*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.30 (Mon)

奇跡の音

日曜のお昼は岐阜高島屋前で演奏してきました。
岐大祭プレイベントだそうでいろんなバンドやイベントが目白押し!っと思ったらバンドはうちだけで後はビンゴ大会…。
もっといろいろやって宣伝しまくりゃいいのにな~。
でもストリートながら最初から最後まで聞いてくれる人もそこそこいたのでよかったです。

んで夜はバイト。
スペシャルライブでアルトサックスの白井敦夫さんが出演したんですがこれがまたいい音だす!
ステージから離れている厨房にいた時にもまるで耳元で演奏しているかのような響き、でもうるさくないという奇跡の音です。
昨日のライブで最高だったのはAnother You!
まさに日本のフィルウッズってな感じでもう最高でした!
ライブ後だったのでかなり疲れてたけどいい演奏を聞けて大満足です。
いつかは俺もあんな演奏を…。
スポンサーサイト
15:15  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.26 (Thu)

Clear and Present Danger

題名の意味することは「環境問題」のことで今回は日本とブラジルについてのエネルギー・環境・健康に関するシンポジウムでした。
今日はボランティアでそのシンポジウムの手伝いをやらされました。
やらされた時点でボランティアではないんですけどね…。
そのせいで今日も実験は遅くなりそうだ。

でも内容はなかなか面白いものが多かったです。
一番驚いたのは難分解性物質であるPCBsが100%の収率で分解する方法!
農薬で有名なDDTにも効くそうです。
条件もかなりマイルドな条件で現在スケールアップ化を検討中だそうです。
ああいう化学的分解法を知るとやっぱり微生物に頼るより金属触媒のがいいんでないの、と軽くいじけます。
頑張れ細菌!!


あと話しがうまい人が多かったですね。
ブラックジョークですが「うちでは体重を減らすため胃の一部を削除する手術をしますがそのうち50%ぐらいがもとに戻ってしまいます。うちでは頭の手術をしてないから当然ですね」
っと片言の日本語で言われたときは会場爆笑でした。
そのブラジル人もそうだけど今日はやたらブラックジョークが多かった気がする。

違う話では「日本人は絶滅危惧種」っていうのもうけました。
3200年には1人らしいです。
まぁ今のペースで人口が減ることはありえないと思うのであくまで数字遊びですが。


なんつーか技術ってのはどんどん進歩してきますね。
当たり前といえば当たり前ですがそれを当たり前にする技術者・研究者は尊敬できます。
ってわけで俺も細々と実験頑張ろ!!
22:57  |  研究  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.23 (Mon)

サンキュースモーキング

先週の土曜は映画を見てきました。
タバコ業界を代表して宣伝する男(つまりタバコって体に悪くないからみんなで吸おうよって宣伝する人)、ニックネイラーのお話です。

<ストーリー>
ニック・ネイラー(アーロン・エッカート)はバツ1で、週末だけ息子のジョーイ(キャメロン・ブライド)と過ごしている。
彼の仕事は、タバコ研究アカデミーのスポークスマンで、「タバコは1日に1200人殺す」との世間からの非難に、業界の顔として立ち向かっている。
ある時、フィニスター上院議員(ウィリアム・H・メイシー)が「身体に害のあるものだということを認識してもらうため、タバコのパッケージにドクロマークをつけたらどうか」と法案を提示。
ニックはそれを阻止するため、あの手この手でタバコ業界のイメージアップを図ろうと、行動を起こす。
そんな時、業界内部の情報をゲットしようと、女性新聞記者・ヘザー(ケイト・ホームズ)がニックに近づいてきた。
更に、嫌煙団体の過激派まで現れ、命を狙われてしまう・・・・。


内容は知的コメディーといった感じでけっこう面白かったです。
とにかく主人公ニックにかかればどんなことも思わず納得してしまう。
まさに「情報操作の王」という言葉がぴったりです!
タバコが世の中から消えない理由の1つは実際に存在するであろう広告業界のせいなんでしょうね。
あと税収入がでかいからか。

タバコそのものは嫌いなのでタバコの宣伝行為そのものは好かんですが生き方としてはかっこいい。
喋り1つで世論を動かすってのは映画のコメディーで見るだけならかなり面白いし、自分の武器を明確に持ってる生き方ってのはやはりかっこいいもんです。
でもそれが現実の世界になるととたんに恐ろしくなりますよね。
日本でも「小泉劇場」にまんまとはまって支持しちゃってる人が大勢いたし。
この映画みても現実みても思うのは「大衆は永遠に成熟しない」ってことなんですかね。

やはりこの映画でも言ってるように大事なのは選択でその選択を1人1人ができるだけの成熟した社会作りをしなきゃいかんのだろうな。
っとだいぶ映画から離れましたがけっこう面白いので知的コメディーが好きな人にはお勧めです。
でも思わずタバコもいいかも、とか思っちゃわないように!
俺はタバコは嫌いです!!
15:20  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.20 (Fri)

いい流れ

今週はかなり予定をつめまくってる。
月曜はアド向でバンド練習
火曜はバイト
水曜はカラオケ
木曜はダーツ
金曜はバイト
土曜はホームパーティー(教授宅)
日曜はライブ→バイト
もちろん実験終わってからですよ。
だからカラオケとかダーツとか夜10時前くらいに出発してるし。

こんなけいろいろやってりゃ悩む時間もなくて週半分過ぎてる時点でけっこうすっきりしてます。
カラオケはその日実験してたら突如行きたくなったんだけどやっぱ思いっきり歌うとだいぶストレス発散になるな!
ラルレレーリ×3がしばらく頭から離れません…。
ダーツは2回目にしてすでにカウントアップで500点越え!
マイダーツもすでに買ってしまったしサックス、映画に続く趣味になりそうかも。
土曜のはぶっちゃけどうでもいいんだけど行かんわけにいかんしな。
夜は予定ないしまたどっか遊びにいこ。

とにかく空元気最高潮です!
14:05  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.17 (Tue)

空元気も元気

なんというかつらいことがあって時間しか解決してくれないような時、絶対その場にいちゃいけないんだなと強く思いました。
けっこうつらかったけど情熱を傾ける方向を少しシフトすればまた頑張れるのかも。
今先生とディスカッションしてきていつも通りいろいろ指摘され新たな発見もあり情熱を注入されてけっこう立ち直ったかも。
それでもつらいもんはつらいから別にそれを否定しんと時間が過ぎるのを待ってよう。

そう考えると昔に比べればだいぶ強くなったと思う。
たかだが24年ですがこれも人生経験ってやつでしょうか。
無理やりポジティブに考えるってのはやっぱり大事だな。

さて、もうすぐアド向の時間だし今度は情熱を音楽にシフトしますか!
12:22  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.14 (Sat)

Organic Jams@After Dark

昨夜はライブでしたがいつもどおり楽しくできました。
いいとこあり、課題ありってのはいつも通りですがちょっと久しぶりに悪い癖がはっきりでてきたからちょっと気を付けないとな~。

でもなんだか褒めまくってくれる客さんがいたので気持ちよくできたのはよかったです。
やっぱりソロの後に拍手があるとないでは全然違いますから。
もしかしたら昨日はそのせいで調子のって悪い癖がでたのかな。
気を付けねば…。

このOrganic jamsでのライブは次は22日なんでそん時は調子こかずにばっちり決めよう!
じゃないと厳しいリーダーから解雇されるといかんので…。


そういえば岐大祭プレイベントの日時が決定しました。
10/29
場所:岐阜高島屋前
時間:13:00~13:30
30分とけっこう短いのであっちゅーまですがぜひおこしください!
17:35  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.10 (Tue)

岐阜の新興勢力!?

先日バンド練習が終わった後にビックバンドの話になったんです。
以前新しいバンドを興そうと思っていたけどビックバンドそのものに対する情熱がそがれてなしになったという経緯があったんですがもう一度やってよと言われました。
言った本人は昔は全然熱なくて、むしろ自分のほうがビックバンドに対して活動的だったのを考えるとまったく逆転してしまいましたよ。

でもいろいろ話した末、やっぱりつくろうかな!とまた思ってきました。
っといっても新興勢力として立ち上げるわけではなく1回ライブをするために集まろうというノリで集めるつもりです。

しかしビックバンドとなるとメンバーを集めるのがほんとに大変…。
テナーとギターとピアノは決まりとしてあとベース、ドラム、ペット4本、ボーン4本、サックス4本…。
特に1stトランペットにいい人置かないとバンドとして成り立たないからいいトランペッターの勧誘に成功したら本格的に動こうと思ってます。

とりあえず来年度までに人を集めるくらいのゆっくりした動きを見せようと思います。
12:29  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.04 (Wed)

人買の時期

さて、10月に入りいよいよ就活が本格的に始動し始めました!
登録したサイトでも情報がどんどんはいってくるし、自分なりに情報を集めたりもしてなかなか面白いです。

んで自己分析の一貫としてネットでできる適職診断テストってやつを受けてみました。

<結果>
警察官・自衛官
法務・特許・審査
企画・商品開発
基礎研究
応用研究・技術開発

一番上の項目以外はけっこう嬉しい結果です。
まぁあくまで限られた質問の範囲なのでこれが俺の適職だ!ってわけではないだろうけどちょっと安心ですね。
今のところ一番下の項目が魅力的だけどその壁はなかなか高いだろうな~。
企画・商品開発もけっこうやりたいことの1つですね。
基礎研究は恐らく博士課程をでないとまず無理だろう。

実際に仕事してみないとわからんけどたぶん自分がやりたいことの漠然としたキーワードは「物づくり」だと思う。
でもそれが自分の中でどういう方向に向かうかはまだわからんけどね。


まだやっと出発点に立っただけだけどすでに就活楽しいかも。
でもまだまだ勉強不足だから調子に乗らず頑張ろっと。
12:56  |  大学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.02 (Mon)

結婚観

この前自分のバイト先「BAGU」が久しぶりに貸切でした。
社内結婚するそうで女性がそれを期に会社を辞めるため、その送別会だったんです。
いい仲間や上司に恵まれその女性はかなり幸せそうでした。

…しかし自分は思うんです。
なぜ結婚で会社を辞めるんだろうと。

その女性は最後の挨拶でその会社の上司(たぶん小さい会社でその人が社長かな)には自分が一番悩んでいた時期にめんどうをみてもらいそこで雇ってもらってかれこれ11年でまさにその上司は恩人であると言っていました。
そしてその恩が十分返せず申し訳ないと泣いていました。


…じゃあなんで辞めるんだろうとふと思ってしまったんですよね。
そもそも自分の親が共働きで女性が働くことに何の違和感もない、というか主婦という存在に違和感を覚えている自分にはどうしても理解できない感情、行動なんです。
それとも男性側が辞めて欲しいと願ったのだろうか…。
実は今の時代でも結婚したら女性に仕事を辞めて欲しいと思ってる男はけっこういるみたいなんですね。
それに女性の中にも幸せの形として結婚後は家庭に入るという思いは強い傾向にあるそうです。


とまぁいろいろ言っても考え方は人それぞれ。
幸せの形は違ってて当然なんですが…、やっぱり不思議だ。
16:29  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。