*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.29 (Wed)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

平日だけどあまりにいい映画なので日記を書かずにはいられません!
近所のレンタル屋がセールで1本80円というやたら安い値段だったんで調子に乗って5本借りてきてしまったので毎晩みてます。
そして今日見たのがタイトルの映画!


あらすじ
…ってな感じでいつものごとくWikipediaあたりからひっぱってこようと思って調べたら驚くべき事実が…。
俺が見てたのはテレビドラマバージョンだったんですね…。
最初、大泉洋がでてきて「あれ?俺の記憶ではオダギリジョーだったんだけど…」と思いつつ最後まで見てしまいました。
調べると映画・単発ドラマ・連続ドラマの3種類があるんですね。
みながらまるでドラマみたいだな~と思った俺の感性は正しかった!


んでこの映画を見て思い出したのは何年か前に母が入院した時のことです。
命に関わるような病気ではなかったんですが、頭を開く手術なので術後はそのダメージのためかなり辛いそうです。
なんで「辛そうです」と聞いたような感じで書くかと言うと、一番辛い時期には行けなかったんですよね…。
今から思えば多分怖かったんだろうなと思います。
んでピークを過ぎたあたりに言ったんですが、ベットで横たわる母を見て、なんか泣けてきました。
もちろん母の前ではぐっとこらえるわけですが、たぶん見透かされてるんでしょうね。

「男は母親が死んでからやっと一人前になんのよ」

映画の中にあったこのセリフはある程度成長した今だからこそ心底意味がわかります。
たぶん若いうち(って言っても俺も十分若いんだけど)はわからないけど、ある程度歳を重ねた人には是非見てもらいたい映画の1つです!…ドラマだけどww
たまたま自分が重なる思いがあったからよけい泣けたのかもしれないけど、かなりお勧めなので是非ドラマバージョンを見てみてください!


それにしても母親役の田中裕子さんの演技が最高に素晴らしいです。
この映画に出てくる人はみんなかなりいい演技してると思うんですがピカイチ!
どんな映画でも「この人の演技はちょっと…」ってケースが大概出てくるもんなのでこれはいいですね~。
大泉洋も「水曜どうでしょう」時代から好きだし(あれは演技じゃないけど)、意外と広末もいい演技してると思います。
DVDは残り1本、「地下鉄(メトロ)に乗って」が残ってるのでこれも楽しみです!

ちなみに今回借りたのは…
「墨攻」-単純に戦いの映画かと思ってたけどアジアらしい映画でとても好印象です。「HERO」の時もそうだけどアジア系の流れは単純に善悪を分けないところがいいですね。セリフのなかでも「物事の是非を他人に問い始めた時、己が信念のゆらいだとき」ってのがぐっときました。

「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」-見事なB級映画!もう二度と見るもんか!でもこれだけ名セリフ「行きがかりってのが人生だろ、俺はそれから逃げたくない」

「ラブ・アクチュアリー」-昔見たのを忘れてまた借りてしまいました…でもいい映画!でもこれはクリスマスの少し前くらいに見なきゃダメですよね。さて、今年も1人寂しく過ごすのか…それとも…。


いや~映画ってほんとにいいものですね!



そして業務連絡。
今週末の連休は定演のため帰省するので岐阜近辺の方々よろしく。
スポンサーサイト
22:36  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.19 (Sun)

ラストラブ

今夜はDVD借りて映画「ラストラブ」を見ていました。

あらすじ:Wikipediaより転載
阿川明は、ニューヨークでサックスプレイヤーとして活躍していたが、妻の急死を機にジャズ界を引退し、日本へ帰国。以後、娘・佐和と共にひっそりと暮らしていた。ある朝、明は清掃局の職員の女性・結にゴミの出し方をキツく注意されてしまうが、これが2人の出会いのきっかけとなる。その日、それぞれ急遽ニューヨークに向かうことになった2人は飛行機で偶然再会。言葉を交わすうちに2人は次第に惹かれ合い、帰国後は佐和も結を慕い始め、3人は幸せな日々を過ごした。だが、ある日、体調を崩した明は、医者に余命3ヶ月と告げられてしまう。

昔映画館で見ようと思ってたら気付いたら終わっていたという悲しい結末を迎えた映画だったのでレンタル屋で見つけて見てみました!
ちなみにレンタルいったきっかけは無償に北野武の「座頭市」がみたくなったからでそれもみてましたがww

久しぶりにドストレートな恋愛物を見ましたがやっぱり恋って難しいですね…。
自分の一番苦手な分野なので正直コメントはしにくいんですがいろいろ考えてしまいました。
恋愛って「この人だ!」と思う人に出会うことの繰り返しで、それについて虚しさみたいなものを感じてたんだけど、そういう思いに出会えることが人生にとってむちゃ大切なんじゃないかと思わせてくれる映画でした。
そしてこの映画、とにかく名言だらけでぐっときます!

「恋には覚悟が必要だよ。」
「人を好きになるのに右往左往しなかったら、好きになる意味がないだろ。」
「恋には命を賭ける。結婚には幸せを賭ける…」
「俺の時間は過去だよ。君の時間は未来じゃないか。」
「俺は若い相手に対しては優越感しかないんだよ。人生を十分に生きてきたからな。」
「君のおかげで人生にけりがつけられそうだ。」
「思い通りに行かないのが人生だよ」

田村正和だからこそこのセリフが浮かないんでしょうねwwとにかく始終クサイです!でも田村正和だからOK!
この映画は田村正和が好きじゃなきゃ成り立たない映画なんで恐らく好き嫌いははっきり別れると思いますが俺は好きでした!
ただ、これは完全に趣味の領域ですが、テナーの音色と奏法があまりすきじゃないのが残念…もっとストレートに吹いてくれればいいのになぁ。

あとこの映画で感じたのはやっぱり歳って大事だなってことです。
年功序列とか大嫌いな自分ですが長い人生を歩んでいかないとわからないことというか、辿り着けない境地って絶対あると思うんですよね。
ただ、バイトでやってたBAGUで年上の方とよく会話することが多かったんですが、歳をとってても人生を感じる人とそうでない人はやっぱりいるので(単純に自分が未熟なせいで感じれないだけかもしれませんが)、20年後にはなんとか主人公「阿川明」のような大人になっていたいです。
「男は40歳、女は30歳から」という話を聞きますが、社会に出てからますますこの言葉に実感を感じます。
年上は恋愛対象にはならんですが働く30代女性ってほんと魅力的なんですよね。
昔、それも10代の頃に付き合ってた子が「女は30からだよ!」っと言ってびっくりしたもんですが、やっと自分の精神はそのレベルに到達したのか…男って、というか俺はつくづくまだ子供だ。
んで人生を感じる40代男性には「敵わない」と自分の未熟さを素直に受け止めれるだけの風格があります。
でも実際には田村正和は60代…あんな60代は反則ですねww


この先どうなるかわからないけど、もう1度命をかけてみたいと少し思わせてくれる映画でした。
23:08  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.15 (Wed)

Blog Action Day 「貧困」

Blog Action Dayは、世界中のブロガーや、ポッドキャスター、ビデオブロガーが、年に一度、同じ日に同じ話題について取り上げるということに挑戦している非営利のイベントです。インターネット上で、グローバルなテーマについての興味が喚起され、議論のきっかけとなることを目指しています。
公式HPより:http://blogactionday.org/jp


ってわけで間接的に自分も参加してみます。
貧困っと言っても日本に住んでいる限りはかなり遠くに感じる言葉なんじゃないでしょうか。
格差社会と言われて久しいですが、それでも貧困をダイレクトに感じる人の方が少ないんじゃないかと思います。
そして、やはり自分にとって貧困というフレーズと直結するのはどうしてもカンボジアになります。
確かに現地で出会った方々はとても力強く生きていて、そこから単純には貧困へ繋げません。
明確な目標をもって勉強を続けていつかは…と希望をもって生きていました。
観光で有名なシェリムアップではコンビニや携帯ショップお洒落なカフェ、マーケットなど最初に想像していたカンボジアとは明らかに違って勢いを感じました。
しかし、街にでればいたるところにいる物売りや物乞いをする子など確実に貧困は存在していました。
さらにそこから視野を広くして世界に目を向ければ今日食べる飯に困ってる人が何億人単位でいるわけです。
そして今までの自分は悲しいことだと思いつつ当たり前のことのように受け取っていることに日本に帰ってしばらくしてから気付きました。
でも今は、日本では当たり前みたく子供が学校に行ったり自由に遊んだりできるのに…この状況は明らかに変だろ!っと実感を伴って思うわけです。


どうして貧困が生まれたのかは恐らく国によってケースは違うだろうし一概にはいえないけれど、ある本では「紛争」「天然資源」「内陸国」「政治」の4つをキーワードとしてあげていました。
これらの詳細は省きますが、じゃあどうしたら貧困はなくなるのか?これはそう簡単ではないことは誰でも予想がつくでしょう。
単純な資金の援助では解決するどころか政治腐敗をまねく原因にすらなります。
もはや単純な「善意」のみでは解決しないレベルに達しているんです。
カンボジアの例で言えば完全に「政治の腐敗」が原因で、何をするにしても賄賂が必要という社会では単なる善意はまず機能しないでしょう。
技術を提供するにしてもそれらが上の4つを解決する効果的手段になり得るか?といえば疑問を感じます。
根本的な解決は長期的な支援に基づく社会サービスの提供・治安維持・国際憲章の制定・一時的で大規模な資金援助などが提案されており、しかもそれらが複合的に働かなければ意味がなさそうです。
これは相当に困難を極めるでしょう…。
なぜなら日本を例にとれば、これだけ民主主義が行き届いた国でも平気で汚職が発生し続けていることからもわかるでしょう。
つまり基本的に人間は利己的な生き物なのかもしれません。
しかしこの利己的な部分を悲観する必要はなく、むしろそういう部分を前提にした制度作りをすることで道は開けるのではないかと思っています。
なんだかえらいトコに行き着いたのでちょっとこの話題はここまで…。


ちなみに複合的に働く必要があると書きましたがNGO・NPO・ボランティア等が無駄だとは思ってませんよ。
そのボランティアが自分に考える機会を与えてくれたわけだし。
ただインパクトのある解決手段にはなりえないのかもしれません。
それでも目の前にいる人達を助けることは意味あることだし、何より日本に戻って何もできてない自分を歯がゆく思っていたこともあってこういうのに参加しています。
NPO法人「かものはしプロジェクト」
http://www.kamonohashi-project.net/index.php
ここでサポーターというのになって毎月給料からほんとに少しですが援助するように登録してます。
カンボジアの児童買春問題に取り組む組織です。
生活苦のため子供を売ることになることはとても悲しい状況ですが、何よりそれを買う連中がムカつく!!!
その中に日本人もいるという話を聞いたけどほんと許せないですよ。
カンボジアで出会ったスレイアのような少女を守るためにも頑張って欲しいです!
今の自分にできることはこれくらいのことだし、それが口惜しくもあるけど、将来を見据えて今は経験値を少しずつためていきます。
それにしても他の募金システムもそうだったけど今はカードで募金できる時代なんですね~便利や!
毎月自動的に落とされるからいろいろ気にしなくてよくて助かります。



視点を変えて資本主義というものを見てみます。
日本人は基本的にお金のことを公に話すのは卑しいことだという精神が根付いているんではないでしょうか。
最近では「拝金主義」という言葉を用いてアメリカ的な資本主義を否定する声も大きいと思います。
確かに「お金が全て」という考え方には反対ですが、それを資本主義とごちゃごちゃにするのは避けるべきです。
なぜならその資本主義の片棒を担いでいるのは他ならぬ自分自身であるからです。
例えば買い物に行ったとき「性能がよくて安いもの」を選ぶのは当たり前ですよね。
でもその行為こそが資本主義の強い原動力であると思うんです。
最近では格差社会だといって企業の拝金ぶりを批判する流れがありますが、それは拝金ではなくあくまで資本主義です。
企業に強いプレッシャーを与えるのはあくまで消費者の「安くていいもの」という思いであるわけです。
昔と比べ物の輸送費は格段に安くなり、さらにインターネットの力も加わって消費者の選択は無限に増して、「1円でも安く」という思いを叶えられる世界になっています。
そしてこれこそがグローバル化の正体なんです。
このグローバル化の圧力は確実に企業にプレッシャーを与え、「安くていいもの」を作りながら「社員を保護する」という両立がもはや成り立たなくなっているわけです。
これ以上詳細や掘り下げを行うとさらに長くなるのでここまでにして、じゃあ資本主義を見誤ると何が問題かというと、民主主義の力が明らかに弱まっていることの原因を見誤るということです。
私達は「消費者」であり「国民」でもあるわけですが、その「消費者」の部分は上記したように力を増す一方で、かたや「国民」としての力は弱まっています。
なので最近メディアで行われているような企業への圧力をやめて、「国民」としての力を増すために「政治」への圧力へ一本化するべきだと思うわけです。
現在は経団連なんかが当たり前のように政治へ介入してきますし、その他政治献金・企業ロビー活動の影響は甚大でしょう。
もはやそういうことを是とする政治家を選んでいてはダメだと思うわけです。
そしてやっと登場ですが、この資本主義と民主主義を別々の目線でしっかり捉える考え方がきっと貧困解決への道に繋がるような気がするんです。
なぜならこの考え方をしっかり捉えるためには近視眼的な考え方では到底無理で、視野を広く持つ必要性が出てきます。




すいません、なんだかまとめきらずに頭が煮えきってきたのでギブアップ…。
時間のない平日の夜なんで…と言い訳をしてみる。
自分の浅い知識とつたない文章力では正確な情報を伝え切れませんが、現段階の整理にはなりました。
穴のある部分もかなり多いので何か意見ありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m
22:40  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.13 (Mon)

music holic

この3連休は久しぶりに音楽漬けでした。


まず初日はBeehiveってとこにセッションへ。
なんとなく行く店が固まってたから刺激のために久々のお店へ行ってみました。
久しぶりのお店にいくと毎回ドキドキするのでいい刺激になりますね。
そこには珍しくバリサクで参加する人がいたんですが、けっこう面白いアプローチするのでいい勉強になりました。
最後の曲ではなんか全員の息が妙にピッタリ合って楽しかったです!
あの指をくって曲げる合図は世界共通なんですね。


2日目はビックバンドの初練習に参加!
そう!ビックバンドに正式に参加することになったんです!
バンド名は「Sound Raizz Jazz Orchestra」
今年できたばかりのバンドなのでこれからの活躍を乞うご期待!ってとこですかね。
練習自体は前回の見学の時に少し参加していたので雰囲気はわかっていたからすんなり入ることができました。
自分のことをわかってる人なら想像できると思いますが、新人なんでいいたいことの10分の1以下に押さえていたからけっこううずうずしてましたww
若い人もけっこう多いバンドだけどやっぱり歳の差を考えると言い方が難しいですよね。
学生の時から気付いてたけど自分にとっての社会人バンドの超えるべき壁はここにあると思うんで、少しずつ信頼を構築していってバンドに貢献していければと思ってます。
何よりまず自分自身がもっとうまくなんないと!!!

ちなみにこういう組織において最近特に重要な考え方だな~って思うのは何か問題があったときに他人を変えて問題を解決する発想はそもそも不可能だってことです。
とにかく自分自身が変化することでその問題に対処して、その変化が周りの人に伝播することでしか解決しないってことですね。
まぁでもこういうのって「言うは易し、行うは難し」の典型なのでまだまだ修行中の身ですが…。
とにかく周りにとらわれず、でも頑固にならず、自分が正しいと思うことに全力を出せる人間を目指します!
「まず己を変えろ!」…なかなか道のりは長そうだ…。


3日目はazul jazz academyのセッションクリニックに参加してきました!
ずっと1人で練習してると壁にぶち当たりまくってたんですよね…そんな折、ちょうどこのクリニックに誘われたんで行ってみました。
内容は集まったメンバーでセッションを行い、その後講師陣からアドバイスがもらえるってものです。
そのアドバイスも付け焼刃なものではなくかなり本質的なもの、実践的なもので非常にタメになりました!
とりあえずそれを基に新しい練習を取り入れてみたんで、これからまた地道にやってきます!


やっぱ都会だけあってうまいテナーがごろごろしてて、はっきりいって悔しいんで限られた時間のなかでなんとか今よりうまくなってやる!
学生と違って期間的な制約はないんで、まずは30歳までに今頭の中でイメージされてるレベルまで到達することを目標にします!
23:07  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.10 (Fri)

結婚・友達・家族…(笑)

どうも明日式を挙げるサークルの同期がいるので久しぶりに思い出したこの曲を再アップ
http://jp.youtube.com/watch?v=wzhED85b6VI
この初めて聞いたとき、「出会ってしまった僕達は なぜかいつも不安だ」ってとこに強い印象を感じた曲です。
その同期は女性ですがやっぱり知り合いの中でも女性陣のほうが結婚早いですね。
去年、久しぶりに高校の吹奏楽部の定期演奏会を聞きに言ったら結婚してる子がゴロゴロいて、さらに子供がいる、またはもうすぐ生まれるって子もいて驚いたことを思い出しました。
そういや研究室の同期の子も結婚してなた。
あと俺も姉の結婚式でサックス演奏したこと久しぶりに思い出したな~。
俺も演奏はともかく演出が素晴らしくて不覚にも泣いてしまった…さすがプロは見せ方が違うな…。

ちなみに恋愛と結婚は別物だと思いますか?同じだとおもいますか?
自分は昔は同じだと思ってて、今は別物だと思ってます。
でも別物って意味が昔と違って、恋愛というものの延長線上に結婚はあるけど、愛情の形を変えないと結婚はできないだろうなって思うわけです。
まぁ、現実的な話をすれば将来設計が違えば結婚できないっても働きだしてすごく感じるわけですが…。
まだ男友達で結婚したやつはいないけど、30歳くらいまでに結婚しそうなやつらならゴロゴロいるからたぶん取り残されるんだろうなぁ…。



男友達で思い出したけど、iTuneを整理してたら久しぶりに聞いた曲があってそれもアップしてみます
http://jp.youtube.com/watch?v=vpAeAqUYYFk
昔はただの「いい曲」だけど、今となってはまさに「今を歌った曲」になってすごく歌詞が響きました。
「ずっと友だち だが時は経ち 変わりゆく街の中で 共に育ち この街から力溜め 一からの スタートを切った 君に幸あれ」
とりあえずこの曲は性別関係なくトモダチに贈ります。



んでやたら姪の写真を送ってくる姉が今日も写メ送ってきてついでにアップしたいなと思った曲
http://jp.youtube.com/watch?v=J0TrSvdNEL0
たぶんこれも今はただの「いい曲」だけど、将来的には「今を歌った曲」になるんだろうなぁ。
この曲は前後のストーリーを知ってるともっと感動できると思いますよ。
でもやっぱり子育てってのは大変なもんで、職場の2こ上の男性がすでに2人も子供いるんですが「子供は他人の子供を可愛がるのが一番楽だ」っていってました。
っといいつつめちゃ幸せそうなんですけどねwwコンチクショウ!
たしかに姪はかわいいけど、家にいたとき姉が外出したから母と交代で面倒見てたら数時間だったのにかなり大変だったな~なんで泣くのかわかんないし…。
だから今のところはたまに帰ったときに遊ぶだけでいいや。
ちなみに朝の通勤時にシャッフルにしてあるiPodから「か~え~ろ~よ~」って聞こえてくるとずっこけそうになります…これは帰り専用の曲ですね。




今日はなんだか全体的にくさくなっていたので最後にオチを…
タイトル:「大改造劇的ビフォーアフター」やってみた
http://jp.youtube.com/watch?v=CjRv9lFTzmU
世の中凄いやつらがいたもんだ…笑いのわかる人だけ自己責任でリンク先にいってくださいm(_ _)m
22:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.04 (Sat)

あなたは何オタ?

先週土日が研修だったので12連勤を乗り越え久々の休日を満喫しております!
でも今日は久しぶりのイボ治療だったので痛みと戦いつつゴロゴロしてたら夜になってしまいました。
痛みは大分引いたので明日はアグレッシブに活動しよっと!


最近感じたことを徒然なるままに…。


仕事が一番面白い局面に入ってきました!
自分の業務は研究・開発になるわけですが、大学の研究室時代から実験やってて一番面白い局面は「何がなんだかわからなくなる」ことです。
例えば、あるテーマにそって実験やって、実験こなしつつ論文とか読んである程度定めて、その結果うまくいく。
こんな綺麗な流れが面白いわけがない。
本当に面白いのは実験でだしたいろんなデータからいったい何が悪いのかわからず暗中模索の状態で色々もがいていた結果、光が見えてきたときです。
これって要は「苦労した結果、手にした成功」だから面白いわけで他の事にも当てはまりますよね。
今週は特にそんな状態が出てきて、出てくるデータがどこで相関すんのかまったくわからない状態でした。
んで、金曜のデータでまた面白い感じになってきて「これ、いけるんじゃね?」みたいな雰囲気で終わったからけっこういい気分なんです。
金曜の帰り道、ふと「微生物を研究して食べていけたら最高だな」って考えてたことが現実になってる感覚に襲われ、なんだかむしょうに嬉しくなってきてこんなこと考えてました。
将来のことを考えて少しずつ準備をしているものの、今を充実させるってのは重要なことですよね。
目の前のことに全力だせないやつが先のこと考えてうまくいくわけない、ってのは自分の行動指針の1つです。
未だに休日後の月曜に対する憂鬱を全く感じないのは誇ってもいいんじゃないかな~と思ったりしてます。


政治の話。
中山成彬前国土交通相の失言問題(本人はかなり意図的にやったみたいですが)で解散・総選挙が揺れてますね。
選挙の問題でいつも面白いっていうか変だな~と思うのは明らかに選挙に勝つための戦略を練ってて、しかもそれをマスコミ・国民が当たり前のこととして受け入れてる状態です。
そりゃ政治家は「バッチがなければただの人」って言われるくらいで、選挙に勝たなきゃ意味がないのはわかります。
でも政治家って本来は国のことを考えた上での行動じゃなきゃダメなはずですよね?
これを変だと思う自分が変なのか…。
そもそも選挙制度自体に問題ありまくりだと思うんだけど基本的には与党が勝つために制度が作られてるから絶対直んないだろうな。
もう1つ思うのは今の麻生さんの政策(中小企業の特別融資、企業の設備投資に対する減税、住宅着工やリフォームの需要喚起など)も、小沢さんの政策(農業政策、子ども手当)も結局はばら撒くわけじゃないですか。
バラマキってのは一時的な効果しかないわけで、金が空から降ってくるわけでもないんだから若い世代に将来確実に負担がくる政策です。
中期的にバラマクことで競争力は低下していくわけだから、今や市場を世界にもたないとやっていけないのに益々日本が弱くなっていくわけです(日本の1人当りのGDPは18位で先進国下位、生産性(つまり効率)も19位でこれも下位)。
でもバラマカれる方はとりあえずありがたいから支持して投票し、結局そういう政治家が選ばれる。
そうやって考えると政治で国がよくなることは長期的にみてありえないってことになるんだけどそういう結論は寂しいな…。
最近テレビでみた映画「男たちの大和」で、死ぬとわかってる戦いに繰り出される若者達が俺たちの戦いに意味はあるのか、いや、意味を求めることがいけないと争ってる時に上官がまさに日本の本質を突いたことを言いました。
「我々が死ぬ事によって日本は負ける。明治維新しかり、日本は失敗するまでわからない。この敗戦で失敗を知り、我々が死ぬ事によって日本は新しく生まれ変わる事ができるのだ!!」(あいまいですがこんな感じ)。
なんか戦争の是非はともかく、こうやって戦った人達がいた結果の日本の現状がこれかと悲しくなりました。
たぶんもうすぐどうにもならない状態になって変わらざるを得ない状況がくるんでしょう。
目に見える優しさは所詮見える程度の意味しかない、これは男女間でも言えることじゃないでしょうか。



少し前ですが面白いブログを見つけました
「バイオ研究者見習い生活 with IT」というブログの「生物オタが非オタの彼女に分子生物学の世界を軽く紹介するのための10タンパク」というやつです。
http://d.hatena.ne.jp/Hash/20080804/1217856176
まず、発想が凄いですよ。
だれが彼女にタンパク質について熱く語ろうとか思いますか!
さらにタンパク質のチョイスも納得のラインアップだし、語り口もセンスの塊。
今思えば音楽関連を熱く語ることはあてもバイオ関連を語ることはそうなかったもんな~。
ってか絶対理解してもらえないだろうという壁を自分で勝手に作ってただけかもしれん…。
ってことは俺も将来の恋人のために「生物オタが非オタの彼女に微生物の世界を軽く紹介するための10微生物」なるものを作成しなければならない!
適当に候補を簡単に挙げるなら…

1.大腸菌(E.coli)
現代の遺伝子工学の根幹を支える凄いやつ!けっして悪さばかりする奴ばかりじゃないのであまり嫌わないで下さい。

2.麹カビ(Aspergillus oryzae)
味噌や醤油、日本酒を作るときに用いる菌。世界に誇る日本の文化です!

3.酵母(Saccharomyces cerevisiae)
2と同様お酒造りに用いられたりしますが、紀元前2000年前のメソポタミアでは既にパン作りにパン酵母を用いられていたというまさに人類の宝!

4.クロストリジウム属(Clostridium)
悪名高いボツリヌスとかがいる細菌。そのボツリヌス毒素は0.5kgで全人類を滅ぼすと考えられてるそうです。ちなみに大学時代の研究対象はこれ。実際俺が使ってたのは環境浄化用のマイルドなヤツですが。

5.乳酸菌(Lactobacillusなど)
人の外から内から守ってくれる凄いやつです!健康で生きられるのもこいつのおかげ!?ちなみにヨーグルトは適切な量を食べないと意味ないですよ~(物にもよるけどたたしか1日最低200gくらいは必要)。

6.バシラス属(Bacillus subtilis)
Bt菌とか納豆菌とかいる細菌。おいしい納豆をつくってくれる納豆菌は食べ物たけじゃなく環境浄化等さまざまな可能性を秘めた細菌。これから注目です!

7.アオカビ(Penicillium)
世界初の抗生物質「ペンシリン」を生産する細菌。このペニシリンによりどれだけの命が救われたことか。

8.古細菌
かなり広い範囲の細菌をさしてますが、このグループは100℃くらいが生育にちょうどいいとか強酸性・塩アルカリにも耐えれるスーパー細菌がごろごろいる、微生物マニアにはたまらないやつらです。

だめだ、そろそろ疲れた…、残りの候補はまた考えよ。
確実に言えるのはこれを語れば引かれるってことでしょう…。
23:23  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。