な規制なのにそこに気づいていないのがどうしようもない。
「政府主導で経済を立て直す」という時代錯誤の考え方からまず脱出することが日本経済にとって最重要なことはすでにいたるところで議論されていることに気づいていないのでしょうか。
そんな菅内閣に対する支持率が70%弱もあるっていうんだから国民もお気楽ですよね。
サンプル数が少ないですがニュースでの街頭インタビューで支持する理由が「はっきり意見をいってくれそう」とかまったく中身がないし。
何より、それが終わったあとのキャスターのセリフがとんでもなくて「内容はともかく期待できそうですね」ってどんなコメントだ!と思わず朝からつっこみました。
こういう国民が政治家を選んでる限りはいつまでたっても変わらないんでしょうね。
でも経済が沈んで嫌でも現実を見つめる日が来るとは思いますが…そうなる前になんとかなって欲しいものです。


色んな意味で「キレる」と言われる菅内閣が今後どういった政策を掲げるのか見守りたいと思います。
22:28  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.06 (Sun)

贈る言葉

久しぶりのエントリーになってしまいました。
どうも疲れがたまるとなかなか書けなくなりますね。
首相も交代したりと色々イベントがあるので書きたいとは思っているのですが…。


最近の疲れの理由は私自身の性格が原因の1つだと思っています。
それはある本を読んでいてはっとしたんですが、どの本か忘れてしまったので今検索してみたところ「20歳のときに知っておきたかったこと」という本です。
その本の中で次のような言葉があります。


自分に対しては真面目過ぎず、他人に対しては厳し過ぎず


私自身はまさにこの逆で自分にくそ真面目で他人に厳しい性格だと思います。
自分に真面目というのはだいたいどんなことでも満足しずにきっちりやります。
やれたとしてもなるべく客観的に分析してしまうので自分自身への評価が低くなりがちです。
例えば今の職場では確実に上司から評価されていますが、それは自分が凄いというより周りのメンバーがひどいからと考えています。
「メンバーがひどい」とはまた厳しい表現だなと思われる方もいますがこれは上記した「他人に厳しい」とは異なるんです。
今の職場は極度に社会人離れした行動をする人が多いので普通の行動をしているだけで評価されてしまうんです。
なのでせっかく評価されても「メーカーにいけば自分なんかはまだまだ普通だ」と考えて自分自身の内なる評価は低くでてしまいます。
本来ならそんなこと気にしずに評価されていることを素直に喜べばいいんですが、短期的には喜んでも長期的にはすぐにそう思ってしまいます。
そんな性格のため常に律しながら行動しますが、その目線を「他人」へも持っていってしまうのが悪いところです。
そのままハードルの高い目線で見るとどうしても「厳しい目線」で見ることになります。
そして、普通に考えればそんな目線を持ち込んでもうまくいくはずはありませんよね。
というより人を選ぶというか、上昇志向タイプの人とはかなりうまくやれますが、そうでないと最悪の場合相手を追い詰めてしまうという結果になります。


このような態度は今までの経験からして「マイナス」にしかなりません。
真面目なことは良いような気もしますが限度というものがあります。
人間なので気が緩むときだってあるでしょう。
そんなことまで自分も他人も悪くとっていたらきりがありません。
むしろ、そんなに硬く身構えるよりも緩く身構えた時のほうが仕事もうまくいくことが多いような気がします。
なので最近は何かあるたびにその言葉を思い出すようにしていますが、なかなかうまくいきません。
性格を変えるのは無理だと前のエントリーに書いたと思いますがまさにその通りだと改めて思います。
せめて行動だけでも変えられるように毎日念仏のように唱えたいと思います。


今回紹介した本のなかにもう1つキラリと光る言葉がありました。


不確実性こそ人生の本質であり、チャンスの源泉


まさに今の混沌とした時代にピッタリの言葉ではないでしょうか。
この言葉通りなら今年度から来年度にかけてはチャンスの時期なんだと思います。
今回紹介したこの2つの言葉を胸になんとか今年度を乗り切りたいです。
22:10  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。