*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.10 (Sun)

社会が生み出す悪人

映画「悪人」を見てきました。


ストーリー
若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、祐一はたまたま出会った光代(深津絵里)を車に乗せ、警察の目から逃れるように転々とする。そして、次第に二人は強く惹(ひ)かれ合うようになり……。


Yahoo!映画より


モントリオール世界映画祭で、ヒロインの深津絵里が最優秀女優賞を受賞したということで映画ファンとして見逃せないと思い見てきました。
上のストーリだけを読んでもまったく明るい映画でないことがわかりますが始終暗いタッチで救いはまったくありません。
それは予想していましたが予想以上に考えられる作品でした。
なるべくネタばれしないように書きますが若干のネタばれをご了承ください。



この映画では清水(妻夫木)が女性を殺してしまい、そんな清水を光代(深津)は愛してしまいます。
愛した人が実は殺人者であり、しかも一緒にいることで同じ寂しさを抱えた同士ということで2人はどんどん引き合っていきます。
何より女性を殺すことになった理由があまりに悲惨な情況というか、思わず清水に同情してしまうのです。
もちろん殺人は絶対に許されることではありません。
しかし、この映画では殺人という罪を犯した清水以上に社会的に見逃されている「悪人」が多くでてきます。
その周りの人間達はたまたま法律を犯していない(または一部明らかに犯していますが捕まっていない)だけで悪人であることには代わりありません。
ただし実際に罪を犯して捕まった清水だけが社会的に悪人として裁かれることになるため、非常に理不尽な思いでいっぱいになりました。


この映画では「閉塞感」ということが1つのテーマだと思います。
母親の愛を知らず地方の狭い社会で生きる清水は人の何倍も「つながり」を欲していました。
光代小学校から職場まで1つの国道沿いですんでしまう非常に小さな世界で人との「つながり」を欲していた。
そんな2人が「出会い系サイト」で出会ったこと自体は必然だったのかもしれません。
出会い系サイトに良いイメージを持つ人はほとんどいないと思いますがこの2人がネットに出会いを求めることを責める気にはなれません。
そのくらいの閉塞感がこの2人には漂っていました。
その閉塞感がより2人がやっと手に入れたつながりを何倍も強い絆としたために逃避行に走ってしまうのです。


殺人という犯罪はどのような情況でも絶対に許されることではないと今でも思います。
ですから当然清水は法によって裁かれるべきだと思います。
しかし、それでも清水が裁かれることに対する違和感を最後までぬぐえないのです。
日本では昔から「罪を憎んで人を憎まず」といいますがその考え方をはっきり理解できました。
つまり清水という殺人犯を生んだのは社会であり、裁かれるべきは社会の方だと思うのです。
ただしこの「社会を裁く」というのは自分で言っていても非常に感覚的でありよく正直どうしたいのかよくわかりません。
だけどこの問題はどうしたらよいかわからないというまま放置しておくにはあまりに重要な問題だと思います。
なぜなら現代社会に生まれた人間にとってつながりとは誰もが求めるものではないでしょうか。


今回この映画を読んで最近読んだ3つの本を思い出したので話にからめて広げようと思いましたが私の能力不足で無理でした。
とにかくまだ問題が自分の中で漠然としすぎて捉えきれていないようです。


  



「死刑」に関することや「正義」に関することはやはり一筋縄ではいかないように思います。
この映画を1つの題材としてこれからもっと深く考えて行きたいと思います。
スポンサーサイト
21:18  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.29 (Sun)

インセプション

先月に引き続き映画を見てきました!

インセプション

ストーリー
コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。
yahoo映画より


なんとなく時間が空いていたので見に行ったこの映画、とんでもなく面白かったです!
潜在意識に入り込むという情報は前もって知っていたのですが、インセプションということがどういうことかわかっていませんでした。
要は「刷り込み」とでも言うか、相手の潜在意識に入り込んでアイデアを奪うのではなくアイデアを「植え込む」わけです。
そうやって相手に気づかれないように植え込むことでそのアイデアをまるで「自分が考えた」ように刷り込ませることが今回の映画の目的です。


この映画の1番の魅力はこの世界観でしょう。
この世界観に1番近いものは「マトリック」だと思いますがあちらはアクション映画です。
あの映画の世界観をそのままサスペンス?いや違うな…どのジャンルかわからないけれど知的なバトルとして描いたのがこの作品です。
もちろんアクションも多いのですがそこに魅力があるわけじゃなく、色々と制約があるなかでいかにそれをクリアしていくかというとこに面白さがあります。
出てくる自分物も「設計師」「偽造師」「調合師」など漫画好きには思わずニヤリとしてしまうキーワードが入っているのも魅力的ですね。


いつも映画の感想を書いてて思うのはネタばれさせずに書くのが難しいのですが今回は特にそうだと思います。
とにかく内容が込み入っているんですが、それを見事に綺麗なストーリーとして描いているんです。
ただし、マトリックを初めてみて「?」だった人は絶対見ない方がいいとは思いますが、それでもわかりやすくなってる方だと思います。
特に「仮想現実」を舞台設定とした話ってマトリックス以降けっこう出てきたように思うので馴染みやすくなってるとも思いますし。
今回の場合は「夢」に入り込むのでマトリックスよりはむしろ分かりやすい部分がありますが、馴染みがある夢だからこそ「なんでそうなるの?」という部分は多々あります。
特に人の深層心理を他段階構造としてとらえて、それらの中で連続的に色々なことが起こるので非常に複雑です。
しかし、そこを理解するととっても面白くて、その階層間での連続したやり取りに上手さを感じてしまうわけです。


夏の最後としては最高の映画で締めくくれたように思います。
この映画はこの手の映画が好きな人はぜったいはまるはずなので是非見てください!
23:49  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.27 (Tue)

借りぐらしのアリエッティ

映画「借りぐらしのアリエッティ」見てきました!
私は基本的にジブリは全て見ているので今回も逃せません。
しかも今回は最近のジブリにしては前評判が非常に高い作品でしたので期待大でした!


<ストーリー>
イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。身長10センチの小さなアリエッティ一家は、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。
映画.comより



感想は、とにかく映画の世界にすごい引き込まれてあっという間に終わってしまった、というものです。
最近の映画でここまでスピード感のある映画があったでしょうか。
もちろん実際に放映時間も短いのだけど(たしか1時間半くらい)蛇足がいっさいないためそれがスピード感につながったんだと思います。


今回は「小人」ということでしたが小人だけが移ってるときは小ささがきにならないのでほとんど普通の人間を見ている感覚とかわりませんでした。
それが普通の人間が現れると突然小さく感じて、その移り変わりも面白くさせた要因だと思います。
この小人達はなんというか映画冒頭から当たり前のように現れるのでそれが意外でした。
それがジブリらしさだと思うのですがトトロがいる世界が当たり前なように、小人がいる世界が当たり前だと思わせる世界観作りに成功していると思います。
人間にばれないように生活していますが「そんなことしてたら絶対ばれるだろ」とつっこみたくなるシーンも満載です。
そんなシーンを平気で作ってしまうからこそ小人をそのまま受け入れることができて、引き込まれたのかもしれません。


今作は公開後の評判も非常によかったですが最近のジブリのようなメッセージ性が弱かったことがよかったんじゃないかと思います。
「弱い」という表現は当てはまらないかもしれませんが、トトロをみて「宮崎監督はこういう思いを伝えたかったんだ」とかいちいち思いませんよね。
アリエッティも同じような感覚で、ただただストーリーを楽しみながら「トトロがいたらなぁ」なんて思うように「小人がいたらなぁ」と思って楽しめるような作品だと思います。


今回の作品はまさに「ジブリ会心の作」と評していいと思います!
まだ見ていない方はこの夏に是非チェックしてみてください。
正直、私はもう一回見てもいいなと思ってます(笑)
ちなみに音楽もいつものジブリのようにすばらしいのでそこも逃さずに!
06:54  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.19 (Mon)

ソラニン、本当に幸せですか?

久しぶりに映画のエントリーです。
ソラニン見てきました!

ストーリー
OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。



この映画を見た理由は宮崎あおいのファンだからという単純な理由なのでどんな映画かは知りませんでした。
そんな軽い気持ちでみたこの映画、とても良いです!
単なる恋愛ものの映画だと思ったら大間違いですよ!



以降、なるべくネタバレしないように感想を書きますが是非映画を見て欲しいので映画を見るつもりのある方は自重ください。
特に音楽やってる人、やってる人に関わってた人は絶対見た方がいいと思います!



この映画の私なりに感じたテーマは「幸せってなだろう」ってことです。
学生を終えて社会に出ると否応なく「現実」が迫ってきます。
仕事をしなきゃ生きていけないし、その仕事が面白いかって言うとそうでもない、ただ生きてるって人がほとんど。
少なくとも種田にはそう思えたわけです。
じゃあ音楽で食っていくかというとそんな才能が自分にあるとは思えない。
思い切って行動してみても結局ダメになったとき、本当にやりたいことが壁にぶつかったとき、どうすればいいのかなんてわからない。
種田の人生はたぶん多くの人が共感できるのではないでしょうか。


そんな種田のバンドメンバーである加藤(ベース)やビリー(ドラム)にも現実が迫っています。
いまだに大学OB6年生をやってる加藤、下町のしがない薬局をついだビリー、そんな2人の人生が満足いくものなのか。
だけど種田に起きたある出来事をきっかけに2人は動いていく、いや理解していったといってもいいのかもしれません、人生を再びしっかりと歩き始めていくわけです。
そして最後のライブの前にビリーが出した結論…私もまさにそこに共感しました。
どういう結論をだしたのか、是非映画を見て下さい。




っとこんな感じで一切芽衣子(宮崎あおい)がでてこない感想でしたが、音楽やってる私としては3人のバンドマンに共感しまくりだったわけです。
本当に同じこと感じるし、同じこと悩むし、異常にリアルでした。
楽器を始めたばかりのころ、音楽にはまって一気に夢中になったころ、音楽を続けることそのものに悩むこと、それでも音楽をやり続けること、すべてに共感できました。
バンド仲間の絆も見所の1つです。
加藤とビリーが本当いいやつで、しょうもなくて、最高なんです!
なんだかみてたら地元の友達に会いたくなってきてしまいました。


男目線中心に書いてきましたが、逆に女性は芽衣子の立場で映画を見ると思うのでまた全然違った感想になると思います。
というより、芽衣子や加藤の彼女である小谷の気持ちはやはり想像でしか分かりませんでした。
後で説明してもらったんですが「彼氏が夢を追いかけてて、それを応援してるとそれが自分の夢にもなる」って感情がいまいちわからなかったんですよね。
かつて付き合ってた人の夢を応援したこともありましたが、もしその夢が叶わなかったり途中で挫折しても「自分の夢まで破れた気分になる」っていう思いにはならなかったしなぁ…。
やはり女性にとっては恋愛映画で男にとっては広い意味で青春映画ってことだと思います。



そんなこんなで説明してきましたが、本当にこの映画に出てくる人はみんな迷いまくってます!
そして現実の私達もそうなんではないでしょうか?
はっきりいって単純に明るい映画ではなく、迷ってる自分に何かしら届けてくれる映画だと思います。
前は「アバター最高!」とか言ってましたが今は「ソラニン最高!」です(笑)
そして全然触れませんでしたが、やはり宮崎あおいは最高です!(笑)
また2,3年経ったら見てみたい映画だなと思います。
是非ともご覧ください!!!
21:58  |  映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.07 (Sun)

フラガール、感動しました

たった今、映画「フラガール」を見終わりました。
映画館で上映されていた時は全然興味を持たなかったのですがテレビでやっていたので一応見てみました。
その一応がよかった。
はっきりいってとてもよい映画です!感動しました!

ではストーリー

昭和40年。
福島県いわき市の常盤炭鉱も、他の炭鉱の例にもれず閉山へ向けて加速していた。
石炭から石油へのエネルギー革命が押し進んできたためだ。
そこで炭鉱会社は豊富な温泉資源を有効利用しようと、レジャー施設・常磐ハワイアンセンター建設の構想を打ち立てる。
炭鉱町の娘・早苗は自分の道を切り開くためにダンサー募集に幼馴染の紀美子を誘って応募する。
都会から呼び寄せられたダンサー教師・平山まどかのもと、フラガールになるべく数々の困難を乗り越えて練習し、常磐ハワイアンセンターオープン初日を迎える。


ちなみにこの映画は実話を基にして作られたそうです。





これ以降だいぶネタばれがあるので見ようと思っている方は見てから読んでくださいね。





この映画はまさに時代の転換期のなかでの人々を描いた映画です。
石炭から石油へとエネルギーの転換が迫られ次々と炭鉱が潰れている。
常磐炭鉱でも大幅な人員削減の波が押し寄せ人々は戸惑うばかり。
「30年間勤めて最後は紙切れ1枚か!」と叫ぶ姿は今の時代にも通じるものがあるかもしれません。
そんな炭鉱を救うべく「フラガールズ」を結成して観光の街にしようという試みが始まりました。
しかし、今まで炭鉱の中で命がけで働いてきた人々にとってそれはあまりに受け入れがたいものです。

「裸みたいなかっこうで踊ってお金をもらうなんて考えられない」

厳しい環境の中生きてきた人たちにとっては踊りというものが仕事ではなく遊びにしか見えなかったんでしょう。
しかし、数人の女性達は「この環境から抜け出したい」と必死に練習を始めました。
その中の1人が主人公「紀美子」です。
紀美子は幼馴染に誘われただけなので最初は本気ではありませんが、徐々にのめりこみ必死になっていきます。
だけど残念ながら母親はそんな娘を受け入れることはできません。
その母親にとって女とは「命がけで炭鉱で働く男を支えるための存在」だったのです。
事実、父親は炭鉱の中で命を落としています。
その結果、紀美子は家を飛び出してそれでも必死に踊りの練習を続けていきます。

月日も過ぎて紀美子達は外に飛び出て踊りを見せるぐらいに上達しました。
そんなある日、引越しした幼馴染から荷物が届いたため母親がフラダンスの練習場をたずねてきました。
そこで母親は初めて1人フラダンスを練習する紀美子を見るのです。
そこで目にしたものは「遊び」と考えていたものとは全く違って必死に汗をかき真剣に練習する紀美子の姿だったのです。

話は変わり少し前にハワイアンセンターの建設のため「ヤシの木」を植えていました。
ハワイといえばやっぱりヤシの木ですよね。
しかし、寒い北の土地ですから暖房装置を使う必要があるのですが、どうも設備が間に合っていません。
そのため担当者がみんなに必死にストーブを貸してくれるよう頼んでいます。
だけどみんなは未だに観光化に抵抗があるためとりあってもらえません。
「こんな北の寒い土地でそんなもんできるわけないだろ」と担当者を足蹴にしています。


すると母親が各家を回ってストーブを集めているではないですか!
男達は困惑します。
「婦人会の代表者であるあなたがなんでそんなことするのか!?」
そして母親はこう叫ぶんです。


「今まで仕事つぅーのは、暗い穴の中で、歯食いしばって死ぬが生きるがで、やるもんだど思っでだ。だげど、あっだ風に踊って人様に喜んでもらえる仕事があっでも、ええんでねぇが?オラには、もう無理だげんど、あの娘らなら、みんな笑顔で働けるそっだ、新しい時代、作れるかもしれねぇって」



このセリフ、とっても感動しました!!!
泣けるシーンはけっこうある映画だと思いますが、このセリフは本当に琴線に触れるものでした。
このセリフを紹介したいがために必死でストーリーを掻い摘んで説明してみたんですが伝わったでしょうか?


このセリフは本当に深いですよね。
単純に娘の姿に母親が動かされて感動した、とかそんな浅いレベルではないと思います。
いつの時代も変遷の時期にいる人々というのは今までの価値観が崩れる非常に辛い時期を経験することになります。
昔は石炭が黒いダイヤモンドと呼ばれ掘れば掘るほど金になる、そんな時代でした。
しかし、月日は流れてその価値は目減りする一方であり村には閉塞間が漂っているわけです。
それでも昔のあり方にしがみつきたいと思ってしまうのが人間、というか生き物は基本的に保守的であり仕方ありません。
そんな中でも「新しい時代」を生きるために必死になっている人々が現れた、その象徴が「フラガールズ」だったわけです。
そんな背景が全部つまったセリフだったと思います。

そしてこのセリフは今の時代でも十分通用するものになりました。
急速なグローバル化にともない産業構造に大きな変化が生まれています。
しかし、「ものつくり神話」から脱することのできない日本は「IT」、映画でいうフラガールを受け入れられないでいます。
法律上は「検索エンジン」ですら違法って言うから本当に時代錯誤も甚だしい。
私のいる「バイオテクノロジー」の世界でも根拠のない「遺伝子組換えアレルギー」により貴重な遺伝資源は危機にさらされているといっていいでしょう。
iPS細胞も日本発の技術なのに今ではアメリカ:日本=10:1くらいの差がついているそうです。
またノーベル賞をとった技術「タンパク質の構造解析」も確かヨーロッパの企業に「産業レベル」で完全に成果をとられた模様です。


新しい時代に抵抗する人はいつの時代もいるようです。
しかし、抵抗を感じるだけならいいですが挑戦している人達を邪魔する行為だけは絶対にして欲しくない。
少なくとも今の時代は「大企業に入って安泰」なんてことは全くありません。
どこの業界も既得権を守ることに必死ですが、グローバルな競争の波を止めることはできないので守れば守るほど日本は沈んでいくようです。
そうならないためにも紀美子の母親のように気持ちを切り替えて叫ぶ必要がある。

「新しい時代が、作れるかもしれない」って。



本当に素晴らしい映画だと思います。
是非一度ご鑑賞あれ。
00:32  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。