*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.30 (Sun)

口蹄疫問題の裏側

口蹄疫問題に感じた違和感の原因がやっとわかりました。


口蹄疫殺処分は、食肉輸入の非関税障壁を維持することが目的である

10年前の文章である。「ワクチンを使いませんでした」という言葉に着目してもらいたい。素人には何のことだかわからないだろう。大抵の伝染病と同じように、口蹄疫もまた、ワクチンを使った方が、安いコストで蔓延を防げることは明白だからだ

なぜ、ワクチン接種の有無が問題になるのか。「清浄国」なら、「清浄国」に対して食肉を輸出できるばかりか、「汚染国」からの食肉輸入を禁止できるからである。

結局、一連の口蹄疫騒動は、非関税障壁を維持するために、ワクチンをあえて使わなかった畜産業者と農林水産行政当局とが、自分で招き寄せた災害なのだ。



前回のエントリーで取り上げた口蹄疫問題ですが、その問題に対する私が感じた違和感の答えと言えます。
なぜ、問題発生から対策まであれほどスパンがあったのかについて私はどこかで意図的に情報がストップしていると考えていました。
そしてそれはある意味であたらずも遠からずといった答えだったと感じます。
ワクチンをあえて使わないことで日本の畜産業界を守る、というリンク先の情報からすると口蹄疫発生を知ったどこかの段階で「ワクチン対策のストップ」がかかったのではないでしょうか。
「畜産業界の保護」という名の下に殺処分を進めていったことが果たして正しいことなのかはこれから判断されていくのでしょうか。
この事実をマスコミが取り上げない限り話題にも上らない可能性がありますが…。


私自身は保護とは間反対の行為だと思います。
日本農業の衰退が政府の過剰なまでの保護に起因することはすでによく知られた事実だと思います。
そういった保護を進めると長い眼でみて衰退していくことは明らかです。
今を乗り切ればいい世代の人々にとっては正しい選択なのかもしれないですが、私のような若手世代にとっては最悪の対応だったといって良いでしょう。
リンク先の結論もこうなっています。


食肉価格の値下がりは、生産者にとっては損失となるが、消費者にとっては利益となる。日本が、口蹄疫「汚染国」になったことは、必ずしも悪いことではない。


何が正しいか判断する基準は短期目線と長期目線ではこれほど違うのかと改めて考えさせられる事件です。
ただし、今回紹介したものが必ずしも正しい見解とはまだ言い切れない部分が多々あると思うのでこういう記事から新たな議論が発生して本当の問題点が浮き上がればよいなと思います。
スポンサーサイト
18:07  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.26 (Wed)

口蹄疫問題に違和感

口蹄疫がその猛威を益々振るっています。
最初に発生したときはまさかこれほど大きな事態になるとは思っていませんでした。
さすがにこのblogで取り上げずにはいられなくなったので今思うところを書いて見ます。


今回の一連の問題を見ていると非常に違和感を感じます。
海外ですでに猛威を振るったウイルスであり知識は十分にあるはずです。
そして対策としてのワクチンも存在する。
それなのになぜここまでひどい自体になってしまったのか…。
エマージングウイルスとかならその脅威が最初は分からないはずなのでしょうがないとしても機知のウイルスでここまでひどい状況になるのは「対応を失敗した」と評価する以外にないと思います。


そこで違和感の原因となるのは「発見から問題となるまでかなりのスパンがあった」ということです。
実際に発見されたのはゴールデンウィーク前の4月下旬と聞いています。
しかし、大きく取り上げられたのは5月の中旬のように記憶しています。
このスパンに何があったのか…それが知りたいのだけどそれに関する情報はあまりでてきません。
私が見逃しているだけかもしれませんが…それにしても情報があるならもっと取り上げられてもおかしくないでしょう。
現場は当然今の対応に終われますが報道側はそんなことはないはずですよね。


そこでどうしても勘ぐってしまうのは「誰かが情報を勝手にストップさせた」ということです。
この辺は全部想像なんですが発見から農水相に伝達されるまでにある程度ステップがあると思います。
その中で勝手に「まぁたいしたことはないだろう」と判断した人間がいるのではないかと思うわけです。
そうでないと今回のことがまったく説明できないのですが実際のところはどうなんでしょう。
まさか赤松農水相のところまで情報があがったにも関わらずあれだけ問題を起こしたウイルスを流して対応するなんてことは想像できません。
まぁもし本当にトップまで来て対応できてないなら本当に日本は終わりでしょう…。


とまぁ今回はあることないこと想像で書いてしまいましたがとにかく変な事件です。
それとも口蹄疫はわかっていてもこれだけの猛威をふるうものってことなんでしょうか。
今までのケースだと実際に猛威をふるっている間は取り上げられて報道しますが、終わったあとの原因究明になった時点で飽きてしまって報道しなくなることが予想されるのでそれだけはやめてほしいです。
今回はある意味口蹄疫だからよかったけど人に対するエマージングウイルスとかが発生したときに日本が対応できるか心配だし…。
少なくとも現状を見るととても対応できなさそうなので政府はビシッと後処理をして責任の所在を明らかにするべきだと思います。
21:15  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.22 (Sat)

全国共通電子カルテに全面的に賛成します

今回は電子カルテについての話題です。


全国共通電子カルテはいらない 井上晃宏(医師)


孫正義氏の「光の道」プレゼンファイルでは、「全国共通電子カルテ構想」が、70ページのうち9ページも占めている。FTTHをメタル線に替えて全国に配置すれば、共通電子カルテで診療は効率化され、医療費が3割も節約できるというのである。残念ながら、見当違いの妄想だ。医療施設間でカルテ共有化ができない理由は、通信速度ではない。患者情報保護だ。


私はあまり体が強くない方なので昔から病院をよく利用します。
そういう人間から見るとこの医師の発想はあまりに利用者のことを考えてないとしかいいようがありません。
病院が変わるたびにすべてひっくり返しながら治療を受ける身のことを一切考えていないのでしょうね。
もし電子カルテの共有化ができるようになれば今までどんな症状がでていて、それに対してどのような治療行為をして、その結果が良いか悪いかがすぐわかるわけです。
そんな便利なツールを作成する努力すら感じられないこの一方的なエントリーは「競争のない」ビジネスに携わっている医師ならではの感覚だなと痛烈に批判したいです。


この方が問題にしている患者情報保護に関しても恐らくやりようによってはいくらでも方法があるでしょう。
そもそもネットの利用で「情報保護」は全て分野に付きまとうわけで、それらをクリアしながら色々なサービスができあがっているのではないでしょうか。
ネット上のHDと言えるようなサービスも今や無料で2Gまで利用可能などいくらでもあるわけですしできない理由の方が思いつきません。
また、エントリーのコメントの中にもありましたが「電子カルテをICカードにして自分で保有する」というのも非常に有効な手段ですね。
恐らく「本気でやる気があれば」絶対に可能な技術であるにも関わらず現場の医師が及び腰なのは「それをやられるとまずい」というのが本音ではないでしょうか。
カルテが自由に使えれば病院も自由に変えられるし、そうすれば今よりもより競争的な環境になるからそれはマズイ、ってことではないかと勘ぐってしまいます。


今の時代はどちらかというと「ツール」そのものはすでに完備された状態です。
もちろんこの先も益々ツール自身が発展していくことは間違いないでしょうがそれでも10年前とは環境が全然違います。
今はそのツールをいかに「サービス」につなげるかが重要であり、その気になるかどうかだけが問題でしょう。
「情報保護」なんてまるでお客のことを考えているようなそぶりをする人間には辟易します。
「できない理由」を考える前に「いかにしたらできるか」を考える人間こそこれからの時代を作っていくのはないでしょうか。


*ちなみにその手段として孫さんのいう「光の道」を使うということに関する是非はまた別の問題です
10:19  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.18 (Tue)

「感情から数字」ではなく「数字から感情」への転換

今日のエントリーは漫画「マネーの拳」を取り上げます。
この漫画は受験を題材に取り扱った「ドラゴン桜」を書いた三田紀房氏の作品です。
ドラゴン桜の題材は上記したように「受験」でしたが、こちらは「ビジネス」「経営」が題材となっています。
この漫画を読むと会社を経営するということがサラリーマンとして働くことといかに違うかを思い知らされます。


よく「社長」として大事な資質は何かという話がありますが私が一番よく聞くのは「お金に執着があること」です。
会社は利益を出し続けることで生きていけるわけで、その会社のトップである社長がそれに対して最も執着心をもっていないといけないわけです。
人間はどうしても「感情」というものが先行してしまいがちですが「感情にとらわれた経営」というものは遅かれ早かれ破綻することになります。
この「感情」というのは三田氏の一環したテーマのように感じるもので、ドラゴン桜でも散々でてきたワードです。


この「感情」というものは日本において大きなテーマの1つではないでしょうか。
教育にしてもビジネスにしてもなんとなくみんなが大事にしなければいけないもの、という共通の感覚があるように思います。
しかし三田氏の場合は常にその逆を提案し「数字こそ命」というテーマをどんな作品でも掲げているように思います。
本来毛嫌いしてしまうような表現ですがあえてそれを前面に出すことで魅力を生み出しているように感じます。


さて、このマネーの拳ですが登場人物が本当に面白い。
いかにも自分自身のような「感情」にとらわれる人材と「数字こそ命」としてどんどん利益を出していく人材の激しいバトルが展開されます。
数字を大事にする人々のやることは漫画だから表現を誇張しているのか、現実もそんなものなのかわかりませんが一見えげつないように思えるでしょう。
というか物語前半は本当にえげつないです。
しかし、その本意がわかってくる後半は非常に論理的に感じるしそれが魅力にもなっています。
そして最終的には「数字」にこだわって結果をだせば人の感情は結局満足がいくということを示しています。
もちろんあくまで「漫画」なので結論ありきでストーリーを作っているわけですが共感できる部分は多々あります。


最近私が仕事上で感情との対峙をしたシーンは機器を発注するため商社の営業さんしたやりとりです。
うちの職場はかつて同じ商社の営業さんばかり使っていてそのことを私は不満に思っていました。
その営業さんは確かに優秀ではあるんだけどやはり同じ人にだけ頼んでいたら絶対金額的には高くなるしリスク管理という意味でも分散させたいという思いがありました。
そこで、色々試してみて現在は複数の商社さんとやりとりをしています。
そんな状況の中久しぶりに高額の機器を購入することになったのですがそこで問題発生です。
そこの機器メーカーが正規に利用している商社さんは前に色々不手際を起こしていたので私の判断でそこを利用したくないといいました。
そして他の商社に見積もりを取らせて1円でも安くしたところから購入するということにしたのです。
そうすると当然ですが金額は予定よりもずっと下がり、そこからさらに検討して最終的には数百万くらい安くなりました。
なんだか機器の値段のつけ方がいまいちわかりませんが、それはともかく「感情ではなく利益を最優先させた」という実例です。
でも実はこのやり取りって正直に言えば心の中でどこか抵抗があったんです。
やっぱり正規の商社をこちらの都合で勝手にけってさらにガンガンに絞っていくことはあまり気持ちのいいものではありません。
しかし、両者にとって長期的に見た場合本当に大切なのはやはり「利益」を優先させることではないかと今では考えています。



このようにドラゴン桜でもマネーの拳でもどちらもある意味で非常に冷たい判断の連続です。
そんな2つの漫画に共通なのは「数字」だけではなく実はその反対でもある「情熱」というものだとも思っています。
ドラゴン桜で私の一番好きなセリフは散々受験テクニックを教えつつも根っこにあるものは結局これなんだと言わしめた下記のセリフです。

真面目に努力…これが成功への一番の近道なんだよな

そして、マネーの拳では冷徹に数字を求め続けたけれど根っこにあるものはやはり想いなんだと言わしめた下記のセリフです。

商売をする目的は人を幸福にするため

どちらも漫画を全巻通して読むことで本当の意味が伝わると思います。
下手な自己啓発書なんかよりずっと価値があるであろうこの漫画、特に商売から遠いポジションで働いている私のような方には特にお勧めです!
21:35  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.15 (Sat)

ネオサラリーマン

前回のエントリーで紹介した先のブログを読んでてけっこう考えさせられました。


ニートの海外就職日記


私自身、読んでいてすごく共感できる部分はたくさんあります。
このエントリーで取り上げられている日本とシンガポール(または一般的な欧米)との対比で日本が下記のようにとりあげられていることにも共感できます。
■ 無駄な仕事も拒否できない。そもそも無駄な仕事など無い事になっている。
■ 仕事終わっても回りの目を気にして帰ってはならず、意味のない付き合い残業をする。
■ 改善提案など、ただ楽をしたいだけだろうと即座に却下される。根性で働けという。
■ 奴隷型顧客満足第一主義がはびこっており、それに伴って労働者が奴隷になる。
■ 労働者はタダ働きを厭わないと思っているので、低労働生産性が放置される。
■ 長時間労働が労働意欲の表れであると労働者自身がアピールする。

本当に意味のないことを意味がないとわかりつつも変えられない日本の企業システムは大嫌いです。
本来なら互いにカバーできればいいのにみんなで監視しあって休まずひたすら働く姿を「みんなで休まず、みんなで不幸になろうキャンペーン」と揶揄する筆者の感性はみごとだと思います。



では何を考えさせられたかというと、実は自分もある部分では「社畜」なのかなと思ってしまったのです。
そのきっかけは職場に居る30代の女性達で正直彼女達からはやる気というものがみられません。
手元は動いているものの1日中実験室で世間話をし続けているのでけっこうイライラしています。
そんな時に「仕事する気がないなら辞めろよ」と思う自分がいるわけです。
その思いはリンク先のエントリー「仕事様を優先できないやつは迷惑だから社会にでてくるなw」にでてくる「社畜」人間と同じ発想なのかな…と悩む自分がいたんです。
いつのまにか染まっていたのかな…と思ってちょっと考え込んでしまいました。


しかし、私はその30代女性が毎日定時で帰ることを何も思っていません。
家庭をもっているのでむしろ定時で帰ることはいいことだと思っています。
有給に関してはむしろ自分も今回の連休を有給を使って11連休にしたりとしっかりとっています。
また「人生=仕事」という価値観も音楽というかけがえのない趣味をもっている私としてはありえません。
だだし、私は残業をよくしますがそれは単純に趣味が仕事になったといってもいい現在の「研究」というものが純粋に楽しいので必要に応じて残業をします。
ですから「意味のない残業」「非効率な残業」は絶対していないと思います。
本来は「残業が0」で働けることがベストだと思うし、できれば残業代で賃金がコントロールされないように「年俸制」にして欲しいと思っています。


そして私がイライラしているのは「定時の間はキッチリ働けよ!」という思いがあるからです。
あまりにダラダラとした仕事をするのでそこが仕事の律速段階となるので腹が立ってくるんです。
しかし、リンク先のエントリーを色々読んでるとこの人からみたら社畜なのかもしれないな…とも思うようになりました。
そこで社畜の定義を調べたいと思いwikipediaを除いてい見ると下記のようにあります。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、企業に飼い慣らされてしまい自分の意思を持たなくなったサラリーマンの状態を指し示したものである。「会社+家畜」から来た造語で、揶揄している。会社人間、企業戦士などよりも、批判が強く込められている言葉である。

ここで大事なのは「自分の意思を持たなくなった」という箇所ではないでしょうか。
恐らく自身の価値観をすべて会社にゆだねた状態になっているということだと思います。
そして私自身ははっきりと「そんな状態にはなっていない」と断言できるので「社畜」ではないように思います。


私自身はリンク先でいう「ネオニート」になりたいとは思いません(というかその言葉の定義がないので何を指しているのかわからないのですが…)。
仕事はやはり大事だし、いろんな仕事が存在して社会全体を回していると思っています。
ただし、仕事が大事であることと人生が大事であることはまったく重なりません。
人生というかなり大きな枠組みの1つのカテゴリーとして仕事が存在するというのが私の中の正しい表現です。
ただし、やる分にはキッチリやりたいからやってるときは「自分で考えて」全力で取り組みます。
これこそ「ネオサラリーマン」だと思いますが、世界的に見ればそちらが普通なのかもしれませんね。
ただ、のめりこめばのめりこむほど視野は狭まっていくものだと思うので今回のエントリーを良い機会として改めて自分らしい仕事のスタイルで取り組んでいきたいと思います。
10:10  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.12 (Wed)

社畜が会社と社会をダメにする

今回は日本の保守の溜まり場とも言える「発言小町」からの話題です。


仕事様を優先に出来ないヤツは迷惑だから社会に出て来るなw。


働くママが「有給休暇の取得」について発言小町で相談したことを取り上げたエントリーです。
もう反応が予想通りでそもそも発言小町でこんな相談をするのが間違いだと言わんばかり。

自己中心的な考え方がやめられないなら、その職場をおやめなさい。

権利を主張するなら義務は果たしましょう。【働くママ】をやってるのはトピ主さん個人の都合でしょ。会社も先輩も関係ない。

先輩はほとんど休まないとのことですが、当然です。それが責任ある社会人の態度だからです。


もうなんというか、完全に「社畜」の集まりですね。
なぜ有給をとることが「自己中心的」とか「権利主張」、「責任ある社会人の態度」なのかが全然意味がわかりません。
こういう人間に限って何を目的に仕事をしているのかわかっておらず、会社にいることが仕事だと思ってる場合が多いです。
仕事の目的は利益を上げることであって「有給をとらないこと」ではないのです。


こんなしょうもない意見よりも相談者の意見の方がずっと価値があるものです。

二人で協力して仕事をしていけばいいのにと思うのに先輩はほとんど休みません。有給は権利なので利用すればいいと思うんですが・・。仕事も大切ですが、家族も大切です。

そう、互いに支えながら仕事をすれば本来まったくないはずです。
私自身もそういうスタンスで仕事をしていますがこれを理解できない人間は確かにうちの職場にもいます。
そういう人間ほど非効率な仕事をして全体を見ていないことが多く、結局は「利益」に結びつかないことの方がほとんどです。
逆に互いに支えあうということを意識できる人は「自分の強み」を分かっている人であり、また何を補えばいいのか考えて仕事できる人なのでむしろ「利益」に繋がることのほうが多いでしょう。

さらに、「仕事も大切ですが、家族も大切です」とはっきり言えることが大事です。
家庭をないがしろにしているようでは何のためにお金を稼いでいるのか全然わかりません。
家族で楽しく暮らしていくために仕事をしてお金を稼いでいるのにギスギスした職場環境を作って何が楽しいのか、私にはまったく理解できません。


だけど少数派ではありますが同意見の方もいるようです。
しかも経営者から意見がこれです。

有給を堂々と取ってください。取リにくいのは、はっきり言って上司や経営側の怠慢ですよ。
仕事なんて無限にあります。もし、ある従業員が有給を取って、仕事が忙しくなったら、それはその人の問題ではなく、労務管理に責任を持つ上司と経営者の責任です。


すばらしい意見ですね!
ちなみにうちの職場は有給取り放題です!
私自身は有給もバッチリとるし「利益」も1番生み出していると自負しています。
根性で利益が出る時代はとうに終わったということです!


21:15  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.09 (Sun)

iPhoneで電子書籍初体験

長期連休のためしばらくブログをお休みしていましたが再開したいと思います。

帰省したときに友人が当ブログをこのように評してくれました。

今や日本のサラリーマンにとって日経とAsepticRoomのチェックは欠かせない

もちろん冗談ですがそんなことになればこのブログだけて食っていけそうですね。



さて、今回の話題は「電子書籍」です。
電子書籍専用の端末であるKindleが発売したり、日本でももうすぐiPadが発売するなどかなり話題になってきているのではないでしょうか。
話題の盛り上がりと共に賛成・反対の意見が各所でぶつかっています。
ですので当ブログでも取り上げたいと思います。


私の結論を最初に述べるともちろん「賛成」です。
あえて「もちろん」とつけたのには理由があります。
その理由は「電子書籍を賛成したから紙書籍がなくなるわけはない」と考えているからです。
ですからそもそも反対する理由がわかりません。
よくある意見が「やはり本は紙のほうがいい」というものですが「やはり紙がいい」という意見が残っている限りかならず紙書籍は残るわけで電子書籍を批判する必要はないはずです。
恐らく電子媒体と紙媒体で住み分けが進んでいくことが予想されるわけで、そう考えたときに「賛成・反対」の二元論は本当に意味がないことだと思います。
重要なのは新しい技術をどう利用していくかであるので私の結論は「賛成」としました。


住み分けについても色々な意見がすでにでていますね。
例えば「雑誌」なんかは短期的な意味合いしかそもそも持たないので電子書籍にうってつけではないかという意見は多いように感じます。
あとは「ビジネス書」やそれに類する本も「鮮度」が命なので電子書籍に向いていますね。
逆に小説などは「本」そのものに価値を見出す人が多いのでこれからも紙書籍として残り続けるか、電子書籍でヒットしたものだけ「紙書籍」になれるという紙書籍のブランド化が起きるのかもしれません。


そして私も最近電子書籍を初体験しました。
最近iPhoneを購入したので早速電子書籍を試してみたのです。
本のタイトルは「iPhoneとツイター」というまさに今の時代を扱う本であり電子書籍にピッタリの内容です。
iPhoneでは見にくいんじゃないかと懸念しましたが、そんなことはなく「いつでも・どこでも」読めるという電子書籍のメリットが最大限に生かせるハードなのでかなり気に入っています。
外に出かけるときも今までは「携帯電話・iPod・本」の3種類が必要だったわけですが、iPhoneがあるとたった1つで3つの機能を果たすので本当に便利です。
これからは電子書籍が絶対に伸びる!と確信するぐらいの快適な「電子書籍ライフ」を送っています。


しかし日本の最大の問題点は「出版業界が反対している」ということです。
電子書籍化するには当然今までのデータも含めて全てWebで利用できなければ意味がありませんがその部分で難航しているようです。
ですからせっかくKindleやiPadを買っても日本語の本がなければ少なくとも日本人にとってのメリットは大きく減退してしまうということです。
しかし、実際の感覚ではすでにiTune StoreのiPhone用アプリを見るとかなりの数の電子書籍があるしアゴラブックスなる電子書籍プラットフォームが立ち上がるなど良い流れに向かっているように感じます。
この流れを見れば出版業界がいくら反対していてもいつかかならず開放しなければいけない日がくることでしょう。





18:22  |  経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。