*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.27 (Sun)

スリランカ ~輝く島~

かなり更新が遅れてしまいましたね。
それというのもシルバーウィークに旅行に行ってきたからです。
その場所は…スリランカ!
なぜスリランカを選んだかというと友達がインターンでスリランカに行ってるんです。
正直、理由になってませんが、まぁ動機なんてそんなものでいいでしょう。


スリランカは発展途上国です。
って言わなくてもわかりますよね。
ただし、想像よりもかなり発展している国でした。
自分が今まで行った海外はニューヨークとカンボジア、そして今回のスリランカです。
なのであまり比べる先が少ないのですが、カンボジアとは比べ物にならないくらい発展していました。特に電気のインフラがすごいですね。
かなり山奥にいっても電線がひかれていて、本当に奥まで行くとソーラーパネルが設置されていました。
あのパネルはどこかのNGOかなんかが設置したのかな…とにかく不思議な光景でした。


元首都でスリランカで最大の都市コロンボには日本顔負けの施設も多くありました。
特に「ODEL」という商業施設はまるで日本のデパートのようで非常にきらびやかであり日本のものと全く遜色ありません。
途上国は格差が激しいと聞いていましたが、まさにその現状をまざまざと見せつけられました。
そのほかにも日本と同じくらいの価格のものが売られているとってもおしゃれな雑貨屋など多数存在し、少なくとも金持ち層はむしろ先進国よりお金を持っている印象を受けました。
経済の急成長は人々にチャンスを与え、それに乗っかった人々はかなり裕福になれたということですね。
恐らく日本でも成長期にはこうしたことが起きて、それが今の大企業などとして表れているのではないでしょうか。


それにしても海外に行くと本当に多くの刺激を受けます。
最近は若者の海外に対する憧れが減少していると聞きますが、もったいないとしか言いようが無いです!
テレビで見たり聞いたりするだけでは得られない何かが確実に海外にはあります。
なのでこれからも時間があれば海外に行き続けたいです、次はまだ言ったことのないオセアニアかヨーロッパかな。
今回利用できた「シルバーウィーク」が毎年あれば最高なんですけどね。
しばらくはスリランカで感じたことを自分のなかで消化していきたいです。






応援よろしくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:11  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.07 (Sun)

第○弾!?大阪観光!

今週末はぐっと冷え込みましたね。
冬が本格的に到来したようです!
寒いのは苦手なので辛いんですが、春が来るまでコソコソ頑張ろうと思います。
ってわけで恒例の週末日記。


まずは土曜
土曜はカンボジア仲間と大阪観光してきました!
もう住んで8ヶ月になるのでこれで何回目だろって感じですが、しつこく観光してみます!
最初はずっと気になってた大阪城へ。
大阪城は家からすぐのところにあって遠目では何度も見てるんだけど行ったことはなかったんですよね。
だからこの機会に行って見ました。
そして感想はと言うと…やたらハイテクでしたww
なかにエスカレーターあるし、暖房効いてるし、フロア綺麗だし、やたら凝ってるしなんだか味わいが半減…。
中には自動ハンコ押し機なる無駄なハイテク機器もありましたww
やっぱ大阪はあなどれんな…。

お次は梅田の新名所として名高い「スカイビルの空中庭園」にいってきました!
こいつも気になってたんですよね~。
まず最初に驚いたのは小さな遊園地みたいになってたんです。
イメージとしてはドイツの移動遊園地みたいな雰囲気でしょうか、クリスマスムード満点でなんだか幸せな空気が漂ってましたよ。
そしてスカイビルは大阪全てが見渡せて爽快でした!
これはどうも夜見るとムード満天で良さそうです。

そして今回のメインイベント?であるヨネの定演に行ってきました。
クラシックギターのサークルなんですが、ほんとクラシックコンサートは静かで緊張するわ…。
最近大阪でEQのライブがあったんで聞いてきたんですが(これは最高でした!)ジャズだといいフレーズとか盛り上がったときに声だしたり拍手したら聞き手のリアクションがかなりあるんですよね。
だからそのコンサートでもいいフレーズを聞いたりすると思わず声を出したくなりましたが、そこはグッとこらえ御澄ましして聞いてましたww
普段まったく聞かないサウンドとかあってなかなか刺激になりましたよ。
ただ、ヨネが真面目な顔してるのが逆に面白くて笑うのをこらえるのに必死、というか笑ってましたがww楽しく演奏できてたみたいで自分も嬉しく思いました。

そして実はほんとのメインイベントの飲み会!
っていっても俺は相変わらず飲んでないんですが…。
この飲み会ではおもしろいイベントが多数発生!
まず、なんとみきぽんの例の先生が結婚式で神戸に来てたんでなんと途中合流!
普通に輪の中に入っていろいろしゃべりました!
なんか二人のやりとりが幸せそうでカチンと…、もとい幸せをわけて頂きました。
あと途中タクの電話情報ではすでに山形は-5℃で洗濯物を干すと凍ってしまうらしい!
でも洗濯物に試練を与えるため、あえて彼は外に干してるそうです…相変わらず楽しませてもらいましたww
あとこんなこと初めてですが、なんと店長らしき人が「もしかして高校生ではないですよね?」と確認してきました!
もちろん若手2人を見ての発言だろうけど、あれは本気なのか、サービスなのか気になるところです…。
なぜかとういと、ちょっといろいろ向こうに手違いがあって、そのせい逆にいたれりつくせりのサービスをしてもらったからです。
飲み放題の時間とか全く関係なかったし、メニューにないものでてくるし、サービス券を大量にくれるし、いろいろ気にかけてくれていたれりつくせりでした!
ああいうサービス業の心のこもった接待ってすごい心があったかくなりますよね。
なんだかあそこまでやられると逆に申し訳ないですが、そのサービス精神に最後まで気持ちよく過ごすことができました!
一応宣伝しとくと神戸駅すぐの地下1階にある「くつろぎの里 庄や」ってとこなので機会があれば是非どうぞ!



そして日曜。
日曜はずっと楽しみにしてたデスクと椅子とPタイルと押入れ用チェストが届いたんです!
少しずつ家具を揃えてるんですが、今回は一気に増えて、さらに配置も変えてかなり雰囲気かわりましたよ。
それに配置を変えたことで部屋が広くなった気がするし。
写真にアップしたんですがどうでしょうか?って前を知ってる人はごく少数なんですがww
ポイントは白で統一した家具と爽快な青と白のPタイルです!
まだまだ欲しいのがあって、照明&間接照明、フロアテーブル、カーテン、掛け時計などなど。
こうやって少しずつそろえてくのが楽しいのでゆっくりと部屋を作っていきたいと思います!
IMG_0913.jpg


夜はおなじみ「篤姫」
なんと次回で最終回です…リアルに寂しいです…。
最近は終わりに近いせいか回想シーンがよくあるんですが、特に宮崎おあいがかわいく映ってるのは夫である家定とのやりとりです。
恋愛をすると女性は綺麗になるといいますが、それを演じきってる証拠ですね、さすがです!
でもあんまりラブラブなシーンは見たくないというのも本音なんですが…複雑ですね。
次回の最終回はあますことなく見てやろうっと意気込んだんですが、そういやバンド練で見れんわww
ってわけで再来週の土曜の再放送!がっつり見ます!
23:23  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.29 (Sat)

日本の美

胃の方は未だに完治はしてませんが、とりあえず日常生活を送れてるので問題なしです!
いつも本調子になるのが昼の11時くらいで、とにかく朝さえ乗り切ればなんとなかる!
そしてご飯食べるたびに少しうっとなるわけですが…まぁ慣れましたww


ってわけで先週、京都に行ってきたのでそれをアップしたいと思います。


久しぶりの京都!ほんと数年ぶりやな~。
んで最初は京都駅で昼飯にしたんですが、まず京都駅ってあんなに近代的でしたっけ?
中央改札周辺がなんだかものすごくかっこよくなってて、完全に大阪駅は負けてました…。
ただ、2011年に今やってる大阪駅の改修工事が終わるみたいなんで、大阪駅もまだまだ変化するんじゃないかと思います。
ちなみに昼は京都らしいものが食べたくなったので「おばんざい」を食べてきました。
20代といえど大分味覚変わったな~日本食のうまいことうまいこと。


そしてまず1つ目の目的地「妙心寺」へ。
ここは写真にある「八方睨みの龍」が有名で、ネットでその写真を見たらあまりの迫力にこれは生で見ないかん!と思ったわけです。
この絵は「雲龍図」と言うんですが、自由に見れるわけではなくお金を払ってガイド形式で見るものでした。
そして写真撮影は禁止だったので、写真はパンフを写した図です…。
でも生の雲龍図は鬼気迫るものがあり、魂の入った絵ってのはこういうのを言うんだろうなと息を呑みました。
さらに「八方睨みの龍」という名の通り、どの位置にいっても龍が睨んできます。
そして見る位置で昇り龍になったり、下り龍になったり、表情が変化したりととにかく不思議な絵でしたね。
これは一見の価値ありです!
ちなみにこの妙心寺はかの明智光秀が信長を討った後に立ちよった寺でもあります。
雲龍図


次は近くにある「龍安寺」で目的の紅葉を見てきました。
なかなか綺麗に彩られた紅葉が見れて満足なんですが、あいにくこの日は雨でけっこう散ってましたね…。
さらに、雨のせいでサブさ倍増!足先感覚なし!とさんざんなコンディションで見てました。
ってわけでこの寺は早々に引き上げ温かい電車へと駆け込むのでしたww
紅葉


最後は本日のメインイベント「清水寺のナイトアップ」を見てきました!
これはかなり前(大学1年か2年?)に見たんですがあまりに綺麗で感動してどうしてももう1度行きたくなり何年かぶりに行くことができました!
普段は絶対行かない場所なのにライトアップするだけで寺ってなんて綺麗に見えるんだろうと不思議に思いますが、紅葉とあいまってほんとにすばらしい景色ですよ。
さらに今は御本尊の御開帳が行われており、ついでなので見てきました。
いろんな仏さんがいるんですが、やっぱり年取るとよさがわかりますね。
内面からくる迫力が伝わってきてまさに「芸術」でした。
京都・奈良の観光を小中学生がするのにはやっぱ無理があると思うな~、あの年頃は自然のなかでいろいろさせた方がいいと思う。
写真は雨の中傘をさして撮影したのでなんだかかるくぶれてますが(手ぶれ補正あるはずなのに…)とにかく何年ぶりの清水寺も最高でした!
清水寺


そして帰りはお決まりのラーメンを食べて(京都はラーメン激戦区の1つ!)無事帰宅。
久しぶりにたっぷりと観光を楽しみました。
ちなみに再来週はクメールの仲間達と大阪観光なんでこっちもがっつり観光を楽しもう!
無理だと思うけど今からでも来れる人は連絡下さいww





話はガラッと変わってテレビと音楽の話。
テレビは「篤姫」をかかさず見てることは何度か日記に書きましたが、実はもう1つあるんです。
それは日曜午前にやってる「グッと!地球便 ~海の向こうの大切な人へ~」ってやつで、海外で暮らす日本人のために、日本の家族から海外の家族に最高の贈り物を届けようという内容です。
これ見ると非常に単純なんですが「俺も負けずに頑張ろう!」って思えるんですよね。
海外で活動することに大して憧れみたいなものもあるんで、それもかなり影響してると思います。
んでそのオープニングテーマをダウンロードして最近ヘビロテしてるんで紹介。
っと思ったらYoutubeになくて…番組の冒頭があったんでとりあえずそれを紹介。
http://jp.youtube.com/watch?v=YzfGhSO4h1E
カラーボトルのハイホーという曲なので気に入ればiTune Soreででもダウンロードしてみてください。
なんか素朴で真っ直ぐなところがいいですね、って書いてみたらこれ完全に俺の女性の好みだww
やっぱそういうのも影響すんのかな~。



あと友達に教えてもらったLumiereって女性ボーカルもかなりはまってます!
http://jp.youtube.com/watch?v=1Izp-B2S4WQ
カバーアルバムを2枚だしてるんですが、とくにその中でもお気に入りが「さあいこう」って曲です。
いま調べたらwyolicaってアーテイストの曲みたいですね。
正直その名前を聞いたことすらないけどLumiereの「さあいこう」は最高に癒されます。
通勤時は普段行きはポップス、帰りはJazzというのが定番なんですが、最近はまずこの曲を聴いて癒されながらバスに揺られるというのが定番になりつつありますww


どちらもお勧めなので是非聞いてみてください!
20:54  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.16 (Sat)

ひとりDE沖縄

今日沖縄から帰ってきました!!!
ずっと行きたいと思っていた憧れの土地「沖縄」
大学時代は毎年今年は行こうと思って結局達成されませんでしたが、今回のお盆休みを利用し、さらに社会人の特色を生かして金に糸目をつけず(ウソです)、しかも1人旅をしてきました。

いつもは旅行日記といってもざっくり要点だけ書いてましたが今回は後々のために色々と細かく書いていこうと思います。
かなり長いんで時間のある方お付き合い下さい。

<第1日目>
関空から那覇空港へ。
思えばカンボジアのときは関空を利用するためわざわざ前日ホテルに泊まったのに、今は電車でいけるんだから便利な土地に来たもんです。
那覇についたのは3時ごろ。
金に糸目をつけずってのは基本的にはウソですが、この航空チケットだけは別で、お盆ど真ん中なので無茶高く、安く帰るサイトで買って往復5万5千円…学生時代ならありえんな…。
そしてその対照に位置するのが今回宿泊したのが沖縄ゲストハウス「YUKURU」でドミトリールームという1泊1800円の部屋です。
部屋に2段ベットが二つあってプライベート空間はカーテンを閉めたベットの上のみという値段通りのサービスですが綺麗だったしここで十分でした。
1人旅で高いホテル泊まっても意味ないと思うんですよね。
チェックインしたら時間があるのでさっそくベタな観光スポット「首里城」へ。
ここでは「首里城って思ったより赤くないな~」って程度で特に感想なしww
んで夜はYUKURUの近くにある観光スポット「国際通り」をブラブラしてました。
この国際通りはなんだかカンボジアを思い起こさせるような雑多な感じでした。
とにかく変なTシャツを売ってる店が多かったり、変な土産を売ってる店も多かったりとにかく異様な雰囲気なんですが、極めつけはYoutubeで有名な「思い出は億千万」をBGMで流してるお店!その発想が凄いわ…。
ちなみにこの日の夕飯は沖縄まできて九州ラーメンを食べましたww
でも看板に「九州ラーメン総選挙第1位」とか書かれてたら食べないわけにはいかんでしょう!
ちなみに本当にかなり美味しかったです!
店の名前は「暖暮」、お勧めです!

お腹も満たされ帰ってシャワー浴びて寝ようと思ったんですが、このYUKURUは部屋が完全に仕切られてない(上に若干空間がある)ので少し大きな声でしゃべると聞こえてくるんですが、声がうるさくてなかなか寝付けなかったです…。
恐らく学生でしょうが、これはたまらんかったな~次の日早いんで。
これはちょっとだけ誤算でした(でも同室の人は自分より後から部屋来たのにいきなりスースーと寝だしたので人によるかも…)。


<2日目>
この日は2日目にしていきなりメインイベントです!
そう!ずっと憧れてたスキューバーダイビングに挑戦してきました!
っといっても体験ダイビングといって初心者でも非常に簡単に挑戦できるものです。
朝YUKURUまで車で迎えに来てもらい港まで行って、その後ボートに乗り込み出発です。
イメージではみんな初心者で和気藹々としたのを予想してましたが、どちらかというと玄人が多く(そう感じる)ちょっとビビッてましたが、平然と構えてたらとなりのおじさんに「もう経験多いんですか?」と話しかけられすこしほっとしました。
そのおじさん夫婦はまだまだ初心者らしく、いろいろ話したら、なんと岐阜・愛知出身でローカルトークをしてしましました!
世間って狭いですね~。
んで内容ですが、最初のダイビングポイントは海に慣れるという意味で自分だけはシュノーケルで泳いでました。
水の中では他のダイバーが楽しそうにダイビングしてるので物足りないな~と思っていたけど船長さんも一緒に泳いで色々話を聞かせてくれてよかったです。
一番印象に残ったのは、珊瑚が水温上昇でほとんど死んじゃったから寂しくなったけどこればっかりは100年周期ぐらいの自然の循環にあるから仕方ないよね」っという感じのことを言ったことです。
何が印象的かってこの手の話で「地球温暖化」というキーワードを一切出さなかったことなんです。
騒いでるのは周りの人間でわかってる人はちゃんとわかってるんだなぁとなんだが嬉しく思ってしまいました。

さて第2のダイビングポイントにていよいよ初ダイブ!
体験ダイビングなので水位の上下とかほとんどの操作はインストラクターの方がやってくれるので息の仕方等々を教えてもらったら早速潜ります!
ちなみにもともと水泳部だったこともあり水に対する恐怖心が0(それも危険ですが…)なのですんなりと潜ることができました。
耳抜きも順調でだんだんと潜っていったんですが最初は息をするので精一杯で全然回りが見えてませんでした。
(口で息するのがあんなに大変だとは思いもよりませんでした)。

そしてだんだん潜っていき、ふと周りを見渡すと…。



まさに別世界!!!
今までの人生で決して体験することのない世界が広がっていました!!!



海はとにかくオーシャンブルーで透き通ってとてもきれい!
魚達は水族館でみるガラス越しじゃなく目の前にいて本当の意味で生きた姿を現している!
もうとにかく感動しまくりです!
もともと水族館が好きだったんですが、それとは別次元です。
何故かというと水族館は主役はあくまで人ですが、海の中では自分はポンプがなければいることができない弱い立場で、あくまで魚達が主役で彼らの住む世界におじゃまさせてもらってる状態だからです。
指をだしたら興奮して軽く噛み付いてきたクマノミ、悠然と構える亀、きらきらと粉雪のように輝く小魚達などなど…。
それに少し魚のサイズが大きくなるだけで迫力が全然違ってむしろ怖いぐらい。
某テレビ番組で「とったど~!」とかやってるけどあの凄さがよくわかりましたww

ちなみに今回のボートダイビングである記録を打ち立てました。
それは4回も吐きました!!!
もともと酔いやすいほうですが、ここまで酷いのは初めてで逆に笑えてきましたww
これは完全に自分が悪くて、寝不足(これは俺のせいじゃないか)と朝飯抜き(買うの忘れてたww)で、これで酔うなというほうが無理です。
なのにこんなに楽しめたってのはそれだけダイビングが楽しかったんでしょう。
これは楽器以来の本気ではまる趣味になるかも…。
ダイビング



夜は同じく国際通りで飯を食べました。
んでその国際通りは沖縄音楽をライブで聞ける店がたくさんあるのでどれかにはいろうかなと思い適当に店を選んで入ったんですがそれが大正解!
若い男性2人組みのユニットだったんですが、沖縄音楽を今っぽくしたり、コテコテにしたり、いろんな音楽が聞けて相当楽しめました!
最後には客全員で踊ってしまうしまつで酔いにまかせて(今度はお酒)自分も踊りましたwwこの姿は人には見せられんなぁ。
ここで食べた島ダコの刺身についてきた「石垣島がらし」は絶品です!
ちなみに見せの名前は「沖縄地料理 波照間」です。


<3日目>
この日は首里城、ダイビングに続く今回の旅の目的地「美ら海水族館」に行って来ました。
前日ダイビングをした人達としゃべってたとき、明日は水族館行くんですよ~と言ったら、今日生で見て明日ガラス越しにみるのかよ!とつっこまれてしましましたww
正確にはつっこんだのも自分ですがww日程逆にすればよかったねと言われた時はまさにその通りだと思いましたが天候などを考えると旅の初めに予約した方がいいと言われてたんですよね。
まぁそんなこともあったけどとりあえず行きました!
んで今日もやっぱり感動しました!
美ら海水族館最大の見せ場は「世界一大きいアクリルパネル越しに見るジンベイザメとマンタ」です!
本当にビックスケールで、そのアクリルパネルの前で1時間ぐらい(それか以上)見とれてしまいました。
(これは1人じゃないとひんしゅく買いますよね…)
水族館


昨日のダイビングのせいで強く感じるのはやっぱり水族館の利点は大きな魚や変わった魚を安心して見られることですね。
自分は深海魚系やアマゾン系の変な魚が大好きですが、やつらとは一緒に泳げねぇ…と強く思った次第です…。

水族館を後にして、水族館のある海洋博公園マナティ館や海がめ館、そして 熱帯ドリームセンター(熱帯植物や期間限定食虫植物の鑑賞)をたっぷり堪能して次の目的地「万座毛」へ出発しました。

「万座毛」では景色を楽しみつつ、変な小道を見つけて「村指定文化財 ウドウイガマ」という超マイナーな観光スポットを見つけて小さな冒険をしたりして楽しみました。
あと万座毛へ着く前にふと気になる場所があったので車を停めて海の方へでたらムチャクチャきれいなビーチがありました!
普通のビーチと違って人も全くいなくてまるでプライベートビーチのようで贅沢気分を味わえました。
今回の旅の目的地「エメラルドグリーンの綺麗で静かなビーチ」達成です!
ビーチ

ずっといたくなるような場所だったんですが、昨日の日焼けが痛すぎてずっと日に当たることができずやむなく後にしました…(腕と背中が真っ赤です…)。
そしてその近くにある「なかむら屋」というガイドブックに乗ってるソーキそばを味わって宿へと戻りました。
そして今日も国際通りに行きましたがいつもと違う路地に言ったらジャズが聞こえてきてフラフラと見せに吸い込まれてしまいました。
全然ジャズとは関係ないお店ですが、3日間全く聞いてなかったので体が求めてたんですかねぇ。
でも3日目の国際通りはさすがに飽きましたねww軽くお土産を買って3日目終了です!


<4日目>
この日は最後の目的地「ひめゆりの塔」と「平和祈念公園」に行きました。
これは初めて沖縄にきたら行かなきゃいけない場所だと思ったので最後にとっておきました。
まずひめゆりの塔に行き、そこにある資料館にいったんです。
そしていろいろ説明を読みつつ最後の部屋へ辿り着いたんですが初めてのことを経験しました。
それは泣きそうになった、というかホントに泣けてきてしまったんです。
こんなことは例えば広島の原爆ドームとか他の戦争に関する施設でもなかったことなので自分でも不思議だったんですが止まらないんです。
戦争に学生が駆り出されたんですが、結局生徒・教師合わせて2006人の方が亡くなったそうです。
2006人っていったら、自分の通ってた小学校・中学・高校を全部合わせたような人数で、その悲惨は壮絶です。
何より戦友ではなく、ただの友達が隣でふっとんだり、怪我をした友達を見捨てなければいけなくなったり、とにかく自分のつたない文章では伝えきれないリアルさがその資料館からは感じとれました。

そして次に平和祈念公園に行きました。
残念ながら飛行機の時間がせまっていたのでじっくりとはみれませんでしたが、よくテレビで写るあの広場には行くことができ、自分なりに平和祈念をしてきました。
そういえばちょうど前日が終戦記念日だったので式典行われてたんですね…完全にタイミング逃してたことに着いてから気付きました…。


こんな感じで今回の旅行を終えました。
2年ぐらい前の和歌山旅行に続く第2弾の1人旅でしたが、今回は前とは全然違いました。
なぜかとういと前は実家暮らしで今回は1人暮らしだから。
前はほんとに1人になった感が強くありましたが、今回はもともと1人だからいる場所が大阪から沖縄に変わっただけって感覚でしたね。
1人旅だと自分の思う場所に思う時に思ったようにいけて、しかも人目を一切気にしなくていいから自分に素直になれていいですよ。
とにかく今回の旅は大成功ってくらい楽しかったです!
次は目指せ1人海外ってことでオセアニア当たりを狙ってます!
最近よくわかってきたんですが、自分のツボはやっぱり農学部だけあって「自然」ですね。
もっと自然を生身で直接体験したい!
でも次の長期休暇はいつだろう…金はあるけど時間がない社会人の辛さですね。
22:59  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.22 (Sat)

カンボジア「奇跡の8日間」

卒業旅行としてカンボジアへ行ってきました!
しかもただ行ったわけではありません!地球の歩き方を利用して「海外ボランティア」に参加してきました!
これは1人参加の人がほとんど(ってか全員)で全国から参加者があつまり、カンボジアでボランティア+観光をするという企画です。


内容を簡単にまとめると…
前半の3日間ボランティア活動に従事し、2日間は観光で、移動も含め計7泊8日の旅です!

ボランティアはカンボジアで活動しているCVSG(Cambodia Village Support Group)という自立支援を行うNGOの下で活動しました。
今回行った活動は
・堆肥作り(土地がやせているため腐葉土を作る)
・日本語の教師(20代くらいの日本語を勉強する人たちに日本語を教える)
・子供達との交流(単純に子供達と遊ぶ)
といったものです。
堆肥作りはとにかくきつかった!
日本にあるような道具はないので、くわとザルで土と植物性廃棄物(要は枯葉など)を交互に積み上げていく作業で、気温も高いので体力の無い自分は特に辛かったです…。
日本語の教師は、将来日本に来て働いたり、日本語を使って仕事をするために勉強している研修生の方々と会話をするというものです。
お互いに質問しあっていくんですが、前半に自分があたった人達はまだ勉強をして日が浅くなかなか大変でした…後半はマイペースな人がいて大変でした…。
その中で「暇な時は何をするか?」という質問に大概の答えが「本を読む(つまり日本語の本で勉強)」というものだったので勉強に対する熱い姿勢を感じました。
勉強をすることが将来を大きく左右するカンボジアの現状が浮き彫りになったようにも思いました(この差は日本でも当然ありますが、その比ではありません)。
あと「恋人はいますか?」という質問に対し「いません」と答えたら、「どうしていないんですか?」というなんともきつい質問が返ってきました…。
一番印象に残ったのは子供達との交流です。
男の子達は遊び方が半端じゃなく、中国のカンフーの真似みたく攻撃してくるんですが、リアルにかなり痛い…。
でもほんとに楽しそうにしてるので、自分もそれに合わせて何度も取っ組み合いをしました!
さらには帽子を取られかけっこしたり、おんぶしながら走り回ったり、むしろ堆肥作りよりこれが一番体力を奪われたな…。
一番仲良くなった子にスレイアという子がいるんですが、まるで娘のようで本当にかわいい!
早く自分の子供が欲しくなってしましました。
途中からは本当にこの子達に会いに自立支援村に行っていたようなもんです。


観光としては、定番のアンコールワット遺跡群、トレンサップ湖、ナイトマーケット、トゥクトゥク、気球、伝統芸能のアプサラダンスやスバエク(影絵芝居)の鑑賞・体験などを行いました。
特にアンコールワットの朝日と夕日は絶景としかいいようがないですね。
でも時代的には例えば日本でいうと東大寺の方がだいぶ古いことを考えるとなんだか不思議な感じです。
あとトレンサップ湖は一面黄土色の海みたいで独特な世界観を出していました。
船の学校やバスケコート、野菜売りなどまるで漫画ワンピースの世界にでも行ったようで面白かったですよ。
気球に乗る時に移動手段として乗ったトゥクトゥクは馬車のバイク版みたいな乗り物ですがこれがまた楽しくて最終日にテンションだだ上がりです!
でも観光は自分としてはおまけみたいなもんで、やっぱり前半3日間の印象がでかすぎました。
でもやっぱり観光も楽しかったんですけどねww。


今回の旅の一番の醍醐味はやはり人との交流でしょうか。
ガイドのほっしーや現地ガイドのミアンさん、CVSGで活動する人たち、自立支援村の子供達や研修生、そして今回の旅の仲間22人!
プールサイドでみんな真剣になっていろんなことを話し合い、多くの刺激を受けました。
自分の考えを話したり人の意見を聞くことで、むしろ自分自身の考えの新しい側面を知ったと言うか、自分の意見の位置を知ったと言うか、とにかくかなり深まりましたね。
今回のプールサイド議論では文系は理系をもっと知り、理系は文系をもっと知るというのが1つの結論だったのかな。
要はこれからの時代、自分の専門性を高めることも必要だけど、広く浅い知識も重要だということでしょう(いわゆるT型人間ってやつ)。
さらに、受け入りの知識はとても怖いものなので最後には自分で考え抜く力が必要です(なので俺の話をそのまま信じちゃダメですよ!)。
例え尊敬する人の意見も絶対鵜呑みにしない…これは鉄則だと思います。
また、ボランティアという活動も実際に行うことでかなり考えさせられました。
もともとボランティアという言葉は「偽善的」というイメージが強く嫌いだったんですが、カンボジアの現状に触れたとき、そんなことを言ってられない現実があることを強くつきつきられたからです。
いまだに小さな子供達が教育も受けず売り子をしてたり、なかには物乞いの子もいたり…。
それがスレイアとかぶってなおさら辛かったです。
それと同時に本当に1点の曇りも無い幸せそうな笑顔も見る事ができました。
そのどちらも現実であり、それがカンボジアなんです。
CVSGの人が「物乞いの人たちにお金を上げるのは間違ってる気がする。でも無視するのもなんだかつらい。だったら自分達の力で生きることができるよう手助けをしよう」っといった感じのことを言ってたんですが、この言葉はほんとに自分の心に届きました。
今回を機にいろいろとカンボジアについて勉強しましたが、ほんと無茶苦茶な歴史をたどり、政治が腐敗しきっていてとんでもないことになっています。
この先、まさに他人事ではなくなったカンボジアの動向を見守りたいです。


本当に今回の旅はちょっとありえないぐらい濃密な8日間でした!
そして一気に22人の最高の仲間を得ることができました!
とにかくもう一度仲間に会う日が楽しみでなりません!
今回の旅は一生の財産になるような旅でした!!!
16:47  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。