*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.02 (Mon)

テナー会

30日はなんだか恒例となりつつあるテナー会の第2弾。
お好み焼きとちぢみを食べて、土産の芋焼酎を飲み、その後鑑賞会へ。

「ラウンド・ミッドナイト」
パリのジャズクラブ"ブルー・ノート"。そこへニューヨークからテナー・サックスの名手、デイル・ターナーがやってきた。大物の来場に湧き返るクラブの外で、雨にうたれながらひとりその音に陶酔する若者がいた。貧しいデザイナーのフランシス、彼はこの音楽こそ"神の声"と確信する。しかしジャズ界の巨人として君臨してきたデイルも、酒とドラッグに溺れ、破滅へと向かっていた。そんな彼を支えるフランシスとその娘ベランジェ-ル。彼らは言葉を超えた、深い絆で結ばれていくのだったが…。
ハービー・ハンコックが音楽監督を担当、'86年度アカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞。


この映画の豪華さはジャズファンしかわからんもんだと思います。
主人公のデイル・ターナーはデクスターゴードンという超大物ジャズテナー奏者が演じているし、他の出演者も大物ミュージシャンがゴロゴロでてくるので演奏がものすごい贅沢な感じになってます。
でもそんなに押し付けがましい感じではなくそのストーリーに必要以上には演奏を前面にださないのでむしろもっと聞きたくなるような作りになってるかな。
前半はジャズマンにありがちな、酒と麻薬に溺れた悲しい男として描かれてたけど後半は少し幸せな展開でとてもよかったです。
なんだか映画を見たっていうよりドキュメンタリーでも見てるような現実味があって独特の物悲しさみないなもんがあります。
あとやたら名言だらけでした。
ぐっとくる言葉がいくつもあり、勉強させられましたね。
とにかくよかったのでジャズやってる人にはお勧めですよ。


あとなぜか終わった後にハセお勧めの「13日の金曜日part3」を見ました。
なんだかかなり笑えましたが若干1名はずっと画面に背を向けてるやつもいました…。
確かに面白いがラウンドミッドナイトのいい気分がかなり台無しだよ…。


さて次こそは新メンバーを迎えてできるかな?
次回をお楽しみに!
スポンサーサイト
19:28  |  大学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.02.02 (Fri)

就活日和

今週は月~金まで全部週活なんで毎日スーツを着て、電車にゆられて頑張ってます!

それにしても水曜はやばかった…。
前日にバイトが遅くまであったため3時間も寝れず、次の日6時半起床でバスにゆられながら1日中行動してました。
気持ち悪くなるくらい疲れた…。
でも今日を含めこの4日間は手ごたえのある毎日でした。
やっぱり何でも行動してみないと見えてこないものってありますよね。
行動して初めて自分が「井の中の蛙」状態だったことに気づき、そこで初めて成長できる。
「無知の知」ってやつの真髄はおそらくそこにあるんでしょうね。
たぶんまだまだ自分のなかに「井の中の蛙」になってる部分がたくさんあるから就活という貴重な体験を肥しにせねば。
ほんとに疲れるのは確かだけど成長のために「負荷」ってやつはかかせないです。

でも最悪な面もでてしまった。
火曜のバイト中に初めて不満丸出しにしてしまった…。
もちろんお客さんにじゃなけど。
直接的なことは言ってないけどかなり声色と表情にでてただろうな…。
反省です…。
おそらく不安になってる自分ってやつが疲れとともに表にでてきたのかも。
まだまだ修行が足らん!しっかりしろ俺!


今日の夜は時間が空いたのでこうやって日記かいてますが、今サックスの練習中でもあります。
あまりに疲れて吹けなかったので久しぶりに吹くといつもの百倍楽しい!
3日吹いてないから音色がクソみたいになっちゃってますがこれはしょうがない。
楽器でストレス発散して明日も頑張るぞ!
16:37  |  大学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.19 (Fri)

デスクワークの日々

最近は機械が故障してずっと実験がストップしてて、その発注をしてたんだけど、どうもそれが特殊なもんで3週間ぐらいかかるそうな。
ってことは少し前からそのせいで実験できてないから丸々1ヶ月は実験できないってことだな…。

だから最近は勉強ばっかしてるのでなんとなくダルイ…。
体動かしたい…。
でも就職はエントリーシート、そして試験を突破しなきゃ面接まで持ち込めんし頑張り時ではあるな。
正直自分はがっつり勉強しないとそういうのは突破できないタイプなんで必死に勉強中。
SPIの対策はけっこう身を結んできたけど、テスト受けたら専門科目が頭の中からすっ飛んでたことに気付き現在必死に復習中。
自分が選択するのは生化学だからβ酸化やら呼吸鎖やら糖新生やら懐かしいのがオンパレード。
やっぱ昔習ったことだから復習さえすれば前以上に納得して頭に入る感じはあるな。

…この中途半端な時期が一番嫌いだ。
17:39  |  大学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.15 (Mon)

Tenor Festival

昨日の企画はコレ!
the NABE of the tenor by the tenor for the tenor

まさにテナーの夢の共演!
各代それぞれ1人ずつテナーがいるのでその5人だけで集まって鍋しました。
5人集まると力関係がよくわかるんです。
一番下っ端が3年の男で、それ以外の女性陣はみんな自由人でした。
とにかく(表面上は)非常に仲がいい代だと思うので、(見た目は)楽しく鍋ができたと思います。
鍋のあとはちょっとした(だいぶヘビーな)勉強会もしました。
なかなか充実した鍋になりました!(少なくともオレは)

テナーに新しいメンバーが加わったらまたこの夢の(やっかいな)企画は行われるかも…。
13:44  |  大学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.12 (Fri)

人生はライフカード

さっきパソコンで就活のサイトを調べてるとこを先生に見られたら
「なんだ、君は就職するのか。てっきりドクターに行くのかと思った」
と言われ、そこからいろいろ話を聞くことになりました。

先生曰く「趣味を持ってる人間は研究者になると、特に公務員系の研究員になると2足のわらじを履きやすいから趣味をもってる人間にはいいぞ!」
とのこと。
研究員ってのは基本的に結果さえだしゃ過程は問われないことが多く、若いうちから時間を自由に使えるそうです。


そんなことで将来決めていいんかい!っと思わずつっこみそうになりました…。


ドクターになるってことは国の無計画なポスドク大増員計画によってかなり勇気のいる行為になってます。
むろんどんな時代でもポスドクは将来のこと考えると心配なもんかもしれませんが…。
それに研究員になったら必死で勉強しないとついていけない(会社の研究員でもそうかな?)から結局時間はできないような…。
しかし、もしも研究と音楽を両立させることができればそれほどすばらしいことはないでしょう。
なぜならジャズと同じくらい微生物、細菌が大好きだからです!
キモイかもしれませんが好きなんです!


どうするオレ!!
ライフカードのCM的にはオレはいま何のカードを持ってんだ!?
続く!!
14:20  |  大学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。