*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.30 (Wed)

夫婦別姓賛成論

今日は久しぶりにニュースからのエントリー


夫婦別姓、首相は「まだその段階ではない」 法相と少子化相が連携


 鳩山由紀夫首相は30日夕、千葉景子法相が選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案を来年の通常国会に提出する考えを表明したことを受け、「法相としての思いを述べたものだと思う。これから閣議できちんと決めていく必要があるから、まだその段階まで至っていない」と述べた。

 夫婦別姓により、家族のきずなが損なわれるとの懸念に関しては「必ずしもそういう認識を持っていない」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。



まだどうなるかわかりませんが、夫婦別姓が法案として通りそうな雰囲気がありますね。
ただし反対意見もかなり多いように見受けます。
あいかわらずYahoo!ニュースのコメント欄は批判的なものばかり。
もちろん「もっと先にやることあるだろ」というつっこみには同感しなくもないですが、上記のニュースにあるような「家族の絆が失われる」って勘違いもいいところだと思いませんか?


こういうまったく論理が通っていない批判はそこらじゅうで見られますよね。
日本人のなかには「みんな同じじゃないと嫌だ」という考えにとらわれている人がかなりいるようです。
「産みの親より育ての親」とは昔から言われていることで、そこには苗字なんて全く関係ありません。
名字が違うと失われる絆ってどんだけもろいんだ?と思わざるを得ない。


そして、何よりこういう批判する人間のなかには「女性は結婚したら名字が奪われるのは当然」と思っているのかと思うとぞっとするな。
昔の「家に嫁ぐ」って考え方が未だにずっと残ってるのかどうか知らないけれど、完全に今の時代にそぐわない。
今の時代は「個」の時代であって「家」の時代はとっくに終わっているのに。
少なくとも自分は自分の名前が好きだし、それは将来結婚することになる相手も一緒だと思う。
だから相手が変えたくないならそのままでいいし、変えたければそれもいいし、あくまで変えられる側の問題だと思う。
もちろん、自分は例えどんなに相手を想っていても名字を変える気にはならないからそのままです。


違う観点から言うと「選択が与えられただけなのに批判する理由がわからない」というもの。
決して「これから夫婦別姓にしなさい」とは言ってないのに、選択肢そのものを否定するなんて考えられません。
少なくとも自分は夫婦同姓にできる権利はそのままあるのに、自分の思想を押し付けて選択肢を奪うことが正しいことだと思っているんだろうか?



とにかく自分は夫婦別姓に賛成です。
これからは少しでも「偏った性別象」を消して、より「個」そのものを浮き上がらせるような社会になってほしいです。
あくまで性差は生物学上あるので、その差を活かしつつ「自分という存在を他のなにかのせいにしない」、そんな生き方を多くの人ができるとよいのではないでしょうか。
そのためにもまず自分自身がそうなれるよう努めたいと思います。
スポンサーサイト
20:59  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.27 (Sun)

スリランカ ~輝く島~

かなり更新が遅れてしまいましたね。
それというのもシルバーウィークに旅行に行ってきたからです。
その場所は…スリランカ!
なぜスリランカを選んだかというと友達がインターンでスリランカに行ってるんです。
正直、理由になってませんが、まぁ動機なんてそんなものでいいでしょう。


スリランカは発展途上国です。
って言わなくてもわかりますよね。
ただし、想像よりもかなり発展している国でした。
自分が今まで行った海外はニューヨークとカンボジア、そして今回のスリランカです。
なのであまり比べる先が少ないのですが、カンボジアとは比べ物にならないくらい発展していました。特に電気のインフラがすごいですね。
かなり山奥にいっても電線がひかれていて、本当に奥まで行くとソーラーパネルが設置されていました。
あのパネルはどこかのNGOかなんかが設置したのかな…とにかく不思議な光景でした。


元首都でスリランカで最大の都市コロンボには日本顔負けの施設も多くありました。
特に「ODEL」という商業施設はまるで日本のデパートのようで非常にきらびやかであり日本のものと全く遜色ありません。
途上国は格差が激しいと聞いていましたが、まさにその現状をまざまざと見せつけられました。
そのほかにも日本と同じくらいの価格のものが売られているとってもおしゃれな雑貨屋など多数存在し、少なくとも金持ち層はむしろ先進国よりお金を持っている印象を受けました。
経済の急成長は人々にチャンスを与え、それに乗っかった人々はかなり裕福になれたということですね。
恐らく日本でも成長期にはこうしたことが起きて、それが今の大企業などとして表れているのではないでしょうか。


それにしても海外に行くと本当に多くの刺激を受けます。
最近は若者の海外に対する憧れが減少していると聞きますが、もったいないとしか言いようが無いです!
テレビで見たり聞いたりするだけでは得られない何かが確実に海外にはあります。
なのでこれからも時間があれば海外に行き続けたいです、次はまだ言ったことのないオセアニアかヨーロッパかな。
今回利用できた「シルバーウィーク」が毎年あれば最高なんですけどね。
しばらくはスリランカで感じたことを自分のなかで消化していきたいです。






応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
22:11  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.18 (Fri)

自信

前のエントリーで書いた報告会が無事終了しました。
まだまだ短い社会人としての経験の中でもっとも大きいプレッシャーを感じた仕事です。
計画性がまったくないわけではないもの、準備は万端とはとてもいえない状態でした。


さて、その結果ですが上司からは上々の評価をいただきました。
また、参加された他の大学・企業の方々の評価も十分だったと思います。
つまり成功といってもいいのではないでしょうか。
終わった日は喜びよりもほっとした思いの方が強く、また祭が終わったような寂しさも感じました。


その大きな報告会で感じたことを書きます。
まず大学の研究について。
木を見て森をみず
大学時代から少しは感じていましたが、あれほどはっきり感じたことはありませんでした。
自分の心配の1つに、自分達がやっていることがあまりにプリミティブなので大学の最先端の研究にはついていけないのではないかというものがありました。
しかし、どちらかというと大学の研究は例え様々な技術を用いていても、あまりに短い範囲を見すぎていてそれをどう使うかという発想が全くないものでした。
まさに、前書いた「システム概念の欠如」そのものです。
あまりに自分の範囲を守ることに必死で、いかにも「小さい」と感じざるを得ませんでした。
迷ったけれど博士に進まなかったことは正解でした。
少なくとも自分の性格にはあってないです。


次に企業の研究についてです。
こちらで面白い傾向は「企業規模と研究力・プレゼン力は比例する」ということです。
「学歴と社会人としての能力は比例しない」というのが社会人になってからの感想なですが、企業力はあれだけはっきりでるんだなと驚きました。
やはり大手の企業の研究内容はかなり高レベルかつ緻密、対して中規模になるとあまりパッとしません。
プレゼン力も大手は堂々としており質問もある程度しっかり答えていますが、中規模になるとこれまたパッとしません。
それどころか、今回は「こんなレベルでいいのか…」と思わざるを得ない企業も見られました。
あの企業には転職できないな…。
もちろん、今回そろった企業がたまたまそういう傾向を示したかもしれませんが、やはり企業力ははっきり比例する可能性は高そうです。
よく言われる「中小企業の技術力」はエンジニア部門に限ったものなのでしょうか…。



今回の報告会でかなり自信がつきました。
報告したデータのなかにはかなり反響を呼ぶものもありこれ以上ない結果です。
っといっても反響を呼ぶだけあってその現象事態はさっぱり理解できないのですが…これから面白い材料ができて非常に嬉しいです。
何より、そのデータを担当したのが自分なのでこれから先もその実験は自分が先導してやれそうです。
うまくいけば論文にもなりそうなので、ますます力が入ります。


特定派遣として働いてこのような状態にいるのは本当に極上の環境と言えます。
これから先、このような環境で働けるチャンスは少ないと思うので、ここでしっかりと結果をだして次へ繋げたいです!




応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
21:23  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.12 (Sat)

システム観念の欠如

新しい仕事場に派遣されてはや5ヶ月が経とうとしています。
そして、来週にかなり大きな結果報告会があるんです。
そのため、最近はかなりのハードスケジュールで今週はそのピークでした。

ただ、その忙しくなった原因は今の職場の「計画性」が弱いことにあると思っています。
「計画性と効率」は自分が常に考えていることだけに歯がゆい思いです。

計画性と効率がうまく機能しない原因の1つは上司の突発的な指示にあります。
自分としては後々必要になるであろう実験計画を立てているのですが、上司の突然の思いつきや指示によりかなり計画がくるうことになるのです。
もちろん、上司の指示なのでやりますし的も外れていない指示だと思います。
ただ、大概の場合その指示は今すぐやらないと間に合わないようなものばかりで計画を立てる意味がなくなってくるわけです。
実験というものは1日で完結するものもあれば、3日、5日、またはそれ以上のスパンをみる必要があるものもあります。
社会人なので土日に行くわけにもいかず、もともと大学での研究と比べどうしても非効率にならざるをえません。
そこから、さらに突発的な指示がくると大きくずれてしまうわけです。
その指示にある程度余裕があれば、それを計画に組み込みつつ最適な計画を立てたりできるわけですが、大概の場合そういう猶予はなかったりします。
そのため、他の研究員は計画を立てることをなかば放棄しているようにも見られるのです。


第2の問題が上記の最後に書いた「計画性の放棄」です。
サラリーマンたるもの「締め切り」は本来重要な意味をもつはずです。
その締め切りを意識しずに計画性を放棄しているためうまくいくはずがありません。
例え上司が上記した様子だとしても、常にそういうわけではないので逆算をしながら計画性を考える必要があります。


最後に最も重要なことは「全体を見ずに個別に対処している」ということです。
仕事・研究というものはある「目的」に対して進んでいるものです。
その「目的」を達成するためにはどういう仕事をしたらいいのか、どういう実験を組んだらいいのか、を考えていく必要があります。
しかし、今の職場はその逆で「今やってる実験結果を目的に繋げる」という感覚が蔓延しているように感じます。
今やっている実験が目的に対してどういう位置にいるかを考えず「気になるから」「もっといいものにしたいから」という理由だけである1点を極めようとしすぎているように感じるのです。
しかし、全体を考えた上で例えば工程がA→B→C→Dとあった場合に全てにおいて100点を取る必要はないのです。
まず目的そのものがどの程度の精度を求められているかを考える必要があります。
その上で、全体の仕事・研究を最適化するときにAは80点ぐらい、Bは50点でよくて、Cなんかは40点くらいでいいけどDは95点を目指す必要がある、などと考える必要があります。
本来50点ぐらいでいいのに100点を目指すといつになっても前に進まないため、時間ばかりくったあげく、100点をとったからといって全体に与える結果は大きくないという結果になり勝ちです。
問題というのはまず進めててみないと浮かび上がってこないもの。
なので、それぞれ見切りをつけながら仕事・研究を進めて必要に応じてフィードバックをしていけばいいと思います。


来週の報告会は本当に心配です…。
金曜にギリギリまでパワーポイントを作成したけど他のメンバーがまだ完成していない…。
自分の発表だけならともかく、メンバーそれぞれ出した結果を1つまとめたプレゼンというのは初めてな上、全体の調整ができていない悲惨な状態です。
だけど、少なくとも自分の報告分はきっちり説明したいと思います。
そして、今回の反省から報告会後は少しでも職場改善ができたらと思います。





応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
10:30  |  仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.08 (Tue)

はやくも迷走

なんというか、予想通りだけどさっそく民主党が色々やっちゃってますね。


まず嫌なのが「社民党・国民新党との連立」について。
世界ではどうなのかはわからないけど、日本の与党って当たり前みたいに連立しますよね。
でもそれって普通のことなんだろうか?
選挙ではそれぞれ国民の思いがあって政党を選んでるのに勝手に連立しちゃったらそれを裏切るような行為とも言える。
あくまで票を入れたのは「民主党」であって、決して社民党でも国民新党でもない。
っというかどちらかというと票を入れたくないような党だからなおさらいやんなるなぁ。
せめて渡辺さん率いる「みんなの党」なら「脱官僚政治」の代表みたいな党なのでむしろ応援できるってもんです。
悪いのはネーミングセンスくらいでしょうか…。
それに、議席数が社民、国民新党がそれぞれ7と5なのでたいした影響力はないから大丈夫だと思うけど。
ほんと、今回の連立は「形だけの連立」になってほしいです。


あと「1990年比で温室効果ガスを25%減らす」ことについての宣言もがっかり。
そんな意味のないことやるより、ヨーロッパの連中に都合のよい「1990年」ということについてもっと抗議をしてほしい!
「環境先進国」である日本が1990年から減らしたってたいした効果がないことは政治家なら知ってるはずでしょう。
ヨーロッパ主導の環境問題についてむしろ「日本はこれだけエコな商品を作ってんだから見習え」と逆にリードして欲しいもんです。
産業界が猛反発するのも当たり前です!
今の日本に必要なのは「経済成長」であって正しいか間違ってるかわからない説にこれ以上のっかっている場合じゃないしょう。
ってか温暖化ガスが本当に正しくても日本が25%減らすことでどれだけ貢献できるのかしっかり数値で把握してほしい。
実際には1%にも満たないはずだら、ほんと無駄です。



これからもしばらくはこの「迷走っぷり」がはっきされるんだろうなぁ。
頼むからさっさと「現実路線」への転向をお願いします!





応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

22:21  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.06 (Sun)

ネット世界の常識、非常識

前にも書いたけどやっぱ不思議です…。

なんでネットの世界は自民党支持で、さらにまるで右派のような人種が多いんだろうか。

自分がたまたま見てるだけかもしれんけどYahoo!ニュースのコメントや各種ブログランキングの上位に入る内容は大概そんな感じだ。

今回の選挙であれだけ圧倒的な勝利を収めたにも関わらず、ネットの世界ではなぜこれだけ偏るんだろうなぁ。


そういえば少し前にテレビで「知られざる右翼と左翼」というタイトルでそれぞれの活動を取り上げた番組を見ました。
右翼と左翼というより、かなり右翼の内容が多いものでしたが。
そんななかで、若い人たちの右翼集団を取り上げているものがありました。
全然知らなかったんですが、法政大学では未だに学生運動が盛んみたいです。
ただし、学生運動というよりは学生または学生くらいの歳の人たちの集団という感じでしたし、何より法政大学の学生が中心になっているというわけでは全然ありません。
むしろ法政大学の学生は毎度の騒ぎに迷惑をしているようです。


この学生運動というか右翼というか、とにかくその集団は「中核派」と呼ばれる人達でした。


んで、今調べたら「中核派」は左翼だった…自分の中の右翼と左翼の違いがまたごっちゃになったようだ…。
自分のイメージでは右翼=天皇万歳で古きよきの伝統を守る、左翼=日本は反省することばかりなんだから諸外国に謝ろうよ、という漠然としたものでした。
んで、右翼が暴力を用いた革命で左翼は知的に語るというイメージでしたが、どうもそんなことないみたいですね、中核派はバリバリの「力による革命」を掲げている団体のはずですから。
左翼は現在では「労働者革命」を掲げているようですが、資本主義を否定してるのかな?社会主義を是としてるのかな?ちょっと自分の理解が曖昧ですがそんな方向だと思います。


それで話を戻すと、そういう20歳前後か少し過ぎたくらいの若者達が共同生活をしながら法政大学で学生運動してるわけですよ。
そして、そのテレビの取材などで話を聞いているとちょっとびっくりしてしまうんですよね。
話を聞くとまるで如何わしい宗教に洗脳された信者のようで、自分達が間違ってるなんてこれっぽっちも思ってないんです。
学生運動を通じて法政大学に迷惑をかけていても「しょうがない」の一言で済ましてしまう神経がちょっと理解できませんでした。


いろんな思想があることはむしろ社会としては健全であるので、例え理解できなくても右翼・左翼があること自体は否定しません。
つまり、彼らの主張は全く同意できないけど、そう思うことを否定できない、ということです。
ただし、2つの事柄だけは絶対に認められません。
それは「暴力」「陶酔」です。
暴力はすぐに共感してもらえると思いますが、陶酔とはどういう意味なんでしょうか。
それは「自分の行いに陶酔し、もしかしたら間違っているという考えを一切はさまない状態」のことです。
なぜなら、生き物とは間違えて当たり前の存在だから。
自分自身、例えば「人材の流動化」を意見として述べていますが、当然それにより生まれる弊害もあるだろうし、どの線が現実的に見て妥当なのかいつも考えています。
そして、どんな時代・環境でも100%問題を解決してしまう魔法のような方法は存在しない、と考えているので常に変化する心構えもあります。
なので「自分達は100%正しくて、悪いのはあいつら」という態度に嫌悪感を覚えるわけです。


ただ、可愛そうなのはすでに若者による中核派の存在意義はもうないようで、組織の上の人達にとっては「組織を維持するためだけの存在」に成り下がっているようです。
自分としては一刻も早く彼らが自分達の人生を取り戻して欲しいなと願わずにはいられません。



結局、最初に書いた疑問には何も答えられなかった…。
単純に暴力的思想のほうが勢いがあるってことかなぁ。
1つだけわかったのはネットは右翼じゃなく左翼の勢いが強いってことかな?
まぁとにかく「自分の生き方を他人に押し付けることは意味がない」っていうことにどちらも早く気付いて欲しいもんです。
00:29  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.05 (Sat)

自分の価値を上げる簡単な方法

シリーズ「特定派遣」


昨日、職場から1人の派遣社員が去ることとなりました。
自分の職場は上司を除いた全員が派遣社員であり、事務さんが一般派遣で研究員は特定派遣という構成になっています。
そんななかで1人だけいたエンジニアの特定派遣の方が契約終了となりました。


エンジニアの方と仕事をするのは今回が初めてです。
なぜバイオ系の研究室にエンジニアがいるかというと、実験で大型の機器を扱うためです。
その機器は今まで扱ってきたような機器とは一味違う難しい機器です。
それはなぜかというと「機器として完成していない」ということです。
なので試行錯誤で様々な条件を試していくことになりますが、その知識は当然工学的なものになるのでバイオ系研究者では太刀打ちできない。
そこで表れたのがエンジニアの特定派遣社員でした。
当たり前といえば当たり前ですが持ってる能力が全然違うため非常に貴重な戦力となりました。
さらに、エンジニアの能力はその機器だけでなく様々な場面で発揮されるのでまさに「特定派遣の鏡」だなと思ったわけです。
派遣社員というのは「その場にない能力」を持っていることが価値を高める最大の要因だと思います。
そのエンジニアはそれこそ「誰も出来ないことをやれる人」だったので、その価値はとても高いものでした。
本当に感謝とともに、円満な雰囲気の中契約終了にいたったわけです。



ここから学んだことは

自分とは異なる集団に飛び込むことが自分の価値を上げる最大の方法

ということではないでしょうか。

例えば私の場合、専門はバイオ、なかでも「微生物工学」や今やっている「タンパク質工学」「バイオマス」なのでそれらの知識は駆け出しですがあります。
なので、自分の能力を生かすためにそのような業界にいったら逆に「ただの人」になってしまいます。
周りも当然同じような分野で生きてきた人達でできている集団なので当たり前ですよね。
しかし、例えば全然違う分野に行けば自分の専門性を持っている人が少なくなり、それを生かすことができれば一気に自分の優位性を保つことができます。
さらに、そういう経験を積むことで「分野を超えた専門性」を身につけることができるので「売れっ子派遣社員」への道に一歩近づけるのではないでしょうか。


ただし、上記したことはあくまで「自分の専門性が確立した人」でないと意味がないと思います。
適当にいろんな分野をつまみ食いした程度では「分野を超える」のではなく「分野に振り回される」だけの結果となるでしょう。
なので若いうちのしばらくは派遣先が変わっても分野の大転換は控えるべきだと思います。
これは景気によって派遣先が左右されるため運もありますが、自分の場合幸運にも連続した分野での派遣先移動が出来ているので助かります。

まず、目の前にある仕事を全力でこなす

この基本さえ押さえていればいつしか「専門性」が確立され、その後に違う分野に挑戦することで自分の価値を高めることができるのではないでしょうか。


今回のエンジニアの方との仕事は本当に刺激的なものになりました。
いつしか、自分も他人に刺激を与えられるような人材になりたいと思います。






応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
09:47  |  特定派遣  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。