*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.30 (Tue)

要は、勇気がないんでしょ

ブログを流し読みしてたら、ブログの内容じゃなくそのコメントで目から鱗が落ちたので速読ならぬ(意味は違うけど)速記で紹介。

「要は、勇気がないんでしょ」
http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20080316/1205641886

このブログの内容自体は、もうけっこう何年も前から意識してたことなので、そうだね、くらいの感覚なんです。
ただ、友達の荒療治っぷりには驚きますが…。
それより、流し読みしてたコメントに書いてあったのがコレ!
「恋愛はフラれても失うものは少ない」
なんか、確かにそうだな、と思ってしまいました。
何年も付き合って分かれると「あの○年間はなんだったんだろう…」と思ったりします。
だけど、そうじゃなくて、その○年間に意味を求めるんじゃなく、その○年間かを経た現在の自分に意味を求めるのが大切なんだと思いました。
確かによく考えると失ったものより、そこを経て成長した自分がいて、また1人になっていろんなことをやってきて減るどころかむしろ増えてんですよ!
文章にするとなんて当たり前のことなんだろうと思うけど、1つ勉強になりました。


ちなみにブログの内容の方ですが、全面的に賛成です。
これは恐らくですが、会社の典型的な状態として、営業は研究所に無理言うし、研究所は営業の愚痴を言う傾向があります。
けっこうどこの会社の話を聞いてもそうなんですが、どうでしょう?
でも、これ愚痴っても意味ないですよね~。
愚痴を言うことで気分を発散できるタイプならお酒の場で言う分には全然問題ないかもしれないけど、基本的に人間ってネガティブなこと言うと自然とネガティブな方向へ向かうようにできてると思うんですよ。
それに、本当はみんな営業の無理が意味あることってわかってるんですよ(と思う)。
実験とか実際にやってる側は、自分らでなんとなくコレは無理とか思っちゃうけど、門外漢だからこそ「これできるでしょ!やってみてよ!」と無理を言い、それに挑戦することで新しい方向が見えてきたりする。
まぁ実際には無理なもんは無理だったりする場合もありますが、基本は、特に自分のような下っ端は常に「できる」ってことだけ考えて仕事をすればいいと思います。
できると考えて動くのが部下の仕事、できないラインを見定めるのが上司の仕事。
こういった態度でこれからも仕事に臨んでいきたいです!
実際、最近この無理のせいで?無理なんじゃないのと思ってたことがやってみたら全然いけるじゃん、という流れになったのでやっぱ大事ですね。



ちなみにメーカー系の仕事って生産・営業・研究の3段階にわけるとすると研究がすごく立場弱いと感じます。
生産は実際に物を作るし、営業はそれをもとに実際にお金を得る。
だけど研究はひたすらお金を消費し続けて現時点での価値が見えにくいんですよ。
でも、仕事納めの日に次長さんがいいこと言ってくれました。
「今年もいろんな問題があったけど、研究所というのはその問題を解明していくのが仕事であって問題があることが正常な状態である。だからこういう仕事に取り組めることを誇りに思ってほしい」
だいぶ端折りましたがこんな感じのことです。
っつーわけで来年からも誇りを持って微生物達と戯れたいと思います。


さて、明日は大晦日ですね。
明日は時間をたっぷり使って1年を振り返ってみようと思います。
スポンサーサイト
15:24  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.27 (Sat)

書評短編集

今飲み会から帰ってきました。
もちろん今日も飲んでませんが、頑張ってテンション上げ続けて話し続けたかいはあったと思う。
今日のクライマックスは「仙豆があったらマジ食べたい!」だそうですww
こっそり音楽の真面目な話もがっつりしたのでこれからどんどん自分の考えを話し、そして周りの考えを知れたらなと思います。

今日は予定していた胃カメラの日…。
でも2回目のせいか前ほどつらくなく、なんとか乗り切りました。
それでもやっぱりけっこう辛いけどね…。
あと、自分が胃下垂であることも思い出しました。
けっこうすごい胃下垂らしくて看護師らしき人がびっくりしてたな。
どうりで食っても太らないわけだ。
これは特に女性にうらやましいと言われるけど、とんだ思い違いですよ!
食っても太らないはイコール食わないとどんどんやせてく、つまり食いたくなくても食わなきゃいけないから辛いです…。
1人前でお腹が膨れる人が羨ましい…。
俺の内臓はやれ胃下垂やら、やれ脾臓肥大やら、腸は昔から弱いわ、えらいことになってるな…。


さて、明日帰省するわけですが、その前に今年読んだ本をまとめとこうと思ったけど時間がない…明日早いんで。
明日はめちゃスケジュールを詰め込みすぎたから大変そうだ…。
ってわけでメモ程度にお勧め本を書いときます。
時間がないのでAmazonでいうところの主観評価で星5つ本をリストアップ!

・さらば財務省~官僚をすべて敵にした男の告白~
・不思議の国のM&A
・パラダイス鎖国
・夢をかなえるゾウ
・まぐれ~投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか~
・ウェブは資本主義を超える
・1997年-世界を変えた金融危機
・雨の日も、晴れ男
・若者はなぜ3年で辞めるのか~年功序列が奪う日本の未来~
・日本の「安心」はなぜ、消えたのか
・日本をダメにした10の裁判
・最底辺の10億人全ての経済はバブルに通じる
・霞ヶ関をぶっ壊せ
・暴走する資本主義
・iPs細胞~ヒトはどこまで再生できるのか?~
・リクルート「創刊男」の大ヒット発想術

ジャンルもバラバラで短いコメントも入れようかと思ったけど時間がないのでこんなところで。
年明けに時間があれば書いてみよ。
星4つとか3つは全部はずして5つのみピックアップしてみたので全部本気でお勧めです。
中でも「ウェブは資本主義を超える」は自分のバイブルです!
この本で自分の読んでいく本の方向性は決まったかも。
1年の振り返り作業は実家でもできるから実家でやろ。


さて、9連休は仕事始めて初めての長期連休ですが、以外と今の家を去るのがすこし寂しかったりするのが不思議です。
住んで8ヶ月だし、それなりに思いいれができてるようですね。
何より1人の気楽さがなくなるのと、実家に帰って生活がだらけないか心配ですが…。
でもメリハリが大事なんで帰省したら久々に再会する友達とか後輩と思いっきり楽しもうと思います!!!
何度もいいますが、飲み会の連続でも酒は飲めないのであしからず…完全復活までもうしばらくお待ち下さい。
22:56  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.23 (Tue)

やりました!

社会人になってから始めたTOEIC。
とりあえずリスニングが苦手だから朝の30分+通勤電車のなかでポケットサイズテキストを2ヶ月くらい続けて初めて受けた7月に500点台。
(正確には大学1年のとき、ノー勉でとりあえず受けたらズタズタだった…)
あれだけの勉強で500点台とれるもんなんだな~と気をよくした自分(基本単純なんです)は朝+通勤+夜勉をコツコツ続けて来ました。
一応会社の指定で600、730、800点に1つの壁が設置されてたので、今年度の目標は目指せ600台!
そして昨日結果が出たんですが…なんと700点台!!!
Webで確認したんですが、これ平均点じゃないのか?何か別の見てるんじゃないか?と何度も確認しました。
でも、もちろん自分の点であり、嬉しすぎて勉強してること知ってる人に電話やメールしまくりですww
大学の後輩と勝負してるんですが、連絡したら奴も10月のテスト受けていて点数をかなり伸ばしていたものの勝利!先輩の威厳が保ててよかった…。
次は目指せ800点超えで、目標として来年の5月のテストまでにとってみせます!

Before
ナノブロック

After
ブロックオリゼー

写真のアイテムは自分へのご褒美ってわけでは全然ないですが、漫画「もやしもん」7巻の限定版のおまけです。
これ、ナノブロックっていうらしいんですが本当に小さくてかなり大変で、40分くらいかかりました。
でも、子供の頃やってたプラモデルのようで久しぶりに「男の子」に戻った気分で楽しめました!
昔はよく作ってて、さらにただ作るんじゃなくて改造したりして時々友達の弟とかにあげたりしてましたね、なんだかそんなことを思い出して少し懐かしさに浸りました。
けっこうかわいくないですか?モデルはAspergillus oryzaeって微生物で酒、味噌、醤油の製造で大活躍するやつですよ!
7巻は冒頭に腸内フローラの話があったり、酒・味噌・醤油等についてストーリーが展開したりとまたまた熱かったです!
こんなことで熱くなるのは農学部の中でもごく少数でしょうが…やっぱり熱い!
ちなみに自分も今手作り醤油を作成中で、すでに大豆はかなりいい感じでかもされてます!
あとはゆっくり熟成するだけなので出来上がりが楽しみです!
でも自分の作った醤油を食すのは勇気いるだろうなぁ…。



さて、ここでガラリと変わって真面目コーナーへ。



前の日記で書いた二人組「麻生・与謝野」は書いた通り増税に突っ走ってますね。

自民、公明両党は23日未明、税制抜本改革の道筋を示す「中期プログラム」で、消費税率の引き上げ時期を巡る表現修正で基本合意した。3年以内の景気回復を前提条件に、早ければ2011年度からの消費税増税を可能にする内容。24日に両党内の手続きを終え、同日中に政府が閣議決定する方針だ。

予想通り過ぎて非常に残念です。
お金の使い方に関する検討は一切聞こえてこない状態で、まず増やす発想はありえない。

さらには

税収は、景気悪化で法人税収が伸び悩み、当初予算での見積額より7兆1250億円減らした。これを補うため、6兆6890億円の赤字国債を追加発行する。建設国債の追加発行と合わせ、08年度の新規国債発行額は33兆1680億円に膨らみ、3年ぶりに30兆円を超えた。

国債がいつでも使える自由なお金だと思ってるふしがあるな…。
発行したら発行した分だけ将来の負担が確実に増してるのに。

時々名前をだす経済学者、池田信夫さんがブログで恐ろしいこと言ってます。
このまま「景気対策」でごまかしを続けていると、20年後には日本は――北朝鮮とはいわないまでも――ラテンアメリカのように国家として破綻するおそれが強い。私の世代は、そのころには食い逃げしているのでちっともかまわないが、今の30代以下には地獄のような老後が待っていることは覚悟したほうがいい。世代間の負担だけでなく、日本経済の衰退によって分配の分母となる所得が減少してゆくからだ。父殺しのエネルギーは、暴力革命以外の方法で使うこともできる。2ちゃんねるのようなゴミためで騒いでいても、悲惨な未来は変わらない。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/4c8f645c8574ff240554987179d1140f

自分らの世代もろ被りですね…。
この世代は親世代の借金を返すために将来苦労して、さらに自分達の子供達に自分らのせいじゃないのに、お前らが何もしなかったから、と責められる世代なんでしょうか。
少なくとも何もしなきゃそうなりますよね。
今や「円安バブル」が崩壊して、バブルで誤魔化されてた日本企業の本当の力がわかってきた。
トヨタも社長が辞任して、豊田一族にまた政権が戻るという古い体質を見ごとに見せ付けてる。
それでも国は産業の移動を指導しず、ひっしにゾンビ企業を守る。
地域の人を守るのは地域の人であり、政府には国という大きな船の舵取りをしなきゃいけないのに、選挙ウケする政策ばかり。
やっぱり選挙の構造を変えるのが長い目で見た経済対策になるんじゃなかろうか。
そろそろ単なる政治家ではなく、経済学者・社会学者・その他の分野の学者・研究者が国政に出てもいいころですよね。


まったくちっぽけな自分には今出来ることがなさすぎるけど、とりあえず今は将来のために勉強しときます。
21:16  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.21 (Sun)

笑い納め

いや~M1グランプリ面白かったですね!
何年かぶりに生で見ましたが確実にレベルが上がってるような気がするんですがどうでしょうか?
ああいう風に実力一本で競い合うとホントに面白い人達が集まってくるのでとてもいい企画だと思います!
決勝の3組はどれもほんとに面白いネタでしたが、優勝したNon Styleは確実に1歩リードしてて文句なしの優勝だと思います。
聞けば最初はストリートから這い上がったそうなので、そういうのも含めてなんだか感動的です。
お笑いという職業は人を笑顔にしてお金をもらうという職業なのでほんと素敵ですよね!
俺も大阪でストリートやりたいなぁ~もちろん楽器の方だけど。

知っている人は知ってると思いますがお笑い大好きです!
でもゴールデン系の番組はあまり好きじゃなく、深夜帯のノリの方が好きですけどね。
もちろん社会人になってからは深夜帯の番組を見ることはないんですが、今はネットでいくらでも見れる便利な時代ですから、休日の日とかたまに見ては1人笑っておりますww
特に学生時代から見てる「あらびき団」は今でもチェックしてます。
今も大爆笑してましたが、1人で笑っててもあんまり寂しくないのは自分だけでしょうか?
笑いって人によって全然ツボが違うから、他の人が笑ってないとなんだか笑いが半減しますよね。
実家だと家族と笑のツボが違うっぽいのであんまり家族の前でお笑いは見たくないんですよ。
だから1人の方が思う存分笑えました!
せっかく大阪来たんだし一度はお笑いLiveとやらにも行ってみたいな~、来年の計画に入れよ!
でもさすがにお笑いLiveに1人は寂しいからお笑い友達を作らんとな。



話は変わって映画のプチレビュー。
最近何本かDVDで見てメモっときたいんで軽く書いておきます。

まず前からみたかった松本人志の「大日本人」
これは要はテレビ「ごっつぇえ感じ」の延長上にある作品だと思います。
すっごい長いフリがあって最後の最後にやっと「松本人志のコント」ってなって笑わせる。
めちゃくちゃ賛否両論になる作品だと思いますが自分は面白いと思いました…フリ長すぎだけど。

なんとなく借りた「オリバーツイスト」
めちゃ簡単に説明すると孤児がいろいろ大変な目にあうけど最後は幸せに暮らしますって話です。
なんというか、ほんとこんな感じのストーリーなのでつまらなくはないけど、特にお勧め!って作品ではなかったです。

そしてずっと見たかった「グッドウィルハンティング」
これは昔友達に教えてもらったんですがほんとによかった!めちゃお勧めです!
これは実際に見て欲しいので詳しい説明は避けますが主人公ウィルのような深い傷を抱えた気持ちが本当の意味で理解してあげれないので、最後の辺りのやりとりはちょっとやきもきする部分があったんですが、すごい気持ちはわかりました。
矛盾したこと書いてるんですけど、そんな感じなんです。
たぶん誰にでも大なり小なり過去の出来事が自分の中でしこりになってると思うんです。
そして、そこから開放されるには他の誰かの助けがいる。
映画を見てて、自分の過去を振り返った時、今の自分のこういう性格は恐らく小学校時代のああいう出来事のせいなんだろうと、ふと思い当たることがありました。
それはウィルほど深刻じゃないけど自分も解放されることを待ってるのかな?とちょっと考えてしまいます。
でも、今は答えが出ないので、まだ留めておきたいと思います。
ちなみにショーン役のロビン・ウィリアムスは大ファンです!

最後に映画じゃないけど海外ドラマ「HEROES Vol.1」を全部見切りました。
これもほんと面白いですよ!
もともと超能力の類が大好きで、マーベルヒーローズシリーズも大好きだったりするんですが、こっちはもっと話が入り組んでますね。
毎回、そうくるか!とドキドキさせてくれるし、超能力を使うシーンは単純に面白いしツボにはまりました。
それに、ドラマでも日本と海外じゃ見せ方が全然違って、その違いも面白いですね。
あと日本人役が結局最後まで片言なのが非常に残念な感じで…逆に面白いww
英語しゃべってるときのほうが発音いいしww!
ってわけで今はVol.2が出てるんで来年はそっちも見ようと思います!



そろそろ年末休みが近づいてきましたね。
一応今週の日曜帰省予定です。
そして、まだ連絡してないけど29日辺りにサークル・音楽関係で飲み会やりたいと思ってるんで今日連絡しようと思ってたけどまだしてない…明日か明後日にしよ…。
ちなみに帰省する人はいないと思ってるので頭数にいれてないけど、俺は私はまだいるぞ!という人は連絡くれると助かります。
21:29  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.20 (Sat)

一本の道

今、「篤姫」最終回、「一本の道」を見終えました。

このドラマは篤姫と銘打っているものの、視聴者はどちらかというと「篤姫と帯刀」という捉えかたをしたんじゃないでしょうか。
幕末、明治維新というキーワードで出てくるのは、今までなら坂本竜馬、大久保利通、西郷隆盛、岩倉具視、井伊直弼、高杉晋作、新撰組などなどこの辺りがでてくるんじゃないでしょうか?
でも今回のドラマで初めて知った篤姫と小松帯刀は自分の中で外せない人物になりました。
これらの人たちがそれぞれなりの個性を最大限に発揮し、時代の変わり目という大きな流れを作っていったんだと思います。


篤姫を見てるとちょうど現代の状況と被ってみえるんですよね。
今の時代はグローバル化に伴う大きな時代の流れのなかで、それに対応できない日本がもがいているように感じます。
だからこそ、ドラマ「篤姫」のなかには今の時代を生きるヒントのようなものがあると感じていました。
時代が変化する時は改革派と保守派が存在します。
これの違いは、要は今のままでいてくれたほうが得をする人達と変わってくれたほうが得をする人達の違いだと思います。
それを感情的に利用するのが現代ではマスコミってとこでしょうか。
現代で言うとなんだろ…改革派が経済面で言えばグローバル化の流れにのって市場を日本の外に目を向けたり、IT等の新しい産業を興す・利用することや今までにない新しいキャリアの築き方をすること、保守派が終身雇用制度や肥大した労働組合、護送船団方式といわれる行政方式を固持しようとすることなどでしょうか。

変化は確かに人間なら誰でも恐ろしいものだし、なるべく避けたいところでしょう。
何のデータか忘れましたが、心理学的にもヒトは基本的に変化を避けるように習性ずけられているようです。
こんな風に書いてる自分も変化というのはかなり心身に負担をかけるものです。
しかし、あの幕末の時代に時代錯誤の攘夷論を唱え、鎖国を続けていたらどんな恐ろしい結果を招いたかは容易に想像できます。
今の時代も最初に記したような人物から学び、変化を受け止める時代に入ったのではないかと思います。
そして、このドラマの最大の素晴らしい点はこの後にこそあるんです。
変化は時に冷たく今までの流れを消しさり、所謂「痛みを伴う」改革が推し進められていきます。
そういったイメージは人情溢れる温かみのある人生とは遠く離れように感じさせます。
しかし、最後に篤姫はこういいました。
『人の幸せは地位や名誉ではない、まして財産でもない、良き友や家族と過ごす穏やかな時間の中にある』
そう、どんな時代に生きようとも変わらないものはある、それはこれだと思うんです。
今流行の「勝ち組、負け組」なんて、発想はいかにも愚かです。
勝ちというのは自分自身で本来決めるものであり、誰かに勝ちたいならそれは昨日の自分以外にないでしょう。
この考え方を実行するのがいかに難しいかは心底わかっているつもりですが、どんな苦労を伴っても達成する価値のあるものだと思います。

ここに達する上で篤姫の母からの教えが役に立つのではないでしょうか。
それは3つの教え
1.己の役割を果たす。
2.一方聞いて沙汰しない。
3.考えても答えが出なければ感じるままにせよ。
ただし、3は少し考えるとか、ちょっと考えたではいけません。
自分が知りたいと思ったことをとことんまで調べつくして、また知識のある人の話を聞いて、その先にたどり着くものだと思います。
ちなみにこれはアイデアの出し方といっしょですね。

自分の考え方はここで何度かふれたことがあるかと思いますが発想の基本は「生物学」です。
僕らが生き物である限りかならず「変化」から逃れることはできないし、変わっていく環境に抗うことは意味のないことです。
絶えず変化し続け、そして多様化を続け、今の生き物の繁栄があります。
世の中は変化する、そしていろんな考えを持つ人が生きてる、この2点を絶対に忘れることなく、この変化の激しい時代を生きて生きたいです。



ってドラマの感想からえらい方向へむかったな。
思いつくままに書いていったからいつものごとく思考が飛んでる可能性がありますがそこはご辛抱を…。
あとほんとに単純な感想は「篤姫」じゃなく「宮崎あおい」はやっぱりかわいいなってことですねww
なんか他の女優さんには感じない魅力があります。
自分は空とか海とか「青」いものが好きということを今年になって実感を伴い気付いたんですが、宮崎あおいにはその「青」に感じるイメージと同じようなものを感じるんですよね。
ただ、まだそのイメージを文章化できないのでいつかできたらしてみたいと思います。でも残念なことに宮崎あおいって結婚してるんですよね…夫持ちの若い女優さんのファンってなんだかむなしい気もするのでもうファンはやめようかなとも思ってるんですが…。
まぁそこらへんは追々…。


最後に、大河ドラマ「篤姫」は本当に素晴らしいドラマでした!
そして、自分も自分だけの「一本の道」をしっかりと歩いていきたいと思います!
15:10  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.14 (Sun)

うっぷん

本日二度目の日記です。
明日仕事なんだからさっさと寝なきゃいけないんだけど、でもどうしてもどこかにぶつけたくて…。
愚痴なんて読んでも面白くないと思いますが、どうかご辛抱を…。


自分のビックバンドに対する思いです。
ビックバンドは「個人」に重点を置くことが大切で、けっして全体から見てはダメな音楽だと思います。
まず個人がいったいどういう音楽をしたいのかを主張しあう、そしてそれがパート内で音楽的に衝突しあい(ケンカとかではなく)エネルギーがうまれる、そうして生まれたエネルギーが他のパートと衝突しあいエネルギーがうまれる、そうしてバンド全体で大きなエネルギーが発生すると考えています。
だから当然メンバーが少し変われば別のバンドになるのが普通です。
そして、コンマスの仕事はそのエネルギーをなるべく消耗させず、最大限保存した形を見つけることです。
すごい抽象的な表現が続きましたがH.R.S Swing Orchestraでコンマスしてたときの発想は常にこれです。
よく見るバンドの光景は、コンマスがこう演奏してと指示してそれにメンバーがそれに従うというものですが、これは完全なエネルギーロスです。
もちろん、コンマスが口を出すなという意味じゃなく、まずメンバー発信でエネルギーを発し、それをコンマスが受け取るという形が大事だということです。
実際、どうしても得手・不得手はメンバー間で存在するから、知識や技術を共有する場としてもコンマスが機能します。
もちろんこれは他のメンバー発信でもいいわけですが。
お互いのエネルギーをぶつけ合うことで初めて本当に音楽している状態になるんじゃないかと考えています。

また音楽作りはあくまで音楽(つまり音源)スタートであって、楽譜スタートなんてのはありえない!
テヌートと書いてあるからテヌートで吹く、クレッシェンドと書いてあるから音を大きくする、コンマスにここはこう吹けと言われたからそう吹く、それは音楽と言えるのか!?
それは絶対音楽なんてものにはなりえない!!!
まず実際の演奏を聞いて、それに対する感想を持ち(例えば単純にかっこいいとか)、なんでかっこいいのか自分で考え、かっこよくなるよういろいろ試行錯誤する!
そうやって自分なりの表現をしていくことが「音楽」となりえるんじゃないだろうか。

ほんと自分でも情けないと思うけどH.R.S swing orchestraをもう一度やりたくてたまらん…。
自分みたくこだわりが強すぎる人は自分でバンドを作らないとダメなんだろうなぁ。
今の状況を少しでもよくならないかと色々考えてるけど、根本的な部分にズレがあって、それをどう伝えたら気持ちよく受け入れてもらえるのか全然わからん…。
最強のコミュニケーション術でも身につけないと。
でも情けないこと言ってても始まらない、最低1年頑張ろうと決めたんだから頑張ってみたい。
これは音楽の修行ではなく日本社会を生きていく修行だと思う。



ほんと好きになると好きになった分辛い思いをする…人生ってよくできてるわ。
22:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.14 (Sun)

真面目系

今週は久しぶりに胃の症状がぶり返してしまいました…。
そんなに酷くはないので大丈夫ですが、ぶり返すとは思ってなかったからちょっと焦りました。
木曜がピークで市販薬で抑えつつ仕事を乗り切り、土曜に病院いったら一度胃カメラやろうかといわれ、やむなく検査の予約をしました。
もう二度とあの苦しみは味わいたくなかったんだけどなぁ。
でも医者曰く「君が昔やった頃と比べればうどんがスパゲティくらいの細さになったからだいぶ楽だよ」とのこと。
確かにネットの情報でもその病院は腕がいいらしいし、あまりかまえず検査を受けてこようと思います。


さて日記ですが、実は真面目系日記で書きたいネタがいっぱいあったんだけど全部書くわけにはいかないので(けっこう時間がかかるから)一番気になるやつ。


最近、派遣切りのニュースが飛び交ってますね。
このニュースを聞いて非常に複雑な思いがしました。

まず、即座に反応する自分の中での「感情的な判断」
この「派遣切り問題」の一番おかしな点は明らかに社会的に間違った手続きをとっているということだと思います。
法律的にはどうなのかわかりませんが、いくらなんでも「明日から来なくていい」と突然告げるやり方はおかしいでしょう。
たしかに会社が派遣を使用する最大のメリットは、正社員と違って辞めさせることができることです。
それにより、好不況や新しいプロジェクトへの対応、足りない技術の補充など融通の利く人材登用ができます。
そして、当然派遣はうちに来てくれと声がかからない限り、その派遣先にずっといるわけではないのでいつか去ることを考慮しているでしょう。
しかし、常識に照らし合わせれば辞める事になる1ヶ月前には相手に伝えることは当然でしょう。
もしそういう法律がないなら絶対に作る必要があります。
そもそも、派遣というのは常用雇用ではないんだから「リスク」をとっているわけで、その「リスク」に対し対価が払われるのは当然です。
しかし、今の状況は対価が払われるどころか不当に低い賃金、保険等の手当てもない。
そういう基本的な整備が全く整ってないことが問題でしょう。
更に言えば、そもそも不況のため会社の売り上げが下がったから切るわけですが、反対に会社が好況のときによくしてくれるかというとそういうわけではありません。
たぶん、現在の流れにのってここぞとばかりに切る会社が多いんでしょう。
そんなことをした先に、本当にその会社が成長できるのかと考えると疑問がわきます。


しかし、反対に自分の中の「理性的な判断」はこういいます。
確かに突然切られるのは許されることではない。
しかし、あまりにも自分達の「権利」を主張しすぎてはいないかと思います。
正式に満期が来たからこれで打ち切りにするといわれて、それが不当だと言うのは少し無理があると思うんです。
さらには、打ち切り後の補償をかなりの程度で派遣先に求めてますがちょっとお門違いじゃないでしょうか(ある程度しっかりした手続きをとってる場合)。
自分の派遣登録先に何か要求するなら百歩譲ってわかりますけど、派遣先との契約は最初に結んだはずですしね。
派遣はいつか派遣先を去る、それは当然のことであり常にそれを覚悟する必要があります。
そして、その前提を考慮しながら自分の今後の計画をたてスキルアップする必要があるんです。
政府は政府で「派遣社員など非正規労働者を正社員として雇用した企業に1人当たり100万円を支給する」なんて馬鹿げたバラマキ案をだしてるし。
政府のやるべきことは「日雇い派遣をやめる」とかそんなしょうもないことじゃなく、派遣という仕事を機能させるべく新しい制度作り(保険等の保障や最低賃金の上昇)をすることだと思います。
どちらの側も明らかに目先の問題だけしか見えてないのか、見ようとしてないかのどちらかですね。
現在が不景気であることは間違いないんだし、逆に言うといつか景気のいい時代がやってくるわけだから(もちろん社会全体の努力によりやってくるわけですが)それに向けて今こそ努力する時期だと思います。
生じてしまった問題の責任を「自分以外」に求めることは非常に愚かなことで「自分」の中に見出すことにより成長するのではないしょうか。
本来、普通の「社会人」ならすぐ理解できる事実だと思いますが「会社に何かを求める」のは非常にナンセンスで「人(自分が90%)に何かを求める」方向で初めて意味がでると思います。
会社のために仕事は絶対しちゃダメで、関わりのある顧客・上司・部下・同僚、そして何より自分自身のために仕事をするべきだと思います。
それプラス社会のことまで考えれるような器をもてばやっと一人前になれそうですね。



というように2つの側面から考えが頭の中でぐるぐる回ってます…。
今の日本はアメリカとはまた違う不景気の最中です。
何が違うかってアメリカはサブプライム問題等から生じた金融不安による混乱が原因ですが、日本のははっきり言ってただの「不況」です。
世界がグローバル化してるにも関わらず、いつまでも「物作り日本」と叫んで産業構造を変化させれないことが原因の1つにあるでしょう。
日本は金融にあまり手をださなかったから今回の煽りをあまり受けなかったという考え方もありますが、どちらかというとスタート地点にもつけてなかったと考えるのが妥当だと思います。
もちろん、高い技術力は日本の武器ですが、それだけじゃダメだということは今回のことで嫌というほどわかったんじゃないでしょうか。
もう日本は先進国なのであって高度経済成長時代のやり方は忘れるべきです。
前に日記を書きましたが、麻生首相がバラマキを先導するということを一度訂正しましたが、訂正する必要はありませんでしたね。
増税やバラマキにより、再び潰れるべき会社が延命し、ゾンビ企業として日本を占領した結果、新しい産業に人材が流れずどんどん衰退しているのが日本でしょう。
これだけの技術力をもっているのに、生産性は先進国最低レベルで、それを補うため正社員は毎日残業してそれが当たり前だと思ってる。
40、50代の超絶に生産性が低い世代に不当に高い賃金を払うため、若い世代が不当に低い賃金で派遣社員をやるはめになってる。
20歳~39歳の死因順位の1番は何か知ってますか?それは自殺です。
どう考えてもこんな社会おかしいと思いませんか?


ちなみに「物作り」自体は全然否定してないですからね。
だって自分もその業界にいるんだし。
でもどんなものでも何かに依存しすぎるとダメだったことですね、仕事も恋愛も趣味も人生も…。


今は社会的に色々不安定な状況ですが、こういうときこそ変化のチャンスだと思います。
円高になったとたん揺れるような経済のあり方を変えて、円高・円安どちらに対しても全体としては対応できる国作りを目指すべきなんでしょう。
少なくとも今回の円高は消費者目線で見ればかなりいい状況ではあるわけだし。
アメリカではオバマが「change」というキーワードだけで勝利しちゃいましたが、日本もまさにそのときです。
もう自民党とか民主党とか関係なく、若手議員が集まって新しい政治のスタイルを作ってくれないだろうか。
企業献金が続く限り、絶対変化はできないから、まだ甘い思いをしてない若い世代が変える必要があります。



短時間で書いたのでまとまりのない文章になってしまいましたが、今の考えをメモれてよかったかな。
そして今日は篤姫の最終回…見れないのが残念だけどその分楽器を吹きまくってきます!
そして明日からも仕事頑張ろ!
16:55  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.07 (Sun)

第○弾!?大阪観光!

今週末はぐっと冷え込みましたね。
冬が本格的に到来したようです!
寒いのは苦手なので辛いんですが、春が来るまでコソコソ頑張ろうと思います。
ってわけで恒例の週末日記。


まずは土曜
土曜はカンボジア仲間と大阪観光してきました!
もう住んで8ヶ月になるのでこれで何回目だろって感じですが、しつこく観光してみます!
最初はずっと気になってた大阪城へ。
大阪城は家からすぐのところにあって遠目では何度も見てるんだけど行ったことはなかったんですよね。
だからこの機会に行って見ました。
そして感想はと言うと…やたらハイテクでしたww
なかにエスカレーターあるし、暖房効いてるし、フロア綺麗だし、やたら凝ってるしなんだか味わいが半減…。
中には自動ハンコ押し機なる無駄なハイテク機器もありましたww
やっぱ大阪はあなどれんな…。

お次は梅田の新名所として名高い「スカイビルの空中庭園」にいってきました!
こいつも気になってたんですよね~。
まず最初に驚いたのは小さな遊園地みたいになってたんです。
イメージとしてはドイツの移動遊園地みたいな雰囲気でしょうか、クリスマスムード満点でなんだか幸せな空気が漂ってましたよ。
そしてスカイビルは大阪全てが見渡せて爽快でした!
これはどうも夜見るとムード満天で良さそうです。

そして今回のメインイベント?であるヨネの定演に行ってきました。
クラシックギターのサークルなんですが、ほんとクラシックコンサートは静かで緊張するわ…。
最近大阪でEQのライブがあったんで聞いてきたんですが(これは最高でした!)ジャズだといいフレーズとか盛り上がったときに声だしたり拍手したら聞き手のリアクションがかなりあるんですよね。
だからそのコンサートでもいいフレーズを聞いたりすると思わず声を出したくなりましたが、そこはグッとこらえ御澄ましして聞いてましたww
普段まったく聞かないサウンドとかあってなかなか刺激になりましたよ。
ただ、ヨネが真面目な顔してるのが逆に面白くて笑うのをこらえるのに必死、というか笑ってましたがww楽しく演奏できてたみたいで自分も嬉しく思いました。

そして実はほんとのメインイベントの飲み会!
っていっても俺は相変わらず飲んでないんですが…。
この飲み会ではおもしろいイベントが多数発生!
まず、なんとみきぽんの例の先生が結婚式で神戸に来てたんでなんと途中合流!
普通に輪の中に入っていろいろしゃべりました!
なんか二人のやりとりが幸せそうでカチンと…、もとい幸せをわけて頂きました。
あと途中タクの電話情報ではすでに山形は-5℃で洗濯物を干すと凍ってしまうらしい!
でも洗濯物に試練を与えるため、あえて彼は外に干してるそうです…相変わらず楽しませてもらいましたww
あとこんなこと初めてですが、なんと店長らしき人が「もしかして高校生ではないですよね?」と確認してきました!
もちろん若手2人を見ての発言だろうけど、あれは本気なのか、サービスなのか気になるところです…。
なぜかとういと、ちょっといろいろ向こうに手違いがあって、そのせい逆にいたれりつくせりのサービスをしてもらったからです。
飲み放題の時間とか全く関係なかったし、メニューにないものでてくるし、サービス券を大量にくれるし、いろいろ気にかけてくれていたれりつくせりでした!
ああいうサービス業の心のこもった接待ってすごい心があったかくなりますよね。
なんだかあそこまでやられると逆に申し訳ないですが、そのサービス精神に最後まで気持ちよく過ごすことができました!
一応宣伝しとくと神戸駅すぐの地下1階にある「くつろぎの里 庄や」ってとこなので機会があれば是非どうぞ!



そして日曜。
日曜はずっと楽しみにしてたデスクと椅子とPタイルと押入れ用チェストが届いたんです!
少しずつ家具を揃えてるんですが、今回は一気に増えて、さらに配置も変えてかなり雰囲気かわりましたよ。
それに配置を変えたことで部屋が広くなった気がするし。
写真にアップしたんですがどうでしょうか?って前を知ってる人はごく少数なんですがww
ポイントは白で統一した家具と爽快な青と白のPタイルです!
まだまだ欲しいのがあって、照明&間接照明、フロアテーブル、カーテン、掛け時計などなど。
こうやって少しずつそろえてくのが楽しいのでゆっくりと部屋を作っていきたいと思います!
IMG_0913.jpg


夜はおなじみ「篤姫」
なんと次回で最終回です…リアルに寂しいです…。
最近は終わりに近いせいか回想シーンがよくあるんですが、特に宮崎おあいがかわいく映ってるのは夫である家定とのやりとりです。
恋愛をすると女性は綺麗になるといいますが、それを演じきってる証拠ですね、さすがです!
でもあんまりラブラブなシーンは見たくないというのも本音なんですが…複雑ですね。
次回の最終回はあますことなく見てやろうっと意気込んだんですが、そういやバンド練で見れんわww
ってわけで再来週の土曜の再放送!がっつり見ます!
23:23  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.02 (Tue)

藍/スキマスイッチ

今まで流して聞いてた曲が突然歌詞が聞き取れて良さに気付くことってありませんか?
月曜の通勤時にiPod聞いててこんな曲があったのかと思い紹介します。

******************************************************************

Youtube

「愛」どこで誰が創造したもんなんでしょうか 難解なんだね
感情ってどこへ向かうべきもんなんでしょうか そっと教えてよ
飛ぶ鳥は大空を迷うことなく飛べるのに
いったい僕らはどこへ向かうんだろう

恋愛の成功率はね 散々でね いつだって成就しないまま
とはいえ好きになっちゃうんじゃ もう嫌になるよ
どうかいなくなれ こんなんなら存在自体よ消えちまえ
そう思ってどのくらい経つだろう
来週はいつ会えるんだろう

愛すべき人は運命的に決まってるって それが本当なら
視界に入ったものすべて受け入れてしまえばいいんだ
解っちゃいるんだよ
大通りのど真ん中を歩けるような僕じゃないから
大抵足元を気にして生きている

最大の問題点はね 現状じゃね どうしようもない関係だね
そのうえ会いたくなるんじゃ もう嫌になるよ
どうかいなくなれ こんなんなら存在自体よ消えちまえ
そう思ってどのくらい経つだろう

いったい僕らはどこへ向かうんだろう

恋愛の成功率はね 散々でね いつだって成就しないまま
とはいえ好きになっちゃうんじゃ もう嫌になるよ
どうかいなくなれ こんなんなら存在自体よ消えちまえ
そう思ってどのくらい経つだろう

最大の問題点はね 現状じゃね どうしようもない関係だね
そのうえ会いたくなるんじゃ もう嫌になるよ
どうかいなくなれ こんなんなら存在自体消してしまえ
来週はいつ会えるんだろう
ねぇ、僕らいつ会えるの?

******************************************************************

先月は少し忙しかったけど今日は健全な定時帰宅!
それではセッション行ってきます!
19:38  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。