*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.15 (Wed)

グローバルな学生とローカルな社会人

社会人になって4年が経ちました。
当然周りの友達も社会人が多くなりました。
最近そんな社会人友達との交流の中で1つの変化を感じています。


その変化とは「関心の対象が小さくなった」ことです。
日本や世界といったことから日々の生活に関心が移っているように感じます。
決して全ての友達ではありませんし、そもそも昔からそんな大きな話を全ての友達としているわけではありません。
なのであくまで昔そういったことを語らった仲だけですがそれでもそう感じます。
私としては凄く残念ですが何故だろうと考えました。
そしてそれが「学生」と「社会人」の違いなんだろうという結論に至りました。


学生はとにかく時間があり余っています。
もちろん忙しい人もいるだろうけれど忙しさの質は社会人とは違うでしょう。
多くの場合、社会人は時間を他人に制約されます。
会社の出勤時間や締め切りなど自身を縛るもののなかで時間のやりくりをしています。
そして多くの場合がそれに追われている状態です。
学生はどんなに忙しくてもある一定の融通が残っています。
その時間が守れないことで自身の信用を決定的に失う場面は少ないでしょう。


そのような状態ではやれ日本だの世界だのと言っていられないのかもしれません。
むしろ重要なのは1日を乗り越えることであり、そこに意識が集中していきます。
学生時代はボランティアにいそしんだり世界にあふれる問題について考えることもありました。
しかし、社会人になってからはそもそも自分にいっぱいいっぱいで他のことまで考える余裕がありません。
そんな変化が起きていることは容易に想像がつきます。


私自身はいまのところ広いことに関心を持ち続けているように思います。
しかし、それは私が凄いとかそういうことではなく恐らく余裕をもって社会人をしているからでしょう。
事実、研究職という仕事柄そこまで追われるような生活をしているわけではありません。
ですから本当に忙しくなったときにそれでも様々なことに関心を持ち続けられるかがその人の本当の力量のように思いました。
私自身がどうなるかわかりませんが本当に忙しくなる前にその事実に気づけたのである程度の心構えができるかもしれません。
時間のある今のうちにしっかりと礎を築いておきたいと思います。
スポンサーサイト
20:51  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.21 (Sat)

動ける人

今回はtwitterで知ったサービス「オンライン署名」についてです。


オンライン署名サイト 署名TV


これを知ったきっかけは前に書いた堀江貴文さんの実刑確定に関する問題です。
前にも書きましたが私はこれが正しい判断とは思えないのでさっそく署名することにしました。
そしてその後の経緯を見守ったのですが現時点で「8526名」の署名が集まっています。

この人数を多いと考えるか少ないと考えるか。
堀江さんのtwitterのフォロワーは約70万人です。
その全員が実刑確定を問題視しているとはもちろん考えにくいので仮に50%として35万人とします。
そう仮定すると実際に署名したのはわずか2.4%ということです。
先ほどの仮定を50%から10%に減らしてもわずか1割という少なさ。
これはどうしてこうなるのでしょうか。


その理由は簡単だと思います。

実際に動くことができるのは限られた人にしかない能力

これに尽きると思います。


理由はいくつか考えることができます。
私は今回初めて「オンライン署名」なるものを知りましたが多くの方がそうだったのではないでしょうか。
そしてこの「初めて」というのは心理的抵抗が大きいものです。
また、署名というものが本当に効果があるのかを疑問に持つ人もいるでしょう。
私自身も正直どれくらいの意味をなすものかはっきりとはわかりません。
しかし、理由を挙げることはあまり意味のある行為だと思いません。
むしろ、単純に「自分が何かをする」ことそのものができない人が多いのではないでしょうか。


これは仕事でも私生活でも感じることです。
本当に些細なこと、例えば「飲み会をする」ということがあったとき自ら飲み会をセッティングできる人って実は意外と少なくないでしょうか。
そんな些細なことですら動けないのだから仕事となればなおさらです。
逆に言うとそんな些細なことができるだけで1つの武器になる可能性があるのです。


こういうことを強く感じる理由に私自身がかつて「動けない人」だったことがあります。
例えば「お店に電話をかける」ことそのものに心理的な強い抵抗がありました。
いざ自分が動こうとするといろんな理由をつけて動きたくなるなるのです。
しかし、色々な出会いを通じて「自ら動ける」ことの強みや自由さを強く感じて少しずつ動けるようになりました。
どんな素晴らしいアイデアも実行しなければ意味がなく、その実行に失敗しても実は特に問題がないことを経験を通じて身につけたからです。
そういうことを教えてくれた人達には感謝してもしきれません。


いまでも心理的抵抗は残っています。
たぶんこれは生まれもった性格なのでなくなることはないでしょう。
しかし、そんな心理を横に置いて動けるようになってから生活が大きく変わったと思います。
動けるってそれだけで素晴らしいです。
11:41  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.26 (Wed)

楽しく勉強

今日は資格の話です。

ずっととろうと思ってたけどやれなかった資格「甲種危険物取扱者」の勉強を最近始めました。
たいした資格じゃないんですが一応メーカー勤務だと必ずと言っていいほどとる資格です。
難易度もたいしたことはない資格なんですが最大の問題があります。


全然面白くない!


ということです…。
資格の勉強って新しい知識が身について面白い資格とそうでない資格がありますよね。
最近面白かったのは知財に関する資格で気になってたことが色々勉強できて苦にならなかったので楽勝でした。
しかし危険物取扱者はひたすら暗記でしかも全然興味なし…これはつらいです。
もともと好きなものと嫌いなものではパフォーマンスの発揮の仕方が天と地ほど違うタイプなので勉強してるのが苦痛で一度やめてしまいました。


じゃあなぜ今取り掛かっているかというとあるサイトを見つけたからです。


合格公開講座&問題集


このサイトは無料で色々な資格の勉強ができる凄いサイトです。
しかも問題はランダムに出しているわけではなく記憶するのに良いサイクルを計算してやってくれています。
覚えていない問題は何度もでて確かめたりしてくれるので非常に便利です。


そして私にとって何が楽しいかというと達成度を数値にして表示してくれることです。
「〇〇さんの達成率は△△%です」と数値にされるとそれを上げたくなって向きになって勉強してしまいます。
ある種、RPGでボスを倒すために経験値をためてレベルを上げているようなそんな感覚です。
なので遊び感覚で勉強できるのでかなりはかどってます。
さらに達成度がかなり上がれば実際にかなりの確立で合格してるみたいだし身にもなっています。
こんな素晴らしいサイトがあるなんて便利な世の中ですよね。


あまりに良いサイトなので紹介したくなりました。
一応無料ということだけど合格したら募金したいなぁと思うくらい良心的なサイトだと思います。
とりあえず今は紹介することで恩返しということにしておきます。
21:04  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.23 (Sat)

自分のことをちゃあんとする

twitterで知った「小学2年生の作文に泣かされたよ」というエントリーに感激したので紹介します。


小学2年生の作文に泣かされたよ


この作文は第47回全国小・中学校作文コンクールの優秀賞受賞作品ということですが本当にすごいですね。
タイトルは泣かされたとなっていますが私はこの精神性の高さというか小学2年生ですごい域まで来てるなと驚きました。
たぶん私がこの域に達したのは高校か大学だろうか、情けない。


この作文でどこに驚きまた共感できたかというのはやはりここです。

人は、みんな、心をくっつけ合って、生きていくのです。でも、くっつけすぎには気をつけて、みんな元気な時ははなれて、じぶんのことをちゃあんとするのがいいと思います。

この考えにまったく同感ですが、それができるのは今の自分だからです。
小学校でこんなこと言われてもポカンとしかできないでしょう。
たまたまこの作文の題材である「セロ弾きのゴーシュ」に近い体験を母親としているからでてきた感覚だと思いますがそれを踏まえてもやはりすごいです。


私にとって「くっつけすぎには気おつけて」という部分は「迷惑をかけないって意識しすぎない」という考えと一致します。
日本では親の教育方針としてよく「人様に迷惑をかけない」という言葉をよく耳にしますが私はまったく共感できないのです。
というのも「迷惑をかけない」という言葉が「迷惑をかけられたくない」という言葉に変換されてしまいすごく嫌な気持ちになります。
「他人に気を使う」も「自分に気を使え」と言っているようにしか聞こえないのです。
もちろん「自分にはどんなことをされても気にしないがそれでも他人には気遣い迷惑をかけない」なんて高尚な考え方の人もいるかもしれませんが普通はそうではないでしょう。
なので私はいつの頃から迷惑をかけないなんて考え方は捨てて、その分他人を受け入れる窓口が広くなったように思います。
考え方の違いはしょうがないものなので直接ぶつからない限り気にする必要はないのです。
そのかわり直接ぶつかった時は正面からしっかりぶつかればよいと思います。


それにしても読み返せば読み返すほど深いですね。
下記のように文章のつながりがしっかりある辺りが本当に上手です。

今考えると、わたしの「がんばるぞ」は、本当の「がんばるぞ」ではなかったと思います。「つらいのがんばってがまんするぞ」の「がんばるぞ」だったのです。

と言っておいて本当の意味においての「がんばるを理解した後に次の言葉で締めます。

わたしは、がんばって大きくなります。

リンク先の感想でもありますがまさに「完璧」です。



すごいと思うと同時に本当に人の良さがにじみ出ている作文です。

そんなにかんたんに「いいよ」なんて言われると、わたしはびっくりするタイプです。

なんとも可愛らしい。
このまままっすぐに成長してもらいたいです。



正直に言えば私自身を振り返って作者が言うところの「ちゃあんとしている」とは到底思えません。
まさか小学2年生から学ぶことになるとは思いませんでしたが年齢なんて関係ないですよね。
私も自分のことをちゃあんとしてがんばって大きくなりたいと思います。

12:19  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.14 (Wed)

飲み屋で社会勉強

先日こんなことがありました。


先日渋谷で飲んでいたときのことです。
その日はライブの打ち上げでお店を探しており、当初目的とした店の前で声をかけられてなかなか安いということでその違うお店で飲むことにしました。
そうして入ったお店なんですが、いちいちシステムがやや越してくなぜか異常にコースを勧めてくるのですがそんなに食べるものはいらないため通常の注文だけにしました。
コースを勧めた理由は後でわかったのですが、品が来るのがひたすら遅くて最初の注文から料理が来るまで20分以上かかったと思います。
その日は日曜なのであまりゆっくりはできないため急いでいたこともありよけい遅く感じたのかもしれません。


そうこうするうちに時間も来たのであまり食べていませんが会計をすることになりました。
そして、その金額にビックリ!全然頼んでないのにいかにも高い!
そのためうちのバンドメンバーの1人が怒って店員を問い詰めて店長を出してもらい、結局かなり高めの設定だった「お通し」の値段を無しにしてもらいました。


このときに思ったのは「お金に対するシビアさ」です。
その起こったメンバーはウェブデザイナーをしており今では独立して仕事をしています。
やはり、その分だけお金やサービスに対してはシビアで今回の出来事ではサービスが悪くて値段が高いということで相当起こっていたし、実際に交渉して料金を下げることができました。
それに対して私は「高いといってもこの程度だし2度と来なければいいや」ぐらいの感覚でかまえていました。
そう思っていたら突然メンバーが怒り出したのでビックリするとともに、自分の感覚に対して甘いな…と反省したのです。


ここで「研究職」を出すのは強引かもしれませんが、非常にその特徴がよく出ているなと感じました。
研究職にとってお金は「道具」でしかありません。
どんだけ資金をつぎ込んでも最終的に成果を挙げればよくて、その成果は時には直接金銭に結びついたり、または別のアイデアに繋がったりと様々だと思います。
逆に営業や経営側にとってはお金を稼ぐことが目的であり、やはり研究職よりも何倍もシビアだと思います。
研究室で日々垂れ流されてるお金はそういうとこから生まれてるということをもっと認識しなきゃいけないなと強く思いました。
私は研究職としては割合そういう意識が強いほうだと思っていましたがまだまだ全然ですね。


もう1つ思ったのが例えば「ワタミ」などの有名チェーン系飲み屋の凄さです。
安いし、うまいし、サービスがいい。
いつも当たり前に利用している居酒屋がなぜあんなに爆発的に広がったのか理由がよくわかりました。
あれは当たり前だったけど当たり前じゃなかったんですね。
これも非常に勉強になりました。


研究職というのは若干浮世離れしている傾向がありますがこれからは絶対そんなことはではいけないと思います。
研究というのはあくまで利益を上げるための「手段」であり「目的」ではないはずです。
なので「利益を上げる研究とは何か」を強く意識して取り組んでいきたいと思います。


というわけで飲み屋でも日々勉強ですね。
21:35  |  自己啓発  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。