*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.23 (Fri)

好都合な真実

元米副大統領アル・ゴア氏の映画「不都合な真実」は少し前にけっこう話題になりましたね。
自分は環境に興味こそあるものの、政治家が行うのは当然政治的活動であり決して真実は伝えないだろうと思っていたので最初から見る気はありませんでした。
それでも見てもいないのに批判するのはどうだろうと思っていたので、ちょうど先生の部屋にころがっていた書籍板を読んでみました。


感想はやはり政治的活動という枠から抜け出せてないと思います。
それはただ単に「環境問題を主に活動している政治家なんだからみんなに環境問題・地球温暖化は大変なことだ!と思ってもらえればそれだけ自分の政治活動にプラスになるだろうから環境について本気で考えているわけではないだろう」というやらしい見方をしているわけではありません。
何が問題かというと「地球温暖化は大変な問題だ」とか「原因は二酸化炭素だ」ということがまずありきになっており、その問題の検証があまりなされていないということです。
しかし、事実だけ捉えるとIPCC(地球温暖化に関する政府間パネル)という国際的な研究機関の公表されているデータとして過去100年で起こった変化は平均気温が0.74℃上昇し、海水面が7cm上昇という地球温暖化というイメージからはかけ離れた微々たる変化です。
またこれから100年の予測における中間的な数値は(石油使いたい放題と極力使わなかった場合の中間値)気温2.8℃、海面35cm上昇というものである。
この数値だけ見る限りはとても大きな問題とは思えないし、むしろ石油は減少傾向にあるのでその代替エネルギーの開発、そして人口増加に伴う食料不足こそ世界をあげて行うべき課題だと考えられます(日本なんかは特にやばい!)。


んで、何がタイトルの好都合な真実かというと、もし地球温暖化の原因が本当に二酸化炭素ならその原因の約30%ぐらはアメリカにあるんです。
ここはゴア氏の素晴らしいところで自分の国にダメだししてるんだからえらいですよね。
さらにヨーロッパが約30%なので、はっきり言ってこの2つが頑張れば京都議定書なんて話にならんくらいの削減ができるはずなんですよ。
もっと日本はその当たりを主張すればいいんだけど、そこは「Noといえない国、日本」の本領発揮で国際的に発言力が全然ないのがなんとも情けないですね…。
こんだけ省エネ商品(車、家電商品)を開発してるんだからもっと認められてもいいもんです。
でも省エネをすればするほどエネルギーは消費されていくという矛盾も隠されているんですが…。


それにしても「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の著者武田邦彦氏やその本にでてくる池田信夫氏のコラムはやたら面白い!
はっきり言ってなんだかいろんなもんを超越しすぎているので凡人の自分には「たしかにその通りやけどついてけん!」と思わず言いたくなる部分も多々があるけどいろんな考え方がるんだなと勉強になります。

武田邦彦:http://takedanet.com/
池田信夫:http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo
スポンサーサイト
14:08  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.17 (Sat)

次世代の波

最近部室でセッションをやってる熱い1年生+αがでてきました。
セッション研究会、通称「セッ研」なるものを立ち上げ自分達でやってるみたいです。
さらには他大学の人も来てセッションしてたりしていました。
またいくつかはわかりませんが後輩のみで構成されたバンドもできてるみたいです。

なんつうか無性にうれしくなりましたね。

最近は先輩が先導してやる場合の方が多かったけど後輩発信で活動するのが嬉しいんです。
これをステップに自分達の中だけじゃなくさらに外にでて活動しだせばもう絶対うまくなるでしょう。
その他大学の人も最近セッションにはまってるらしくいろんなとこ行って頑張ってるみたいですが「最近、恥をかくのはもうなれました」とすがすがしく言っていたのを聞いてそれもいいセリフだな~と思いました。

これは完全に個人的見解ですがビックバンドをうまくなる手っ取り早い方法はやっぱりコンボをすることだと思うのでこれからのニュースタはサークル活動としてだけではなくジャズとしての活動も期待できそうですね。
そしてとにかく楽しそうにジャズをやれてる子が増えたことが一番いいことです。
まだ少し早いですが気持ちよく追いコンが迎えられそうだな~。
彼らの数年後が楽しみです!
21:13  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.10 (Sat)

時代感

今日は新しいものの考え方を学んだのでちょっとまとめてみたいと思います。
クソが100回つくほど真面目な話です…。

今までの時代はピラミッドの形で人口が分布していました。
子どもが非常に多く、年をとるにつれその人口は減少していきます。
その原因は4人も5人も子どもが生まれても医療が発達していなかったため育つ子どもが少なかったためと考えられます。
そうした歴史が何百年と続いてきました。
そういった中で、キリスト教や仏教という宗教が生まれ倫理観というものが育まれてきました。
それを代表する言葉の1つに「目上の人に対して敬意を持つ」というものがあります。
また命に対する考えも「1人の命は地球よりも重い」ということが言えるかもしれません。


そして時代は変わりました。
急速に医療が発達し、子どもは当然のように大人になり、そして年をとっていきます。
そういった流れの中で今までの歴史ではありえない現象、逆ピラミッドの人口分布、つまり少子高齢化が進んでいきました。
つまり今の時代は今まで人類が出会わなかった新しい時代に突入しているまさにそのときなのです。

そして今日衝撃を受けた考え方は、この新しい流れの中に今自分がいるんだという時代感を持ってものを考えなければいけないということです。
それは新しい時代感にあった考え方(倫理感や宗教)が必要になってくることとを意味します。
昔は目上の人に対して敬意を持つのはそういった人口分布が存在したから通用した、というよりその時代に一番あった考え方が生まれたという方がいいでしょう。
しかし、今の全く逆の人口分布においてその考え方を通すことに矛盾があるんです。
そしてそれに起因する歪みが若者に対して起こっていて、フリーターやニートもその例の1つかもしれない。
また医療に関しても現在の流れはとにかく延命すること意義がある。
しかし、その結果地球規模で人口が増大し食料問題、エネルギー問題が日を追うごとに大きくなっていく。
アメリカの将来的戦略は現在の民主主義を掲げること(テロとの戦い)から食料、そしてバイオマスエネルギーで世界を牛耳ることに移行するとも言われています。
恐らくこのまま世界が進んでいけば50年後くらいに食料の取り合いで戦争が起きてもおかしくない状況にすらなっているのです。


しかしこのような変化に気付くことなく政治は進んでいきます。
いや、気付いていても選挙に勝つためには人口の多い団塊世代以上に対し甘言を言わざるを得ないのかもしれない…。
思えば悲惨なもんです、自分が子どものころは年寄りを敬い、自分が年をとれば働くことを求められる…。
しかし、今の時代はそれを求めざるを得ず、そして何の資源も無い日本はこの先を生きていくためもっと子どもにお金をかける、つまり教育費を増大する必要があります。
先進国で恐らく日本はワーストに入るくらい教育予算が低く、むしろ国立大学の独立法人化など逆行する一方です。
ほんとうにこのまま進んでいいんでしょうか…?


人はもちろん欲があるしそれを完全になくすことを要求することは不可能でしょう。
しかし現在までの考え方を全く違うこの世界に当てはめることに無理があることに早々に気付くべきなのです。
この時代感、つまり自分達が生きてる世界はいままでと劇的に違いもしかしたらとんでもない未来、そうまるでナウシカのような世界に突き進んでいるかもしれないことを心の片隅にもっておくべきなのかもしれません。


汚い文章を最後まで読んでいただいてありがとうございます。
自分が話しを聞いたときはもっと説得力があったんですが、やはり自分のフィルターを通すと説得力が低下しますね。
これらの話を全て立証する術をもっていないので全部を信じるのも逆に危険ですが是非なにかの参考にしてほしいです。


な~んて暗い未来を想像したらむくむくと自分のネガティブさがでてきて今死にそうだ…。
01:49  |  社会・政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.07 (Wed)

COWBOY BEBOP

高校時代、勉強を終えていつものように深夜のテレビを見てた。
そしたらチャンネルがたまたまBSになってて、突然は始まったのがこれ。

http://jp.youtube.com/watch?v=MhM0j2Xj1IM


むちゃくちゃ衝撃を受けましたね、世の中にこんな音楽あるんだと。
ちなみにこれはオープニングです。
エンディングはこれ。


http://jp.youtube.com/watch?v=1tgqadUwio4

ネットしてたら偶然久しぶりに見つけたのでちょっと懐かしくなってしまいました。

あのアニメは音楽がやたらかっこいい、そしてストーリーは毎回ノリが違ってて見る回が違うとかなり印象もかわります。
自分が初めてみた回はやたら渋かったけど…それがかっこいい!!
でもなんとなくコミカルな回もあったり…、後で知ったんですがどうも作り手が毎回違うみたいですね。
でも全体を通して不器用だけどかっこいい生き様というものに惚れます。
また久しぶりに見たくなったな~。
00:55  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。